タイトル タグ:フットボール独り言 ( 79 ) タグの人気記事




タイトル フットボールが人を殺す

フランス、パリ・サンジェルマンのスタジアム、パルク・デ・プランスでUEFA杯のハポエル・テルアビブ(イスラエル)との試合が行われていた。
2−4と屈辱の大敗を喫したPSGサポーターがイスラエル国旗を持ったハポエルサポーターの若者を見つけ、「汚いユダヤ人!」などと叫びながら取り囲んだ。
助けに入った警官の制止を聞かず約150人に膨れあがったサポーターの攻撃は激しさを増し、店のガラス窓を壊し始めたため、たまりかねた警官が発砲。 PSGサポーターの1人が死亡、1人が重傷を負った。サポーターたちは警官が仏海外県出身の黒人だったため、「汚い黒人!」とののしっていた。
発砲した警官は拘置され、発砲が正当な職務執行だったかどうか監視総局の取り調べを受ける。

PSGは1970年の創立で(ダバディの爺さんが創設したらしい!)人気チームだが、サポーターの中には「ブローニュ・ボーイ」と言われる極右グループがおり、人種差別や暴力行為事件を頻繁に起こしている。先日も2人がセネガル出身のサポーターに対する暴力行為で禁固4カ月の有罪判決を受けたばかりだ。

フランス、サルコジ内相はパリ警視総監に対し、競技場への出入り禁止者の「完全リストの作成」を命じ、「ナチ式敬礼や肌の色の異なる選手へのサルの鳴き声」も禁止したが、人道団体「SOS人種差別」はPSGのサポーターへの対策が寛大すぎると非難している。
(産経新聞より抜粋)

タイトルに "フットボールが人を殺す" とあるがコレはフランスの何処かの新聞の表題。
だけど、誰しも思うだろうが当然これはサッカーの問題ではない。
比喩でも冗談でも "フットボールが" などとは言って欲しくない。騒ぎの渦中の連中はPSGのサポーターと名乗っているのだろうが、それはとんだお門違いだ。
私はPSGというチームを全く知らないがロナウジーニョが在籍していたクラブというのは知っている。彼も勿論アフリカ系人種である。スペイン人によってアフリカから連れてこられた奴隷の末裔であろう。(事を強調する為の表現です)
今のPSGにもアフリカ系の選手はいるだろうに、その矛盾は無視できるのに何故他も無視する事が出来ないのだろうか。
人は集団になると何倍もの力を持つ。サッカースタジアムはその恰好の場に利用されている。スタジアムの入場規制、クラブ側のサポーターの監視。これはフットボールの目指す世界とはかけ離れている。



[PR]



by fenomenoblaugrana | 2006-12-02 14:54 | Fútbol四方山話

タイトル balón de oro 2006

今年の欧州年間最優秀選手(バロン・デ・オロ/バロンドール)はカンナバロになりそうです。
ロニーやエトーが逃すのは勿論残念ですが、ユーベのブッフォンが有力視されていたらしいので "うーん " という感じ。
ブッフォンについては2部落ちしたチームを支え続け…みたいな人情論が採用されそうという噂だったんで、それに関しては "なんだかなぁ " と思っていたんですが、一転して早々にチームを捨てたカンナバロに光が当たるとなると "おいおい " と思ってしまうのは私だけでないはず。
でも、DFが受賞するのはいい事です。
しかし!そんならザンブロッタでも良かろうが?W杯でゴールも決めたしバルサに来ても頑張ってるし。カンナバロもマドリーで頑張ってるけどさ。
正式発表は27日です。

(SNSとほとんど同じ^^;)




[PR]



by fenomenoblaugrana | 2006-11-18 16:17 | Fútbol四方山話

タイトル 迫ってきたぞ!世界クラブ選手権

世界クラブ選手権まで一ヶ月を切りました。
怪我人続出で若干の寂しさもあるけど、シーズン中の彼らを見れるのは本当に楽しみ。
夏期ツアーもいいけど、やっぱりシーズン中の油の削ぎ落とされた選手達のプレーを生で見られるんだから寒かろうと何だろうと否が応でも期待がふくらむってもんです。

とは言え、冷え性全開な私。寒さ対策をとらず丸一日横浜の海風にさらされるのは無謀すぎ。
夏はユニ一丁でOKだけど(一丁はマズイな^^;)冬場にサッカー観戦した事ないからどんな底冷えが待ち受けてるのか想像もつきません。

ところで良いニュースがありました〜。
バルサは来日する度、ソシオに何らかのお楽しみ(公開練習/勿論、入場無料!… カネヲ トッテタ クラブ モ アリマシタナァ)を用意してくれるのですが、今回はFIFA主催なのでクラブの宣伝活動になるようなことは制限されるってのが当初の話でした。
しかーし、やってくれそうですよバルサは!
まだまだ水面下の話らしいですが、何らかのサプライズを考えてくれてるようです。
情報によると、「皆様がクラブとの一体感、親近感を持ってもらえるような、企画を立てているようです!!」とのこと。
FIFA側との掛け合い次第だそうで、バルサ首脳陣の腕の見せ所って感じですかね♪
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2006-11-17 18:04 | Fútbol四方山話

タイトル ステファノ・ファリーノ

a0088359_15201148.jpg

ステファノ・ファリーノ(FARINA STEFANO)

出身:ジェノア(ITA)・1962/06/19
職業:保険業
デビュー:??
スペック:188cm/82kg




2005/2006シーズンは担当試合数16に対して
イエローカード68枚、退場者は4人(その内一発レッドは1人)

2006/2007今シーズンはここまで4試合担当して
イエローカード21枚、退場者4人(内一発レッドは0人)

セリエA以外にもUEFAカップ、UEFAスーパーカップ、CLなど多くの国際試合も経験しているベテラン審判。バルサとしては今年のUEFAスーパーカップのセビージャ戦やCLのチェルシー戦などで大変お世話になりました。


【代表的なボンクラジャッジ】

06/07CLバルサ×チェルシー2Leg(レビューはこちら
カードを誰に出してるのかハッキリしなかったという、国際審判にあるまじき体たらく。ランパードにでたイエローカードを誰もがA.コールにでたと勘違いさせていた。
世界中が注目する大一番だっただけに手痛い。




[PR]



by fenomenoblaugrana | 2006-11-16 15:21 | Fútbol四方山話

タイトル イトゥラルデ・ゴンサレス

a0088359_1419281.jpgイトゥラルデ・ゴンサレス(ITURRALDE GONZÁLEZ)

出身:ビルバオ(ESP)・1967/02/20
職業:歯科医
一部デビュー:1995/09/03
所属協会:バスク
スペック:177cm/72kg
あだ名:カウント伯爵


2005/2006シーズンは担当試合数17に対して
イエローカード100枚、退場者は5人(その内一発レッドは3人)
2006/2007今シーズンはここまで5試合担当して
イエローカード40枚、退場者5人(内一発レッドは4人)
このペースで行くと去年の記録を遥かに凌ぐ記録がでるのは必至。

バルサとの相性は悪くないようだ。
95/96シーズンから前節のサラゴサ戦まで含めて20試合笛を吹いているが
バルサの14勝5分1負という結果。昨年05/06シーズンのベルナベウでのクラシコの0-3勝利は記憶に新しい。


【代表的なボンクラジャッジ】

06/07リーガ第10節バルサ×サラゴサ(レビューはこちら
肘はおろか、手が当たったかどうかも怪しい所をモッタに一発レッドカード。さらに直後、エリア手前でサビオラを倒してG.ミリートにも一発レッド。好ゲームだっただけにガッカリな結果。


06/07リーガ第23節バレンシア対バルセロナ(レビューはこちら
メッシに対してアルベルダの真後ろから両足タックルは問題外。正気の沙汰ではない。しかも直前にロナウジーニョの肘かなんかが顔に入ったので逆上したとしか見えなかった。それに逆上したデコがなにを言ったのかは知らんが、あのシーンで喧嘩両成敗(両者一発レッド)は納得できない。




[PR]



by fenomenoblaugrana | 2006-11-16 14:23 | Fútbol四方山話

タイトル QBK

FIFAワールドカップ・ドイツ2006 日本対クロアチア戦の後半6分に決定的チャンスを外した柳沢敦選手の名言。 略して「QBK」。

独スポーツ紙ビルトによって「芸術作品」とまで評された。

「ぼくのシュートチャンスはあの一本だけだった。急にボールが来たので。足の内側でければよかったが、外側でけってしまった」




[PR]



by fenomenoblaugrana | 2006-11-11 17:58 | Fútbol四方山話

タイトル ニュースって程でもないが…

アラゴネス監督が2008年まで続投
協会ともめにもめていたからさすがに潮時かと思っていた矢先だったのでビックリしました〜。じっちゃん、頑張れ!!

         ***     ***     ***     ***    ***

ベッカムにナイトの称号授与か!?
"サー"って意外と◯◯なんですかね…。




[PR]



by fenomenoblaugrana | 2006-10-21 20:10 | Fútbol四方山話

タイトル これもアスリート、あれもアスリート、きっとアスリート

a0088359_14391796.jpg

マテラッツィ“頭突き本”出版…『ジダンへ本当に言ったこと』

 【ローマ9日】ドイツW杯決勝で元フランス代表MFジダンから頭突きを受けたイタリア代表DFマルコ・マテラッツィ(33)=インターミラノ=が、事件を皮肉ったジョーク本を出版することが分かった。

 イタリアANSA通信が8日に報じたもので、本の題名は『ジダンへ本当に言ったこと』。100ページにわたる本の内容は、題名通りに頭突きの原因となったジダンへの挑発を249例紹介。「ジダン何してる。まだ試合を失ったわけじゃない。髪は失ったが」などで、その中に本当の発言も含まれているという。1冊10ユーロ(約1500円)で近日中に欧州で発売。売り上げの利益分は国連児童基金(ユニセフ)に寄付されるという。

 マテラッツィは「世界のマスコミが、ばかげたことのすべてを探ろうとしたことのこっけいさが分かる内容になるだろう」とコメント。「ジダンの頭突き」と題した曲が今夏ヒットしたフランスでは、早くもベストセラー間違いなしの声があがっている。
(サンケイスポーツより)


アスリートとは競技者の意。
己の肉体を鍛え上げ体力の極限まで競技に打ち込む、これがアスリートたる人種の正しい姿だろう。その類い稀な才能に人々は驚き、欲し、お金を払う。
プロスポーツとは純粋な体力・知力の勝負でありながら興行が混在する。

ってなわけで「これもアスリート、あれもアスリート」面白けりゃいいかなって結末。
でも「ジダンの頭突き」と題した曲といい、頭突き本といい、面白いとは思えないんだけどね(^^)




[PR]



by fenomenoblaugrana | 2006-10-10 14:42 | Fútbol四方山話

タイトル ダリオ・シルバ右足切断…

a0088359_15343791.jpg
ウルグアイの首都モンテビデオで24日の朝、愛車のシボレーを運転していた際、高速道路の中央分離帯の街灯に衝突。窓ガラスを突き破って車外に投げ出され、街灯の下敷きになった。
a0088359_15355944.jpg
同市内の病院に運ばれ、頭蓋骨(ずがいこつ)骨折と右足の露出骨折の重傷と診断された。シルバの母ドリス・ペレイラさんによると「深刻な状態からは脱したが、右足を切断しなければ助からなかった」という。

私は彼が好きだった。わかり易いヒール役、しかし誰よりも泥臭くがむしゃらで、日本人FWに爪の垢でも煎じて飲ませたいくらい懸命な選手だった…ってのは美化しすぎかもしれんが少なくとも私の目にはそう映っていた。a0088359_1535948.jpg
マラガ時代、DDF(デニー&ダリオFWコンビ)はある意味今まで見たサッカーで一番衝撃を残してくれました。
セビージャ時代、倒れ込みながらも転がってきたボールをヘリングして繋ぐ、そんな選手見た事ありませんでした。現在のセビージャ成長の礎となった人でした。

昨シーズン、ポーツマスを退団した後は無所属だったそうです。

bocadillo(サンドイッチ)を食べていて運転ミスしたってホントか??




[PR]



by fenomenoblaugrana | 2006-09-29 15:39 | Fútbol四方山話

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶