「ほっ」と。キャンペーン

タイトル 第7節アルメリア対バルサ

Ficha técnica: 0 - UD Almería: Esteban; Nelson, Pellerano, Trujillo, Christian; Verza (Hélder Barbosa, m. 79), Marcos Tébar; Suso, Soriano (Ramón Azeez, m. 61), Aleix Vidal (Dubarbier, m. 64), y Rodri. 2 - FC Barcelona: Víctor Valdés; Dani Alves, Bartra, Piqué, Adriano; Cesc Fábregas, Busquets, Iniesta (Jonathan dos Santos, m. 90); Pedro, Messi (Xavi, m. 28) y Alexis (Tello, m. 80). Goles: 0-1, m. 20: Messi. 0-2, m. 55: Adriano. Árbitro: Ayza Gámez, del colegio valenciano. Amonestó a Verza (m. 27) de la UD Almería, y a Bartra (m. 25) y Busquets (m. 87) del FC Barcelona. Incidencias: Partido correspondiente a la séptima jornada del Campeonato de Liga de la Liga BBVA, celebrado en el Estadio de los Juegos Mediterráneos, con 11.975 espectadores. Se guardó un minuto de silencio en memoria de Antonio Cintas, padre de Juan Carlos Cintas, entrenador de la UD Almería B.

Ver más en: http://www.20minutos.es/noticia/1932442/0/almeria/barcelona/liga/#xtor=AD-15&xts=467263

20minutos.es


この試合も最初のチャンスは相手から。もうこの腑抜けぶりには慣れたもんですけど、いっそのこと決められちゃえよ!とか思うまでになりました。ディフェンスのミスも目立ち、中盤の組み立ても遅く、明らかにパッとしない序盤。それを引き出したのはアルメリアの統率でした。ある程度まで引き込んでからボールにアプローチしてくるので、おいそれと縦パスを出せません。中央もサイドもうまくスライドして着いてくるので大きな展開もあまり生きません。ボールを奪うとコンパクトな態勢を維持しながら攻め込んでくるのでだいぶ大胆不敵です。
結果的にはそれをやり通せず中盤が空き、スタミナを削られた感じですけど、これが決定力のよりまさるチームだったらと思うと一気に笑う気もおきなくなります。

メッシが離脱してからはポイントとなる軸がなく、テンポもぐっと遅くなりそのまま前半を終えたのですが、後半はなんとか盛り返してきました。パスのダイナミズムが回復したことでピッチを広く使え、縦パスも入るようになりました。これでネイマールが入れば格好がつくかなと思っていたんだけど、そこはタタのおっさん首を振らず。両サイドの二人も気持ち入ってるようだしまあいいけどね。だがしかし終盤はコントロールしたとも言えるし、眠さが増したとも言えるし。

と、ここまで書き起こしていたんですが、途中パソコンの具合いが悪くなり、結局逝ってしまわれたっぽいorz
バックアップは取れてるけど、買い替え後どこまで復帰するか...。
しばらく携帯から更新するか、もしくは更新休むか。決めかねてまーす。
[PR]



# by fenomenoblaugrana | 2013-10-04 15:11 | マッチレポート

タイトル 第5&6節 対ラージョ 対ソシエダ

FICHA TÉCNICA
LIGA BBVA 5ª JORNADA
RAYO V. 0 - BARÇA 4

ALINEACIONES
Rayo Vallecano: Rubén; Tito (Nacho, 46'), Arbilla, Gálvez, Mojica; Trashorras (c), Baena, Saúl; Perea (Embarba, 48'), Bueno y Viera (Larrivey, 58').

FC Barcelona: Víctor Valdés; Montoya, Piqué, Mascherano, Adriano; Song, Xavi (C) (J. Dos Santos, 83'), Cesc; Pedro (Iniesta, 74'), Neymar (Tello, 80') y Messi.

Goles:
0-1, Min. 32, Pedro. Jugada de Messi en la frontal del área que asiste a Pedro quien, llegando desde atrás por la derecha remata con la zurda de primera y bate por bajo y cruzado a Rubén. 0-2, Min. 47, Pedro. Cesc centra desde la izquierda a la frontal del área pequeña y Pedro remacha a la red. 0-3, Min. 71, Pedro. Neymar centra desde la izquierda, ya dentro del área, para que Pedro marque. 0-4, Min. 79, Cesc. Xavi recupera un balón en la frontal y asiste para Cesc que, tras un recorte, dispara y marca.

Árbitro:
Carlos Clos Gómez (Comité Aragonés). Estuvo auxiliado en las bandas por Pau Cebrián Devis (Comité Valenciano) y Luis Fernando Marco Martínez (Comité Aragonés). Cuarto árbitro, Cristian Adrián Lixandru (Comité Aragonés). Mostró tarjetas amarillas a Trashorras (Min. 23) por protestar una falta sobre Song; a Adriano (Min. 31) por derribar a Viera; a Baena (Min. 39) por propinar una patada a Messi;

Incidencias:
Campo de fútbol de Vallecas, 11.740 espectadores.

sport.es


近立マンションから観戦できるスタジアムきたーとか楽しい気分は即消え失せました。
素晴らしい出足を見せたラージョ、積極的なプレスを仕掛けて奪ったらサイドへ展開、そして真ん中へ突っ込む。ファーストプレーでチャンスを作り、惜しくもクロスが合わなかったけど、合わなかっただけ。そして直後のチャンスではしっかり合わせて決定機を作ってた。バルサはまたもやバルデスのパラドンに事なきを得たけど、事なきを得ただけ。アナウンサーがバルデスのファインプレーと言った。もちろんグッドセーブなんだけど、ファインなプレーか?八つ当たりしたくなるような立ち上がりでした。立ち上がりと言ったけど、その雰囲気と内容は前半いっぱい続きました。なのにスコアは1点リード。

後半はいきなりの失点と疲労で前半とは違ったラージョになってしまいました。にもかかわらず決定機を作られるバルサ。なのにスコアは0-4。
途中ツナミが攻撃のコンビネーションやその精度について楽しそうに語っていたけど、試合内容との乖離に噴いてしまった。いや正しい、この日のバルサにおいて楽しむところはそこしかなかったんだもん。
乖離といえば、オフェンスとディフェンスの乖離が半端ない。距離感は戦術だし、連携は無いわけではないのだけれど、むしろこの試合の縦に速い攻撃はその連携がうまく行ったからだし。でもなんか雰囲気が全然違う、相手に与える脅威が違いすぎる。
終了時のボールポゼッション51/49だったそう。このスコアで。それのみを争点にしたくはないけど、数字って意外と正直!!


FICHA TÉCNICA
Liga BBVA Jornada 6
FC Barcelona 4 - Real Sociedad 1

ALINEACIONES
FC Barcelona Víctor Valdés; Dani Alves, Piqué, Mascherano (Bartra, min. 34), Adriano; Sergio Busquets, Xavi, Iniesta; Alexis, Messi (Sergi Roberto, min. 81) y Neymar (Pedro, min. 74).

Real Sociedad Bravo; Estrada (Ansotegi, min. 46), Cadamuro, Iñigo Martínez, De la Bella; Ros (Rubén Pardo, min. 77), Xabi Prieto (Agirretxe, min. 21), Sangalli, Markel Bergara; Griezmann y Seferovic.

Árbitro
Jesús Gil Manzano (extremeño). Mostró tarjeta amarilla a Agirretxe.

Goles
1-0, min. 5, Neymar, a pase de Alexis; 2-0, min. 8, Messi, en plancha, tras centro de Neymar; 3-0, min. 23, Sergio Busquets, de chut desde fuera del área tras rechazo de Griezmann. 3-1, min. 64, De la Bella, a centro de Agirretxe. 4-1, min. 76. Bartra, tras asistencia de Messi.

Incidencias
70.066 espectadores en el Camp Nou, el día en que esta instalación cumplió 56 años. Xavi y Xabi Prieto ejercieron de capitanes, aunque en la Real Sociedad acabó con el brazalete De la Bella. Tarde-noche agradable.

sport.es


改めて思ったことありまーす。
厚い攻撃ができてると攻守の切れ目なく奪われてもすぐ取り返すのか、はたまたアグレッシブなプレッシングから厚い攻撃が叶うのか、卵が先か鶏が先か問題の答えは、前者が答えのような気がします。メカニックはもはや当たり前なんで省きますけど、後ろが薄くなる分、雰囲気というか気持ちが入るような気がするんですよね見てると。必然的に運動量もあがる。尻たたきって感じ。

この試合のソシエダは前節ラージョとドン引きではないところは共通しつつも、違ったのはラインを高くゾーンで守ってくるところでした。推進力に欠けた昨季なら手こずったと思いますが、今季は縦のスピードがあるので打開できました。次第に憧れのバルサスタイルも展開できました。もしかしたらこうやって純粋にゴールを狙い、なんだか楽しくなってきたみたいな感じを探っていく方が、はじめから眉間にシワ寄せて試合をコントロールしにいくより吉とでるのかも。

よっしゃ更新完了!国技館いくべ!いくべ!!
[PR]



# by fenomenoblaugrana | 2013-09-27 09:27 | マッチレポート

タイトル 第4節バルサ対セビージャ

FICHA TÉCNICA
Liga BBVABarça 3
Sevilla 2

ALINEACIONES
Barça Valdés; Alves, Mascherano, Piqué, Alba (Adriano, min.15); Xavi, Busquets, Iniesta (Cesc, min.73); Neymar, Messi y Tello (Alexis, min.62).

Sevilla Beto; Coke, Cala, Fernando Navarro, Alberto Moreno; M'Bia (Trochowski, min.57), Rakitic, Víctor Machín 'Vitolo'; Jairo (Rabello, min.83), Cristóforo (Marín, min.68); y Gameiro.

Árbitro
César Muñiz Fernández, del comité asturiano. Mostró amarilla a Víctor Machín (min.8), M'Bia (min.30), Jairo (min.34), Coke (min.50), Cala (min.65), Adriano (min.88) y Pinto (min.90+).

Goles
1-0, min.35: Alves. 2-0, min.75: Messi. 2-1, min.80: Rakitic. 2-2, min.90: Coke. 3-2, min.90+: Alexis.

Incidencias
Partido correspondiente a la cuarta jornada de la Liga, disputado en el Camp Nou 76.765 aficionados. El estadio azulgrana estrenó hoy nuevo césped. Gritos de "¡Independencia!" nuevamente en el Camp Nou, en los minutos 17:14 de ambos tiempos.

sport.es


またか、またなのか。この8文字でレビュー終わりたいような紀文、いや気分だけど、13人の新戦力というセビージャにこんな調子じゃまだまだだなーっていいながら今季終わらないことを願って書こう。
開始数分で”あ、今日のメッシあっちのメッシね”だったのでいよいよネイマールのリーグ初ゴールが飛び出すかなと思いましたが残念。でもそれに値するくらいの活躍、というか牽引っぷりでした。こういう推進力を待っていましたという感じ。
メッシが低い位置に立ち往生するこんなときこそセスクの飛び出しが欲しいとこなんですが、本日はベンチスタート。本来のイニエスタとチャビなら程よく活用出来ていたであろう中央バイタルエリアは、ほとんど攻略できず。そのあたりは敵将エメリに軍配。アルバが抜けていなければ、彼とネイマールで面白いことになっていたかもしれないですけどね。

後半入ってからですか、いつものバタバタ感が出てきたのは。
前半もコーナーからのリスタートが軸の一つだと明確にプレーしていたセビージャ。それに加え持ち前のダイレクトプレーで攻勢を強めてきました。このへんはメンバーが替わっても変わらぬ哲学なのかしらね。って呑気なこと思ってる間にゴールされたと思ったら取り消し、いよいよ雰囲気も動きも悪くなってきました。

満を持してセスク登場。もはやタタバルサのモーゼ。そう思うのは私だけじゃないはずの周知の事実。
同時に、守備と中盤の連携が締まらない状況を示してるっていうか、反撃に出るしか主導権を維持できないというのは前節で検証済み。おまけとして相手コーナーでのマンマークの不慣れ感が付いて、五分五分、まさしく五分五分なスコアと空気。なんとか逆転したものの、言ってみれば非常にシンプルだった相手にどうしたことか。戦前のエメリコメント「堅守速攻、セットプレー、あとはボールポゼッション率を近づけていく」これまんま実行されてましたよね。終盤なんて高い位置でボール回されたりして。
取り戻すといっていた激しさは今どの辺りまできてるのかしら。
[PR]



# by fenomenoblaugrana | 2013-09-20 21:27 | マッチレポート

タイトル 第3節バレンシア対バルサ

FICHA TÉCNICA Liga BBVA Jornada 3
Valencia 2 - Barça 3

ALINEACIONES
Valencia Diego Alves, Joao Pereira, Rami, Ricardo Costa, Guardado, Javi Fuego, Míchel (Parejo, m.82), Pabón, Banega (Feghouli, m.68), Canales (Jonas, m.68) y Hélder Postiga.

Barça Víctor Valdés, Dani Alves, Mascherano, Piqué, Jordi Alba, Busquets, Iniesta, Fábregas (Dos Santos, m.80), Pedro (Tello, m.72), Neymar (Sergi Roberto, m.89) y Messi.

Árbitro
Teixeira Vitienes (colegio cántabro). Amonestó por el Valencia a Joao Pereira y por el Barcelona a Jordi Alba, Dani Alves y Neymar.

Goles
0-1, m.11: Messi. 0-2, m.39: Messi. 0-3, m.41: Messi. 1-3, m.44: Hélder Postiga. 2-3, m.45: Hélder Postiga.

Incidencias
Partido disputado en el campo de Mestalla 45.000 espectadores. Se guardó un minuto de silencio en memoria de Ignacio Eizaguirre, portero del Valencia y de la selección española en la década de los cuarenta, que falleció hoy en San Sebastián a los 92 años.

sport.es

思わぬ完勝とはいかず、いかないどころかだいぶ暑苦しい試合になりました。辛酸を舐めたというバレンシアの前節を見なかったのが悔やまれるんですが、どうもそれを引きずってるのか硬いバレンシア。バルサも幸先良くゴールを重ねましたが、バレンシアが呼び込んだという印象。ボールを高い位置で獲れたというより貰った感じ。相手の守から功へのモタモタしたところを上手く突いたのだし、あれらをいちいちゴールに出来る怪物感はぜひとも取り戻したいものだけど。

3点リードしたバルサはペースダウンしました。その結果がこれ。序盤悪いなりにバレンシアのフックとなっていたパボン。空気に飲まれない選手は嫌ですね、チームを元気にする。(どうもフォームの良くない)バネガとポスティガの間で変化を加えていました。
バルサのフック、ネイマールも負けてませんでした。運動量も範囲も増えてるし、コンビネーションも深まってきてる。"2人の連携に懐疑的な人たちの心配事を彼らは24時間で解決したよ"とタタもコメント。ギミック的な存在に留まらない期待感でいっぱいです。
あと嬉しかったのはセスクがしっかり役割りをこなせた事。今の課題の一つに、より縦への動きをあげているタタにとって、セスクの強みは光ってみえるはず。ぜひとも生かして欲しいです。代わりにこの試合はイニエスタがチャビのポジションを務めたりしてました。ちょっと調子が上がってないだけに、プレッシャーの軽めなところで取り戻していくのもいいかもしれないですね。

しかし試合自体は褒められたもんじゃなかったです。3点獲っといてこの体たらく。私はいつもバルサのゲームコントロールの力を楽しみに試合を見てます。だから後半無得点だっていい、ちゃんと掌握できるなら。でもバレンシアの状態を見れば、さらに攻撃するのが得策だったとしか思えないんだ。方法じゃないんだ、目的なんだよ大事なのは。メッシが珍しくお腹いっぱいになってるんだったら、他の人が獲りなさいな。
そういうことを考えると、個人もチームもコンディションはまだまだで、このくらいがいまの上限なのかなと思うのでありました。
[PR]



# by fenomenoblaugrana | 2013-09-04 11:44 | マッチレポート

タイトル スーペルコパ2レグ バルサ対アトレティコ

FICHA TÉCNICA
Barça 0 - Atlético 0

ALINEACIONES
Barça Valdés; Alves, Piqué, Mascherano, Jordi Alba, Sergio Busquets, Xavi, Cesc (Iniesta, min.73), Alexis (Pedro, min.65), Neymar y Messi.

Atlético Courtois; Juanfran, Miranda, Godín, Filipe Luis, Mario Suárez, Gabi, Koke (Leo Baptistao, min.88), Diego Costa, Arda Turan (Adrián, min.72) y Villa (Cebolla Rodríguez, min.84).

Árbitro
Fernández Borbalán (Colegio Andaluz). Mostró tarjeta amarilla a Koke (min.26), Cesc (min.28), Sergio Busquets (min.30), Piqué (min.54), Gabi (min.81) y Diego Costa (min.83) y expulsó con roja directa a Filipe Luis (min.80) y Arda Turan (min.90).

Inciencias
Partido de vuelta de la Supercopa de España disputado en el Camp Nou ante 74.536 espectadores.

sport.es


お互いに1戦目を生かしたまずまずなゲームでした。バルサにとってはトリボッテ3連戦、どうにか雲を切り裂くような1発を決めて欲しいところでしたけどね。前半早い時間帯にあったブスケ?からど真ん中のメッシに通ったやつが決まってれば。ただバルサが先制していればあちらも後半頭から見せたような攻勢を強めただろうし、微妙な均衡で試合が進んだのは、バルサにとってかえって良かったんじゃないかと思いました。それもこれも、またしてもなバルデスのパラドンあってのことですがね。
メッシは怪我明けなのにだいじょぶなのかな?と心配になるくらい張り切っていて、いつにも増して当たられ強い、というかアトレティコがらしさ全開でガツガツくるのでムキになっても無理はない。でもメッシとセスクやサンちゃんを比べるとポジショニングよりも、そのフィジカルの強さと、あと体の開き方?っていうんですかね、ニュートラルな感じ。予測してないはずないのに、してないようにみえるほどニュートラル。そりゃディフェンダーも対峙しにくいわって思いました。コンディション万全だったら何かが飛び出ていたことでしょう。

一方でわたし、ずっとヂエゴコスタを見てましたよ。こんなに面白い人になるとは意外だワー。よく動くし勘もいい。その上荒っぽく負けず嫌いを隠さない、つまりアホ。今回もアルバとやりあってましたねぇ。「あんたこないだもそうやったやん!」と女の言い草みたいなのと、「それとは全然状況違うやんか!」と男の言い草みたいなのが繰り広げられてそうでニヤニヤしてました。
なにはともあれ1冠。苦手相手に課題しか見えなかったですけどね。
[PR]



# by fenomenoblaugrana | 2013-09-02 13:12 | マッチレポート