タイトル <   2014年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧




タイトル CLマンチェスターシティ対バルサ1レグ


FICHA TÉCNICA
Champions League Octavos de final (ida)
Manchester City 0
FC Barcelona 2

ALINEACIONES
Manchester City Hart; Zabaleta, Kompany, Demichelis, Clichy; Fernandinho, Yaya Touré, Jesús Navas (Nasri, min. 57), Kolarov (Lescott, min. 57), Silva y Negredo (Dzeko, min. 73).

FC Barcelona Víctor Valdés; Alves, Piqué, Mascherano, Alba; Sergio Busquets, Xavi, Cesc (Sergi Roberto, min. 85); Alexis (Neymar, min. 73), Messi e Iniesta.

Árbitro
Jonas Eriksson (Suecia). Mostró tarjetas amarillas a Negredo y Kolarov, por parte 'citizen', y a Dani Alves y Mascherano, por parte blaugrana. Expulsó a Demichelis con roja directa (min. 52).

Goles
0-1, min. 54, Messi, de penalti. 0-2, min. 90, Alves.

Incidencias
46.033 espectadores en el City of Manchester, nombre oficial del Etihad Stadium en partidos de Champions League.

sport.es


バートンがこの試合をすごく楽しみにしているのを確認して眠りについた私は、直近リーグ戦2試合とコパ(しかも録画忘れ)をまだ見ていないことをしれっと告白しておきます。
それらを前置きに、この試合思いのほか良かったですけど、すごい良かったわけでもないのにこの上ないアドバンテージを得られてウハウハしています。
良くポゼッションできていたし、前半のちまちました展開から後半はダイナミズムも加えられていたし、シティはあのお方の退場PKがなければつまり直前のファールが云々なんでしょうけど、逆にあのまま進んでいたら後半はどういう展開をみせるつもりだったのか、やはりナスリジェコ投入フェルナンジーニョヤヤ解放だったのでは、てなことを思うと、ほぼほぼ支配していたと言えるかなと考えています。しかし私のヘススのナバスが40分あたりまで映らないとは頂けない。

すごい良かったと感じなかったのはお決まりではありますが、前半はじめからシティがグイグイ来てたらどうだったのかなと思うのと、後半終盤の感じからでしょうか。それでも、書いたように前半は水色の壁に向かうと前を向かせてもらえなかったけど、後半は意識して飛び出すようにしていたからこそ生まれた先制点だったと思うし、前半は前半で相手もプレッシングを始める位置も低く慎重にきていたからあれはあれで良かったようにも思うし。戦前のムニエサ分析通りでなんとも言えないけどまあ良かったんかな(笑
しかし私のヘススのナバスがよ。かといってアルバがべらぼうに上がってた訳でもなかったのに。

それにしたって屈強を欲しいままにするシティの面々を牛若丸のようにひらひらかいくぐる小さい者集団は本当に痛快でした。前半、メッシの進入を阻もうと体を入れたコンパニったら、まさかのファールにこの世の終わりを嘆くが如くノォオオオ!!!してましたね。ジャッジがプレミア仕様じゃなくてお気の毒でしたけど。あと後半、直前の攻撃を終えたメッシが気配消しながら歩いてるところへ先制点に繋がる絶妙なパス。日頃対峙してないとメッシは \トボトボしてる時こそ驚異/ ってのがピンとこないのかも。それにしたって全俺のヘススのナバスがデミチェリスのせいで!w
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2014-02-20 18:28 | マッチレポート

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶