「ほっ」と。キャンペーン

タイトル <   2012年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧




タイトル 第9節ラージョ対バルサ

a0088359_17373134.gif
a0088359_17374229.gif
Rayo 0
Barça 5

FICHA TECNICA
Rayo Vallecano Rubén; Tito, Rodri, Jordi Amat, Casado (Nicki Bille, m.67); Javi Fuego, 'Chori' Domínguez; José Carlos, Leo (Vázquez, m.75), Piti (Lass, m.58); y Delibasic.

Barça Valdés; Montoya, Busquets, Adriano, Jordi Alba (Bartra, m.82); Song, Xavi (Dos Santos, m.85), Cesc; Messi, Villa (Alexis, m.62) y Pedro.

Árbitro
Pérez Lasa (comité vasco). Amonestó a Delibasic (25), Rodri (26), José Carlos (38), Jordi Amat (70) por el Rayo, y a Jordi Alba (5) por el Barcelona. Expulsó a Paco Jémez, técnico del Rayo, a los 77 minutos.

Goles
0-1, m.20: Villa. 0-2, m.47: Messi. 0-3, m.78: Xavi. 0-4, m.80: Cesc. 0-5, m.88: Messi.

Incidencias
Encuentro de la novena jornada de la Liga BBVA disputado ante 14.000 espectadores. Se guardó un minuto de silencio en memoria de Rafael López, socio número 2 del Rayo desde 1948.

sport.es


いくらなんでも"セルティックのような戦い方は恥"だなんてどの口が言うのかと思ったら、自分たちのファンに恥ずかしいという意味だったのね。ならばよし。今回もそれ相応の戦い方をしてきましたしね。
返り討ちにしちゃってご〜めんなさ〜い。

とにかくラージョはグイグイとプレッシャーをかけてくるし、しかも結構ガツガツ系。奪ったあとも明確で、端的にいうと嫌な相手。チャンスをものにできたからこそのマニータだったと思う。
セルティックやチェルシーやインテルやらが嫌いな訳じゃないけど、ラージョみたいなのはいいよね。高い位置ではすごく大胆で、でも自陣ではそうはなれないの…って感じがなんとも可愛らしい。

この日はブスケがセントラルでソングがアンカー。ソングを槍玉に挙げたい訳じゃなく、バルデスの動向を見守りましたが、やっぱりロング&ミドルレンジのパスが多めでしたね。
マドリーのラテラル2人故障もお気の毒ですけど、バルサはこれでよく回してますよねぇ。試合毎にめまぐるしくセントラルが入れ替わる。それにしてもアドリアーノにゃ足向けて眠れません。彼のいいところは、堅くならず、自分の持ち味で勝負するところですよね。



[PR]



by fenomenoblaugrana | 2012-10-30 17:41 | マッチレポート

タイトル CL バルサ対セルティック

a0088359_11535955.gif
a0088359_11541087.gif
Barça 2
Celtic 1

FICHA TECNICA
Barça Víctor Valdés; Adriano, Bartra, Mascherano, Jordi Alba; Xavi Hernández, Song, Iniesta; Alexis Sánchez (Villa, min.80), Messi y Pedro Rodríguez (Tello, min.76).

Celtic de Glasgow Foster; Lustig, Wilson, Ambrose, Izaguirre; Brown (Commons, min.63), Wanyama, Ledley, Mulgrew (Kayal, min.76); Samaras (Forrest,min.43) y Gary Hooper.

Árbitro
Gianluca Rocchi (ITA). Amonestó con cartulina amarilla a Mascherano (min.71) y Adriano (min.80).

Goles
0-1, min.19: Samaras. 1-1, min.45: Iniesta. 2-1, min.90 (+): Jordi Alba.

Incidencias
Partido correspondiente a la tercera jornada del grupo G de la Liga de Campeones, disputado en el Camp Nou ante 77.781 aficionados, según datos oficinales.

sport.es


生放送録画するの忘れてあーだこーだしてるうちにすっかり忘却の彼方に。
今週のリーグ戦もまだみてないし。なんかバタバタしてるな、アーセナルとかみてるしか( ゚д゚)ハッ!
とにかくあれだ。バルトラが起用されてソングがアンカー。
バルトラはだいぶ積極的に攻撃に噛んできたりしてた。カンテラの子ってそういうとこが凄いよね、ちゃんと傷跡残すというかさ。肝心の守備はあまり見せ場なかったけど、特に気になることはなかったはず。
あとはえーっと、あ、1点目ね。すごかった。セルティック選手の輪の中でロンドしてるみたいでした。かっこよかった。最後はエストレーモ化してたアルバのゴールで逆転。彼の前、ゴール前で中に入ってきたビジャの動きも褒めてあげたい。



[PR]



by fenomenoblaugrana | 2012-10-29 11:58 | マッチレポート

タイトル 第8節デポルティボ対バルサ

a0088359_16151395.gif
a0088359_16152528.gif
RC Deportivo 4
FC Barcelona 5

FICHA TECNICA
RC Deportivo Aranzubia; Laure, Marchena, Zé Castro, Ayoze; Alex Bergantiños, Abel Aguilar; Bruno Gama (Camuñas 61'), Valerón (Oliveira 61'), Pizzi y Riki (Salomao 79').

FC Barcelona Víctor Valdés; Montoya, Song, Mascherano, Alba; Sergio Busquets, Iniesta, Cesc (Xavi 61'); Tello (Pedro 56'), Messi y Villa (Adriano 53').

Árbitro
Paradas Romero (andaluz). Mostró tarjeta amarilla a Alex Bergantiños, Ayoze, Valerón y Laure, por el Deportivo y a Mascherano (2, 49'), Iniesta, Cesc -en el banquillo- y Messi, por el Barça.

Goles
0-1, Alba (3'); 0-2, Tello (8'); 0-3, Messi (18'); 1-3, Pizzi, de penalti (26'); 2-3, Alex Bergantiños (37'); 2-4, Messi (43'). 3-4, Pizzi (47'). 3-5, Messi (77'). 4-5, Alba, en propia puerta (79').

Incidencias
32.000 espectadores en Riazor. Noche fría y césped en buenas condiciones. El Barça vistió su segunda indumentaria.

sport.es


0-3まではよかった、代表戦を挟んだなんて思えないほど。でも疲れてるんですよやっぱり。だから3点獲れたことで緩んでしまう。ペップだったらメンバーごっそり変えて望んだんじゃないかと思ったけど、如何せん怪我人が多くてすでにプチサプライズ続きなんですよね。
もちろんPKのジャッジは納得できるもんじゃなかったけど、その前からデポルティボにぬるぬるとボールを繋がせていたのが気になりましたよ。バルデスのロングフィードといい、プレッシング無双なバルサはどこへいっちゃったのかしら。

そしてビジャのこと。
1点目彼の美しすぎるトラップでディフェンスを広げ、アルバの上がりをアシスト。2点目逆サイドの男が相変わらず凄すぎる2mくらいの切り返しを見せてゴール。3点目のときもしっかりサイドに張ってた。
1点2点と返されて、たまらず中に入り出すビジャだったけどスムーズさを欠く原因の一つになっちゃったように見えました。後半マスチェラーノの退場にともない彼も交代。仕方ないとはいえ切ない。サイドに張るビジャは見ていられないほど切ない。

とはいえビジャの動き気持ちひとつで4-5になったはずはなく、やっぱりディフェンスですよね。リキくらいの(失礼)アタッカーに!って思ったけど、その後ろのアレックスってのと横のピッツィってのが曲者でした。前者は視野が広くてワンタッチでしっかりしたボールをリキに出してた。後者とリキのコンビネーションが良くて、どちらがサイドに出てくるのか最後の仕事をするのか、いまいち掴みきれなかったように見えました。
最終的にディフェンスラインは右からモントーヤ、ソング、アドリアーノ、アルバ。冷静になってみなくても夢であってくれってラインナップよ。それでも、以前ブスケが”試合を有利に進めるにはまず先制して相手を引かせないこと”と言っておられたのを思い出しても、ティトはブスケをセントラルで使うことは考えてないのかな(そしてバルトラも)。

気の毒だったのはセスク、あんなに攻守にわたって冴えまくってたのに、こんなドタバタ試合になるなんて。
ティト「ペドロを起用したのは彼がサイドでプレーできるからだ。アドリアーノを入れたのは DFが1人少なくなったから。チャビを入れた理由はボールをよりコントロールするためだった。セルヒオをサポートする選手が必要だった。」



[PR]



by fenomenoblaugrana | 2012-10-23 16:17 | マッチレポート

タイトル 第7節クラシコ -カンプノウ

a0088359_18153645.gif
a0088359_18154938.gif
FC Barcelona 2
Real Madrid 2

FICHA TECNICA
FC Barcelona Víctor Valdés; Dani Alves (Montoya, min. 27), Adriano, Mascherano, Alba; Sergio Busquets, Xavi, Cesc (Alexis, min. 61); Pedro, Messi e Iniesta.

Real Madrid Casillas; Arbeloa, Sergio Ramos, Pepe, Marcelo; Xabi Alonso, Khedira; Di María (Essien, min. 87), Ozil (Kaká, min. 80), Cristiano Ronaldo y Benzema (Higuaín, min. 61).

Árbitro
Delgado Ferreiro (vasco). Mostró tarjetas amarillas a los barcelonistas Pedro y Sergio Busquets y a los madridistas Xabi Alonso, Ozil, Pepe y Arbeloa.

Goles
0-1, min. 23, Cristiano Ronaldo; 1-1, min. 31, Messi. 2-1, min. 61, Messi. 2-2, min. 66, Cristiano Ronaldo.

Incidencias
96.589 espectadores en el Camp Nou.

sport.es


観戦会で見たときはまあまあかと思っていたけど、もう一回見てみたらそーでもなかった。助かった感覚は同じでも、さらにもう少しイマイチな感じ。マドリーが思ったよりも良かった。
試合はハイテンションな始まり方をしました。その大部分はマドリーが持ち込んだもので、バルサの監督がホジソンでない限りまさか相手もアドリアーノをセントラルで使ってくるとは思いもしなかったろうけど、彼だろうとソングだろうとすべき事は一緒。先制し、さらに追加点をあげることという感じ。バルサとしても引かずに出てきてくれるのは有り難いんだけど、いきなりは困る。なんにしてもアップテンポすぎるゲームはハラハラします。

マドリーの守備は堅かった。それは前からプレスを掛ける時間帯でも引いた形でも。パスコースを限定し予測を高める。もたもたしてるうちに奪う。一見バイタルエリアにチャレンジできそうなスペースがあっても、うっかり入ると前後から挟まれる。釣られて中央を開けないようにしてるのかサイドはある程度利用できるけど、そこまで来るとカシージャスとディフェンスラインの間に隙間はなく、クロスは高くても低くても通らない。
相手のカウンターは両サイドが起点。どの位置で奪っても比較的それ一点張りなのでこっちもある程度は読める、でも中央が引っ張り出されるのは死を意味するのでサイドの踏ん張りが肝心でした。毎度がっぷり四つな感じ。

雰囲気は五分五分、開始直後にくらべるとプレッシャーが緩くなってきた分、少し気が楽になってきたと思った頃に先制されました。何度失敗しても、そればっかと言われても、1本でも成功すれば相手を黙らせることができる、そんなゴールならばともかく、結構じっくり作り直されて崩されました。直後アウベスに代わってモントーヤ。負傷交代じゃなかったらあれこれ思うとこだけど仕方ない。

バルサはアドリアーノのフォローのためブスケとチャビのポジションが低め。自ずとメッシも下がってくる。攻撃の体は成してるものの、なかなか数的有利な攻撃を仕掛けられずにいました。どっちが勝つかわからない、それはバルサの負けを意味するんじゃねーのか?ポテンシャルでよ?とふと思ってしまいました。そんなあたしのホッペを引っぱたいたのがメッシくん、ではなくペペ。目を覚ましてくれただけでなく、先制してから一気呵成に攻め込んできてたマドリーにも冷や水となったのでした。素敵でした。
結果論だけどこの試合、ゴールが展開を大きく変えるという感じではなかった(ファールはその一つになってたけど)と思うんだけど、それをさせなかったのがかすり傷一つで終えられた要因かもしれないですね。ベンゼマのあれが決まってたらまったく違ってたでしょうけど。

後半。前半よりも動きが乏しいバルサ、3人目のアクションが感じられない。
試合が動いたのは60分あたり、メッシのゴラッソそして選手交代。互いによりライン裏を狙えるような選手交代だったのはとても印象的でした。この辺から若干スタミナの切れ始めたマドリーの中央が開き始めました。お陰で何度かまた良い位置でファールを取れたのであわよくばと。そのくらい鮮やかなゴールでしたから。

なんつってたら前半のお返しとばかりに直後にロナウドのゴール。頑張ってたアドリアーノがラインを上げきれずオフサイドを取り損なってたようです。アシストをしたエジルの体がちょっと開いていたので、もっと外に向かってパスがでると思ったのかしら。モントーヤとマスチェラーノの背後から飛び出すロナウドへ彼らの目の前をスルーパスが抜けていきました。

あとは伝家の宝刀3バックにしろ!とかビジャ入れれ!この時間にカカーとかエッシェンとかなんなのよ!とか思いながら、モントーヤとかペドロの頑張りにワーワー言ってるうちに終わってしまいました。総じてだいぶ大人しかったかなという感じ。鬼のようなプレッシャーやビルドアップも見られず。交替カードを残して終わった理由があったんだろうけど、最後の最後ペドロのがビジャだったらなー!って思ってしまいました。

アウベス3週間K.O.って(TдT )



[PR]



by fenomenoblaugrana | 2012-10-09 18:17 | マッチレポート

タイトル CL ベンフィカ対バルサ

a0088359_1034157.gif
a0088359_1035447.gif
Benfica 0
Barça 2

FICHA TECNICA
Benfica Artur; Maxi Pereira, Jardel, Garay, Melgarejo; Matic, Enzo Pérez (Pablo Aimar, min.59), Nico Gaitán (Nolito, min.74), Salvio, Bruno César (Carlos Martins, min.45); Lima.

Barça Víctor Valdés; Dani Alves, Puyol (Alex Song, min.77), Mascherano y Jordi Alba; Sergio Busquets, Xavi Herández y Cesc Fábregas (Iniesta, min.71); Pedro (David Villa, min.81), Alexis Sánchez y Messi.

Árbitro
Cüneyt Cakir (TUR) expulsó con roja directa a Busquets (min.87) y amonestó a Fábregas (min.18), Pedro (min.28) por el Barcelona; Bruno César (min.37) y Carlos Martins (min.84), Matic (min.85) y Jardel (min.88) por el Benfica.

Goles
0-1, Alexis Sánchez (6). 0-2, Cesc Fábregas (55)

Incidencias
Segunda jornada del grupo G de la Liga de Campeones disputada en el estadio lisboeta de La Luz frente a unos 62.000 espectadores (casi lleno)

sport.es


あまりのショック映像に頭ん中まっ白になっちゃった。
あんなんなって骨折だったらだいぶ大変だったんじゃないかと思うから、脱臼で良かったのかな。
以前ペップが怪我の多いサンチェスに怪我を回避する術を学ぶように言っていたけど、プジョルにも少しだけそう言いたい。ほんの少しそうしたからってプジョルらしさは損なわれない。一日でもながく現役でいてほしいのよ。

試合のことを少しだけ。
スタジアムのお客さんはずっとバルサに向かってプレッシャーを掛け続けていたけど、ベンフィカ選手たちはちっとも掛けてこない。日頃のベンフィカを知らないでこんなこと大変失礼だけど、守備はほんとに酷かった。リーグで強いチームらしいから、守備したことないのかも?ってくらい。
お陰でパスコースは常に複数ある状態で、それはバイタルでもボックス内でもさほど変わりなく、バルサは無理せず確実性のある攻撃を粛々と進めてる雰囲気でした。両ラテラルも大人しく、派手さはなかったけど省エネで勝てたのは何より。よって今回は終盤のトランスフォームもなし。
いつだったか、相手マドリーだったかのベンフィカ戦を見たときも、同じような感想だった気がします。それなら最初からアイマールをって。



[PR]



by fenomenoblaugrana | 2012-10-04 10:06 | マッチレポート

タイトル 第6節セビージャ対バルサ

a0088359_15191995.gif
a0088359_15193759.gif
Sevilla 2
Barça 3

FICHA TECNICA
Sevilla Palop; Cicinho, Botía, Spahic, Fernando Navarro; Maduro; Jesús Navas, Medel, Rakitic (Kondogbia, m.76), Trochowski (Manu del Moral, m.38); y Negredo (Luna, m.80).

Barça Valdés; Alves (Villa, m.79), Mascherano, Song, Jordi Alba; Xavi, Busquets (Thiago, m.76), Cesc Fábregas; Alexis (Tello, m.70), Messi y Pedro.

Árbitro
Antonio Miguel Mateu Lahoz (C. Valenciano). Expulsó con roja directa al sevillista Medel (m.72), por agredir a un contrario, y al técnico Míchel (m.89), por protestar tras el empate a dos del Barcelona. Amonestó a los locales Rakitic (m.28) y Botía (m.95), y a los visitantes Busquets (m.70) y Mascherano (m.75).

Goles
1-0, M.26: Trochowski. 2-0, M.48: Negredo. 2-1, M.53: Cesc Fábregas. 2-2, M.89: Cesc Fábregas. 2-3, M.93: Villa.

Incidencias
Partido de la sexta jornada de la Liga BBVA disputado en el estadio Ramón Sánchez Pizjuán, que rozó el lleno con casi 45.000 espectadores. Césped en perfecto estado.

sport.es


またしても大逆転で大盛り上がり。何試合目でしょうかね途中3-4-3にして何とかしちゃったのは。これも悪くないんだけど横綱サッカーが恋しい今日このごろです。

試合は頭とお尻がバルサ、中程はセビージャがそれぞれ良さをみせてました。セビージャの守備は堅そうに見えて、スピードがないってんじゃないんだろうけど読み予測が驚異的という感じはなく、体を張る守備をさせないような攻撃を仕掛けるとわりと崩せる。そのかわり少しでもパスの出し手を探すように持ってしまうと阻まれてしまいます。
奪ったあとのセビージャはナバス、ネグレドへダイナミックに展開。そんなこたぁ百も承知なんだけど、それでも防げない。ナバスに関してはアルバがほぼ100点の守備で止めていたけど、新人(ソング)含む急造ディフェンスは何度か混乱する場面がありました。素人目にもはっきり分かるようなお粗末っぷりもね。

気のせいかこの試合ブスケの位置が高かったような気がしました。お陰で中盤が厚く、セスクもいいポジション取りに集中できたようで良かったんですけど、反面ブスケ後ろのスペースにソングが釣り出されるシーンも多く、ナバス、ネグレドにラインを下げられてるのもあったんでしょうけど、だいぶヒヤヒヤしました。マスチェラーノもソングもたぶんカバーリングタイプのディフェンダーなんですかね。バルサ本来(?)の姿って気もしますが、セビージャ相手(もしくはマドリー相手)に強気というか見てる方はただただ恐ろしい。

審判のジャッジは全体通して基準が曖昧でしたよね。アップテンポなゲームだったので手入れは最小限という感じは良かったと思うんですけど。っていうか早く誰か不慮の事故装ってタックル見舞って、かわいこちゃん(4審)と替わったらよかったのさ。



[PR]



by fenomenoblaugrana | 2012-10-02 15:21 | マッチレポート