タイトル <   2011年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧




タイトル 世界一だぜコノヤロー!!CWC決勝

a0088359_18504819.jpg
私が座ったのは北側ゴール裏、全体的にサントスサポの方が多かったですが、もろサントス側でした。2階席だったのがせめてもの救い。
ところがね、前半バルサが攻めてくるのはこっちエンドで、まったりする前の攻撃をしっかり見ることができたのでとても幸せでした。後半は後半で、イライラの限界を越えたサントスサポが花火点けたり乱入しようとしてたりを見ることができて、ええ、それはもう楽しかったです。

試合。
序盤サントスは中盤を多めにしてるようで、でも準決同様に前からは行かずに構える感じ。バルサは頭から3-4-3だったので両者予想通りの入り方だったのかなと思いました。構えるは構えるでいいけど、バルサから見てサントスのプレスや反攻にはフックを感じられなかったと思うし、その通りに最終ラインの3人はハーフェイライン上をキープしていました。全体的に圧縮されてたので、セスクはやや右サイドにでるような格好になっていました。その分チャビが中に入り、アウベスも運動量豊富に上下するので、そのあたりはとても賑やかで、このシステムの良さを発揮できていました。
そうなると左サイドがね、この試合に限ったことじゃないんだけど過疎化がハンパなかったですね。つねにチアゴがぽつんとなってました。前のクエンカがそうだったようにそれ自体は悪いことばかりじゃないんでしょうけど、もう少し見せたかったですよチアゴ。ならばと後半代わったペドロもこちらもそれなりという感じ。最初からイニエスタとテレコしてたらどうだったかなという素朴な疑問が残りました。

前半半ばでサントスは前線を増やしてきました。その直後と後半の頭は少しよかったような気がしたけど、私なんかはもう寒さとの戦い以外は残されていないような気分でいました。例えばカンプノウ、クレたちがマニータマニータと点を欲しがる気持ちが分かりましたよ。盤石に、試合は1分でも早く片を付けて欲しいですが、そのあとも楽しませてね!というのが実際に観戦するとわき起こる感情なんですね。
あとでRecしたのを見直して加筆修正するかもしれませんが、一応こんな感じで。

a0088359_18484940.jpg
エスクードの飴ちゃんくれた#バルサンタもファンキーだったけど、ダニサンタもね!そーいやどっかでソリに乗っていたよね。

a0088359_18493316.jpg
最後、3バックのセントラルはフォンタスくんでした。マスチェラーノもアビダルだってできるし、フォンタスも左だったかラテラルやったことありましたよね?たしか。でも彼に真ん中やらせちゃう感じがとてもいい!そーいやどっかの電車内でもセンター張っていたよね。

a0088359_1850837.jpg
わ、後光?元気玉?いや、日本バルササポーターの積年の想いが浄化されたのでしょう。
よかったよかった。これで悔いなし、もうわざわざ遠いとこ寒いとこでやらなくていいよ。
あたし、くちびるカッサカサになったよ。
a0088359_18472815.gif
a0088359_1847427.gif
Santos 0
FC Barcelona 4

FICHA TECNICA
Santos Rafael; Danilo (Elano, min. 30), Edu Drácena, Bruno Rodrigo, Durval, Leo; Henrique, Arouca, Ganso (Ibson, min.83); Borges (Kardec, min.78) y Neymar

FC Barcelona Valdés; Puyol (Fontas, min.85), Piqué (Mascherano, min.56), Abidal; Alves, Busquets, Xavi, Thiago (Pedro, min 78); Iniesta, Cesc; y Messi.

Goles
0-1. Min.17: Messi; 0-2. Min. 24: Xavi; 0-3. Min. 45: Cesc; 0-4. Min. 82: Messi

Arbitro
Ravshan Irmatov (UZB). Mostró tarjeta amarilla a Piqué (min.38), Mascherano (min.70), Ganso (min.72) y Edu Drácena (min.73)

Incidencias
Estadio Internacional de Yokohama. Lleno absoluto: 68.166 espectadores. Temperatura: 9 grados, 42 por ciento de humedad. Antes del partido se ofreció un espectáculo de pirotecnia con el volcán sagrado nipón Fuji como protagonista.

sport.es


[PR]



by fenomenoblaugrana | 2011-12-19 18:58 | マッチレポート

タイトル CWC準決勝 アルサッド対バルサ

a0088359_162045.gif
a0088359_16201930.gif
Al-Sadd 0
FC Barcelona 4

FICHA TECNICA
Al-Sadd Saqr; Abdulmajed, Lee Jung Soo, Koni, Nadir Belhadj; Abdulmajid, Mohammed, Albloushi (Al Yazidi, min. 65); Al Khalfan, Keita (Al Haydos, min. 82) y Niang (Ali, min 77).

FC Barcelona Valdés; Puyol, Mascherano, Abidal (Maxwell, min. 66); Iniesta, Keita, Thiago, Adriano; Pedro, Messi y Villa (Alexis, min. 39) (Cuenca, min.71)

Goles
0-1. Min.25: Adriano; 0-2. Min.43: Adriano; 0-3. Min 64: Keita; 0-4. Min. 81: Maxwell.

Árbitro
Joel Aguilar (El Salvador). Mostró tarjeta amarilla a Abdulmajed (min. 61) y Mohammed (min. 80).

Incidencias
Segunda semifinal del Mundial de clubes disputado en el Estadio Internacional de Yokohama. David Villa se fracturó la tibia de su pierna izquierda en el minuto 36. Lleno absoluto con 66.298 espectadores.

sport.es


ど頭メッシもろフリーで笑ったわ。
アル・サッドもといザ・ダムはimpossible is Nothingを胸に守って守り抜こうとしたようですが、しっかりゴールするんですよアドリアーノとかケイタってこういう試合で。だからペップに好かれるんだろなって思いましたよ。2点目とかすごく嬉しそうでしたもんね。

ちょっとアジアチャンプにしては残念な感じでしたし、バルサの選手があれだけダメージ受けて倒れるのはそんなにあることではないので、その辺もどうだったのかなぁ。バルサの退いた選手はみんな疲労から違和感を持ってたそうだけど。
骨折したビジャは4〜5ヶ月の離脱見込み。当然チームには痛手なんだけど、ビジャ本人にとって厳しいものになるのかなぁと感じてしまったのが悲しい。本人はミュンヘンに立つと言ってます。ピッチを離れて怪我を治すとともに気持ちもスッキリさせて復活してくれることを期待する!!がんばれビジャ。
a0088359_1621868.jpg
グルグル巻きなのに笑顔で…(ノД`;)

完璧すぎるポージングゆえ、徹底的にコラージュされまくるダニエウで癒されようか。

a0088359_16212357.jpg
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2011-12-16 16:24 | マッチレポート

タイトル 第16節ベルナベウクラシコ

a0088359_1275775.gif
a0088359_1281237.gif
Ficha técnica:

Real Madrid: Iker Casillas; Coentrao, Pepe, Ramos, Marcelo; Xabi Alonso, Lass (Khedira, min.63), Özil (Kaká, min.58); Di María (Higuaín, min.68), Cristiano y Benzema.

FC Barcelona: Víctor Valdés; Alves, Piqué, Puyol, Abidal; Busquets, Xavi, Iniesta (Pedro, min.89); Alexis (Villa, min.84), Cesc Fábregas (Keita, min. 78) y Messi.

Goles: 1-0. Min.1. Víctor Valdés falla en un pase sencillo con el pie en su área y Benzema abre el marcador a los 25 segundos. 1-1. Min. 30. Alexis, de fuerte disparo, cruza el balón a Iker y empata a pase de Leo Messi.1-2. Min. 54. Marcelo desvía una volea de Xavi y marca en propia meta. 1-3. Min. 66. Cesc, de cabeza, a pase de Alves desde la derecha.

Arbitro: David Fernández Borbalán (Comité andaluz). Mostró cartulina amarilla a Xabi Alonso (26'), Lass (61'), Pepe (62'), Sergio Ramos (69'), del Real Madrid y a Alexis (27'), Messi (36'), Piqué (48'), del FC Barcelona.

Incidencias: 83.500 espectadores llenaron el estadio Santiago Bernabéu. Tito Vilanova, ayudante de Pep Guardiola, regresó al equipo tras mejorar de una grave enfermedad.

sport.es


よし、1点取らす作戦成功。うそうそ、もちろん冗談だけどでも結果的にマドリーにはそのアドバンテージが変に作用したかなという印象が残りました。
マドリーはエジルをトップ下の4-3-3、バルサはサンチェスメッシの2トップで4-1-3-2っぽい感じ。マドリーが前からどんどんプレッシャーを掛けてくるのをバルサは押し込むんじゃなくて、中盤で少しディフェンスを引き出すような格好。双方どこまで予測通りなのか分かりませんが、がっぷり四つな感じです。
私としては相手の攻撃がもっとサイドへの大きな展開を多用してくると考えてたので、バルサのこの感じも悪くないかと思って見てました。

バルサの攻撃、左はイニエスタがトップにでるつもりなんだろうけど、スタートの位置が低いので全体的に右寄りに傾いてる。もう少しテンポ良くパスを繋げれば左も上手く使えそうだけど、前半は中央のセスク共に消化不良な感じ。
一方のマドリー。スタメンを見るに”ああ、こりゃやる気なんだわ”と恐れたんですが、プレッシャーを避けて下がってきたメッシやセスクをつつくのはエジル。彼とラスで挟んで奪ってアロンソが展開というのが要のようだけど、それをするにはエジルは絶え間なく動くタイプのようには見えないし、むしろその分効果的な攻撃参加が減ってるような気がしました。
マドリー側はバルサの1点目、取られ方その対応を悔やんでるようだけど、こちらから見るとあのゴールはそういうミスマッチから来てるように思えましたよ。いやそのリスクを負ってもそれを上回る攻撃を見せられるとしたんでしょうけどね。
”この形だけは”と予測・注意してた相手を”まさにその形”で跳ね除けたんだから素晴らしい。サンチェスは期待通りの活躍でした。向こうっ気の強いところも発覚し、ますます喜ばしい。
a0088359_1230834.jpg
後半バルサはアウベスを中盤に上げて3-4-3、勝負に出ました。早い時間に、そしてゴールそのものもツキがもたらしたものだけど、ややアンバランスだった前半に比べ確実に活性化できていたし、相手を圧縮させるような攻めがしっかりできていた。その中で叶った逆転という認識で、それ以上でもそれ以下でもない。

逆転を許したマドリーはより早くボールを前へ運ぶようになりました。けどね、私はこれがどうだったんだろうかと思う。これをするなら早くイグアインを入れるべきだし、確かにいつもはこれで気持ち良く点が入ってるんだけど、この日はとにかくサイドで詰んでた印象。いつの試合だったか、すごく大量得点した試合で、良い位置で奪ってもまずはアロンソに戻して展開する、そうやって酷く効率的に点を量産していたのを見ました。こないだのミランっぽい感じ。これはすごくいいね!って思ったんですよ。マドリーの良さを生かせてるし、変な話バルサも困るだろうしって。

「やられ出しましたねぇ。」
時間と共にカードも順調に振舞われてスタミナも落ち始めたマドリー、バルサの障害はカシージャスのみ。サイドでふん詰まる攻撃も怖くない。ディマリアのドリブルも怖くない。あとはイグアイン投入に対応できれば、勝てるはず。そう思いながら見てました。

ロナウドには試合通していくつか決定機があって、それが決まってたらとは考えるけど寒さに弱いのかしら。
尻目にバルサ3点目。アウベスどこ明後日なとこ蹴り込んでるんにゃろ!と思ったらセスクが飛び込んでました。たまにあるこういうダイナミックゴル、まさかこの試合で見るとは思いもしませんでした。
その後ようやくイグアイン投入。まだ時間はあるとはいえ後手は明らか。バルサはブスケとケイタにポジションに気を使わせマドリーに合わせて4-2-3-1に。最後まで焦る様子はありませんでした。

読み返すとマドリーの事ばかりで妙ですが、繕いますと、バルサはこれ落としたらアディオス、マドリーは守備的に出ずに勝てば大きなものを得る、そういう中でも両チームとも各々のスタイルで臨んだと思うんだけど、より対策をしたのはバルサで、それがマドリーを寄せ付けなかったかなという感想です。

ペップはバルデスを褒めたそうですね、それでもパスを繋ごうとしてたと。怖いのならボールを前へ蹴り出してしまえばいい。でも安全策よりも何よりも繋いでいくことがチームにとって第一っていうのを頭に刻み込んでるんですよね。彼と、先制しながら前へ出るのを臆したマドリーを見て、クラシコで5点取って勝つのがどんなに勇気が必要なことなのか今さらになって感じましたよ。
a0088359_12294999.jpg
これで気持ち良く日本にお迎えできます。
再放送はフリーズしたとこも流れたりすんのかなぁ。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2011-12-12 12:42 | マッチレポート

タイトル CL バルサ対BATE

a0088359_8413883.jpg
FICHA TECNICA
FC Barcelona Pinto; Montoya, Bartra, Fontàs, Maxwell, Dos Santos (Muniesa, min.58), Thiago, Sergi Roberto (Riverola, min.79), Cuenca, Pedro y Rafinha (Deulofeu, min.70).

BATE Borisov Gutor; Yurevich, Filipenko, Simic, Bordachev, Baga, Volodko, Pavlov (Gordeichuk, min.64), Likhtarovich (Olekhnovich, mi.67), Kontsevoi y Renan Bressan (Kezman, min.77).

Árbitro
William Collum (SCO). Mostró tarjeta amarilla a Yurevich (min.44).

Goles
1-0: min.35: Sergi Roberto. 2-0: min.60: Montoya. 3-0: min. 68: Pedro. 4-0: min.88: Pedro (p).

Incidencias
Partido de la sexta jornada de la primera fase de la Liga de Campeones disputado en el Camp Nou ante 37.374 espectadores.

sport.es


あらら、ずいぶん楽しめちゃいました。
私が今までに国王杯とかで見たBクラスの子たちが中心の試合って、うまいのは伝わるけどやっぱりフィニッシュに力がなくて、そんなに盛り上げれなかったんだけど、今回のチームどうなのよ。そりゃ1部に昇格できるチームなんだとはいえCLでさ、よその国のチャンピオンをこんなにしちゃうなんて。
この子らもすごいんだろうけど、このサッカーがやっぱりそこそこ強いってことにもなるのかなと思いました。でもなかなか簡単にはこのサッカーはできないので、これを下の世代から仕込むシステムっというのは、ちょっとした発明に値するんじゃないかと鼻息を荒くしてしまったよ!

事情通ではない私が見たことあったかなぁ??ってなったのはラフィーニャ。おい、なんかまた(遠目だとアドリアーノとサンチェスも似てるので)似てるのがいるぞ、ってかソックリだ!と思ったら弟だった。言われてみるとそんなトピックスを読んだような気もする。前衛はころころポジション変えてましたが、彼は主にセンターフォワードでしたかね。出来は、交替するときの顔が物語ってたと思いますが、今後に期待。
a0088359_842795.jpg
しかし、こう見るとペドロ老けてんなーとか思っちゃった。いや、なんか渋みが出てきてるのか。
テクニカルなシュート、良かったよ!クエンカからのアシストだったね。

クエンカってイサークってんだ。Isaac Hayesと同じだ。これ、米名には変な綴りだと思ってたけど、アイザックじゃなくてどこかのイサークさんなんだね。
a0088359_8423541.jpg

[PR]



by fenomenoblaugrana | 2011-12-08 08:43 | マッチレポート

タイトル 第15節バルサ対レバンテ

a0088359_1215098.gif
a0088359_12152236.gif
FICHA TECNICA
FC Barcelona Víctor Valdés; Puyol (Dani Alves, min. 36), Mascherano, Abidal; Sergio Busquets (Keita, min. 46), Xavi, Iniesta, Cesc (Pedro, min. 72); Cuenca, Messi y Alexis.

Levante UD Munúa; Javi Venta (Rubén Suárez, min. 65), Ballesteros, Del Horno (Cabral, min. 75), Juanfran; Xavi Torres, Iborra (El Zhar, min. 57), Farinós; Valdo, Pedro López y Koné.

Árbitro
José Antonio Teixeira Vitienes (cántabro). Mostró tarjetas amarillas a Cesc y Víctor Valdés, por parte del Barça, y a Javi Venta, Ballesteros y del Horno, por parte granota.

Goles
1-0, min. 4. Pase de Messi a Iniesta quien, de tacón, prolonga a Cesc y éste bate desde fuera del área a Munúa. 2-0, min. 33. Saque de falta de Xavi y Cesc se anticipa Del Horno para cabecear a la red. 3-0, min. 37. Messi envía un balón a Iniesta y el de Fuentealbilla, de primeras, asiste a Isaac Cuenca quien conecta un disparo raso y colocado. 4-0, min. 55, Dani Alves asiste a Messi, quien penetra en el área y fusila a Munúa. 5-0, min. 60. Combinación entre Xavi y Messi y el de Rosario envía a Alexis. El chileno, en vez de chutar fuerte, levanta el balón por encima de Munúa.

Incidencias
79.361 espectadores en el Camp Nou.

sport.es


今回はなかなか良かったんじゃないかしら。
平均するとスピード感はすこし足りないとは思うけど、テンポアップした時のリズムは良かったし、パスの繋がりもスムーズだったと思う。レバンテの存在感がまったくなかったのは拍子抜けしたけど、バルサのポジション交換やそのスピードに、上手くマークを引き継げていないようでした。おじさま方にはちと辛かったか。

こうやってガッチリとボールを保持できて試合をコントロールできると3-4-3はえげつない強さを発揮しますね。私の気に入ってるのは、前3人の間に2列目がそれぞれ入り込んで5トップみたいな迫力をみせるところです。こういう場合、ワイドに使いたいのでクエンカやペドロのような純粋サイドプレーヤーが良いフックになるようでした。サイドバックの上がりもないので張っていられますしね。

そのクエンカのゴール、良かったですよね。それを作ったメッシとイニエスタはもちろんだけど、あのアシストをダイレクトでシュートできる技術というか、習慣。だってイニエスタ、いつクエンカを見た?って感じでしたから、そういう感性がないと準備できないし、できてても1つ2つペタペタ触っちゃいそうだし。えらい頼もしいなって思いました。終わり頃にはサンチェスのループパスにクエンカが反応するシーンなんかもあって、わ!この2人でそれやっちゃうんだ!って。

でもやっぱり攻撃から守備への切れ目はいやですねぇ。相手の反攻を遅らせるのがやや弱い印象です。守備体勢が整っててもやられるときは相変わらずやられますが、特にカバーリングタイプのマスチェラーノが飛び出してっちゃった時の怖さはハンパないです。それをカバーしようとアンカーにカードが出たりっていうのが目に浮かぶといいますか。
ええ、脳内クラシコはキックオフされております。軽く2巡目くらい(笑
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2011-12-06 12:17 | マッチレポート

タイトル 第17節バルサ対ラージョ

a0088359_529299.gif
a0088359_5291786.gif
Ficha técnica:
4 - Barcelona: Valdés; Alves, Mascherano, Piqué, Abidal; Keita, Xavi (Thiago, m.54), Iniesta (Cesc Fàbregas, m.56); Alexis (Adriano,, m.71), Messi y Villa.

0 - Rayo Vallecano: Cobeño; Arribas, Labaka, Jordi Figueras; Casado, Movilla, Javi Fuego (Rafa García, m.54), Botelho, Míchel (Tamudo, m.46); Michu y Lass (Piti, m.69)

Goles: 1-0, m.29: Alexis. 2-0, m.41: Alexis. 3-0, m.43: Villa. 4-0, m.49: Messi.

Árbitro: Miguel Ángel Pérez Lasa (C. vasco). Mostró cartulina amarilla a Lass (m.39), Jordi Figueras (m.45), Arribas (m.60), Valdés (m.80) y a Piqué (m.84).

Incidencias: Asistieron al encuentro 53.775 espectadores en partido adelantado de la decimoséptima jornada de Primera División.

20minutos.es


都合により手短に。
ラージョはついてくる守備だったのでスペースはあるものの、やや気力に劣るバルサは苦戦しました。
4バックでスタート、10分くらいからアウベスを中盤に上げて3バックに。トップ下はチャビ。これにより多少ゴール前でパスを展開できるようになってました。
バルデスやピケのロングフィードの多さがラージョのアグレッシブな守備を物語るんですが、それを何とかしたのはポジション変更だったように思いました。

次のトランスフォームは先制点の直前、メッシをトップ下に下げるためアウベスを上げてサンチェスを左に。ディフェンダーとの相性もあったかもしれないけど、ビジャが再三見せてた縦の突破に代わって、フックの多いサンチェスのプレーは相手を戸惑わせていたように見えました。
これをきっかけに攻撃がひらけたような感じでした。彼のキープ力と突破力はこの日誰よりも優っていて、不本意にも強いられたロングパスを生きたものに変えていました。
ペップがそれを考えて変更したのだとしたら、実に見事に期待に応えたということに。
副産物だったかもしれないけど、ここんとこのサイドの手詰まり感に若干の兆しを見せてくれたサンチェス。けっこう猫背なんだけどね!
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2011-12-03 05:38 | マッチレポート

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶