タイトル <   2011年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧




タイトル CL BATE対バルサ

a0088359_16453869.gif
a0088359_16455843.gif
Ficha técnica:
0 - BATE Borisov: Gutor; Volodko, Filipenko, Simic, Bordachev; Baga, Olejnovich, Bressan (Kurlovich, m.82), Rudik (Aleksiyan, m.60), Kontsevói y Kezman (Skavysh, m.57)

5 - Barcelona: Valdés; Alves, Puyol, Mascherano, Abidal (Adriano, m.61); Xavi (Cesc, m.59), Keita, Thiago; Pedro (Maxwell, m.69), Messi y Villa.

Goles: 0-1, m.19: Volodzo, propia puerta. 0-2, m.22: Pedro. 0-3, m.38: Messi. 0-4, m.56: Messi. 0-5, m.90: Villa.

Árbitro: Manuel Gräfe (GER). Mostró cartulina amarilla a Alves (m.77) y a Simic (m.80).

40.000 espectadores llenaron el Dinamo Stadion de Minsk (BLR), en partido correspondiente a la segunda jornada de la primera fase de la Liga de Campeones, grupo H. El Barcelona vistió su segunda equipación, de color negro, y los jugadores lucieron un brazalete blanco en homenaje al fallecido Chus Pereda, ex futbolista de la entidad.

放送ないし、さすがにこれを深夜バー観戦する気になれず、仕方なくネットで見ました。
スタメン未確認のまま眠いし画質悪いしで、ハ?アビダルどこにいるの?中盤起用?とかホザくほど攻め込んでいました。心配するはアウェイということと、ミラン戦引き分けた分ここは3ポイント取りたいということのみで、BATEのトップ1人残して総守備という絵面の90分間でしたけど、特に手こずった印象は残りませんでした。

たぶんチャビの低めのポジショニングがあの攻撃力をもたらしたと思うんですが、指示なのかチャビ判断だったのか気になるね。コメントの「ピッチを広げる必要があった」に現れてる感じがするんですが、どっちにしてもエクセレント。

順調に点を重ねて後半、早々とチャビおつかれ交替でセスク。良く動いていたアビダルに替えてアドリアーノ、最後はペドロを下げてマクスウェル。あとから整理するとなんでもなかったんですが、画質の悪さと肝心な時に止まったりして、誰が下がって誰がどこにいるのか分かりづらくなった時間帯がありまして、その上アドリアーノの運動量が豊富すぎて、ハァ?アウベスセンター!?とか寝言いいながら試合終了をむかえましたよ。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2011-09-29 16:47 | マッチレポート

タイトル いや!ほんとに思い出した


ずいぶん前のネタだけど思い出したからもう一回見てみました。
最後のダンスとかやたらなめらかで合成?とか思ったり、ニヤニヤしたり。
なんてしてたら、続編があったんですね!


交替して踊るのは、スポーツジャーナリストのHoracio Paganiという人。
むこうでは名の知れた方のようです。
ヘッドフォン星マーク、いいね!
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2011-09-27 13:22 | Fútbol四方山話

タイトル 第6節バルサ対アトレティコ

OnMouse!↓
a0088359_1148239.gif
a0088359_11482325.gif
Ficha técnica:
5 - Barcelona: Valdés; Alves, Mascherano, Abidal (Maxwell, min.81), Sergio Busquets (Piqué, min.53), Xavi, Cesc (Keita, min.72), Thiago, Pedro, Villa y Messi.

0 - Atlético de Madrid: Courtois; Perea, Godín, Miranda, Antonio López, Mario Suárez (Arda Turan, mi.46), Tiago (Adrián, min.79), Gabi, Reyes (Salvio, min.46), Diego y Falcao.

Goles: 1-0: Villa, min.9. 2-0: Miranda (p.p), min.15. 3-0: Messi, min.26. 4-0: Messi, min.78. 5-0: Messi, min.90.

Árbitro: Delgado Ferreiro (Colegiado vasco). Mostró tarjeta amarilla a Piqué (min.71) y Perea (min.72).

Incidencias: Partido de la sexta jornada de Liga disputado en el Camp Nou ante 83.154 espectadores. Los jugadores del Barça saltaron al terreno de juego con una camiseta de ánimo a su compañero Ibrahim Afellay, que estará seis meses de baja por una grave lesión de rodilla.

ちょっとちょっと、すごい警戒してたあたしバカみたいじゃんか、もぉー。
明らかに失敗でしょアトレティコ。理由は守備から入りたいマンサーノにあるかと思ってたけど、コメント見ると「チームには激しさが欠けてた」と。んん、臆したかアトレティコ。いいゲーム期待してたのに残念である。完勝だから言える事でもある。
先制点、ビジャのあれが入るとバルサはうんと楽になるんですよね。これからも頼むよ。左サイド窓際説を振り払っておくれ。

バルサはバレンシア戦終わりの組み合わせで先発(ペドロ以外)。この数日で何か修正できるとは思えないし、これといった変化も見られなかったけど、アトレティコがチビったのも手伝って、特に危うい感じもありませんでした。
この2試合で思ったのは、アウベスが攻撃参加できないのは物足りないし気の毒な感じもするけど、バックラインでのパス回しに現状では不可欠なのかもしれないということ。3バックをする上ではスピードと運動量と守備範囲の広さが必要なようです。でもこれはたぶん全体的にいえることで、守備に下がらされる場合なんかは特にサイドのセスクとチアゴの体力勝負になるのかなぁという感じ。チャビをしこたま走らせる訳にもいきませんしね。ノグチさんも言ってた攻から守の切り替えとファーストディフェンスのぬるさも、ここらへんが理由かなぁと思ったりしてます。

後半から手を入れてきたアトレティコに対応して4バックにしたバルサ。アウベスが堰を切ったように上がってて、楽しくて笑いました。ピケも帰ってきて、久しぶりの安心材料になりました。
途中、アンカーはセスクが務めたりチャビになったりチアゴになったり。得点差もあったからだろうけど、上手く運ぶと相手からみたら面倒で始末悪いだろうなと思いました。わたしも時々めんどくさくなりますよ。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2011-09-26 11:50 | マッチレポート

タイトル 第5節バレンシア対バルサ

let's OnMouse!↓
a0088359_16441331.gif
a0088359_16443164.gif
Ficha técnica
Valencia CF: Guaita; Miguel, Rami, Víctor Ruiz, Mathieu (Piatti, min. 73); Albelda (Tino Costa, min. 46), Banega; Pablo, Canales (Jonas, min. 68), Jordi Alba y Soldado

FC Barcelona: Valdés; Puyol (Thiago, min. 63), Mascherano, Abidal; Busquets, Xavi, Keita (Adriano, min. 58), Alves; Cesc, Messi y Pedro (Villa, min. 58).

Árbitro: Velasco Carballo (madrileño). Mostró tarjetas amarillas a los valencianistas Rami, Soldado, Canales y Jonas y al barcelonista Mascherano. Expulsó con roja directa a Jordi Alba (min. 91).

Goles: 1-0, min. 12. Abidal, en propia puerta; 1-1, min. 14. Pedro; 2-1, min. 23, Pablo. 2-2, min. 77, Cesc.

Incidencias: 50.000 espectadores en Mestalla.

どっちだと言われたら、失敗だったんじゃないですかね。
バレンシア側に3-4-3で来ることバレバレで準備を完璧にされてしまった感じ。
この結果だったから言うんじゃないですが、私が3-4-3にしこりを残してる部分はこんなとこでした。
もっとも引いてくる相手だったらどっちでもいいと思うんだけど、仕掛けてくる相手にはカバーリングが随所に多く必要になってくるこのシステムは、スピードに欠けるチームにはむずかしいんじゃないかなって。そうじゃなくても開始10〜15分くらいバタバタすることはままあるけども。

攻撃は。もともと真ん中を潰されると割とあたふたするバルサですけど、今のところこの3-4-3もそんな感じというか場合によってはそれ以上というふうに見えました。場合というのはブスケとチャビが押し込まれた時です。サイドにまったく振れなくなってしまってました。組み合わせのせいもあるけども。
そうやってバレンシアはアルベルダとバネガを中心に中を潰し、プジョルまでも引き出しサイドで勝負してなんなく得点していました。
ちょっと拍子抜けだったのが、前に孤立させられるのがメッシ+セスクならば、もう少し徒労せずに済むかと期待したんですが、意外とね。ああいう頂けない事態を想定するか分かりませんが、試合中サボれなかったメッシは最後バテ気味だったので、何かセスクとうまく消化できるようになれたらいいのになぁって思いました。

あのスパルタペップが即後半から4-3-3にしたのは意外でしたが、さらに途中から3バックに戻すなんて。
守備と全体的なバランスには4-3-3、攻撃力としては3-4-3が、少なくとも現段階ではそう特徴付けられるということかしら。
個人的には試合毎もしくは試合の中でシステムをいじるのは好みじゃないんだけど、攻撃的シフトみたいな、セスクが中央でより生きてるところを見ると、しばらくはあれこれやってくるのかなぁ。

アトレティコ戦はどうなるでしょ。
3バックで行くと、ジエゴにバイタルへすとんと落とされてレジェスとファルカオでどーん、みたいな?
・・・よし、2引き分けで。今日と週末2引き分けで乗り切ろう(-д-)
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2011-09-22 18:03 | マッチレポート

タイトル 第4節バルサ対オサスナ

ひょー、遅くなっちゃった。
a0088359_1547515.gif
Ficha del partido:
8. Barcelona: Valdés; Mascherano, Puyol (Maxwell, min.55), Abidal (Adriano, min.46); Alves, Xavi (Afellay, min.61), Thiago, Sergio Busquets, Cesc; Villa y Messi.

0. Osasuna: Andrés Fernández; Marc Bertrán, Roversio, Rubén, Raitala (Cejudo, min.46); Damià, Lolo, Puñal (Timor, min.77), Lamah; Raúl García (Ibra, min.63); y Nino.

Goles: 1-0, min.5: Messi. 2-0, min.13: Cesc. 3-0, min.34: Villa. 4-0, min.39: Raúl García (pp). 5-0, min.41: Messi. 6-0, min.57: Xavi. 7-0, min.76: Villa. 8-0, min.79: Messi.

Àrbitro: César Muñiz Fernández, del comité asturiano. Mostró cartulina amarilla a Villa (min.36), Lamah (min.43), Raúl García (min.48), Ibra (min.74) y Damià (min.86).

Incidencias: partido correspondiente a la cuarta jornada de la Liga, disputado en el Camp Nou del FC Barcelona, ante 70.549 aficionados, según datos facilitados por el club.

選手のイライラは解消できたかしら。
ほぼ思い通り進んでいたことが最後のちょっとで零れるなんて、考えただけでギーッ!ってなるけど、それが2試合続いてしまったんだから歯ぎしりじゃ済まないですよね。ちょっとたくさんゴールが入ったからって丸く収まるとは思わないけれど、一歩ずつですからね、特にシーズン始めは。

3-4-3はどうですか。2節のビジャレアル戦につづき良い結果がでました。メッシが上がったスペースにセスクが入ったりその逆もあったり、シンプルですがバイタルエリアを制す方法としてはとても効力があります。一方でまだまだ修正点もあるように見えます。中盤が厚いのでパスの出し先には困らないですが、その分かぶっちゃったり、連携ミスもちらほらありました。場合によってはサイド選手の運動量も嵩みそうですし。

ライカールト時代を含めても一度たりとも上手く行かなかったシステムなのに、ここへきて光って見えるのはやはりセスクの効果なんでしょうかね。彼のプレーの個性がずいぶんとマッチしてるように思いました。
「静的なポジションに適応すること」これはセスクへのペップコメントにあった一文で、チャビ的な仕事をという意味だと理解したんだけど、このシステムだと多くの選手にとっても課題となるような気がしました。他の人のために動ける止まれる、というような。

トータルして、3-4-3の方がいいとはまだ言えないけど、こっちの方が追い風をまとえるような期待感はあります。

あとこの試合良かったのはブスケ。
ここんとこの責任を背負わすような空気があるそうですが、アンカーの仕事でらしさを発揮できていてホッとしました。アウベスを走らせる美しいパスにはうっとりしてしまいました。
それにしてもペップの「彼に求めたのはパトを追うことではなく、ボールを上手く分配することだ。」ってコメントはいいわ。
後半替えすぎてグダグダになりましたけれど。
次節はバレンシア、その次はアトレティ子ですか。どちらも調子良くやってる感じなのでギタンギタンにしてあげよう。間違ってもされませんように(-人-)
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2011-09-20 15:50 | マッチレポート

タイトル CLバルサ対ミラン

イニエスタは4週間ですか・・・orz
a0088359_3361154.gif
Ficha técnica
2 - Barcelona: Valdés; Alves, Mascherano, Busquets, Abidal; Keita (Puyol, m.67), Xavi, Iniesta (Cesc, m.39); Pedro, Messi y Villa (Afellay, m.84).

2 - Milan: Abbiati; Abate, Nesta, Thiago Silva, Zambrotta; Van Bommel (Aquilani, m.78), Seedorf, Nocerino; Boateng (Ambrosini, m.33); Pato y Cassano (Emanuelson, m.62)

Goles: 0-1, m.1: Pato. 1-1, m.35: Pedro. 2-1, m.50: Villa. 2-2, m.90+2: Thiago Silva.

Árbitro: Martin Atkinson (ING). Mostró cartulina amarilla a Van Bommel (m.18), Villa (m.52), Nesta (m.57), Alves (m.70) y a Puyol (m.90+2).

Incidencias: Primer partido de la liguilla de la Liga de Campeones, grupo H, disputado en el Camp Nou ante 89.861 espectadores. En el primer tiempo, Boateng e Iniesta tuvieron que se ser sustituidos por sendas lesiones. El gol marcado por Pato, a los 24 segundos del inicio del partido, es el quinto más rápido de la historia de la Champions.

しょーもないと言うにはミランの2点が効率的で華麗すぎるんだけど、でも不運だとかそういうんじゃなかったと思うよ。いきなりの失点で後ろが気になったのは分かるけど、パスの出し先を探す感じはソシエダ戦と同様でした。なんとか有機的なパスワークが出来はじめたのが前半30分くらいからで、そのまま行ければ良かったんだけど、後半途中からバテたミランに付き合ってしまった。結局その程度のチームコンディションなんだと感じましたよ。

現在のチームの出来は何割くらいでしょうか。怪我人もあってかシーズン開幕してから微々たる上昇しかしてないように思う。だから相手がソシエダだろうとミランだろうと、逆によほどの格下であっても同じパフォーマンスしかできないのかも。それはもちろん良いことではないけど、悪い事でもないと思う。だって高めて行ければ解決することだもん、到達点は描けてるだろうし。そこが熟したチームの強みなんですから。

ただソシエダ戦のスタメンといい、ペップのスパルタ感が面白くもちょっと心配になったりします。
この試合も終盤かなり怪しい雰囲気あったのに予定通り(たぶん)プジョルとアフェライ復帰させましたし、あれで試合終わり感出ましたからねぇ。もちろん復帰した選手が充分やってくれると判断したんでしょうが、なでしこの北朝鮮戦じゃないですが、若干の隙一つでゴールって発生したりしますから。


ところで。
アイマールとかサビオラとかが行ってからやっと始めてベンフィカ見れたんですが、変わらずアイマールが可愛くて安心しました。
じゃなくてノリートがだいぶ活躍してるようで!公式戦5試合連続ゴール中だったとか。ユナイテッド戦惜しくもゴール出来なかったけど、かなり自信持ってやれてる感じでてましたよね。
これで私も心置きなくスタメン画像作りのノリートレイヤーを削除することができます。
幸多かれ!ノリート
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2011-09-18 07:54 | マッチレポート

タイトル 第3節ソシエダ対バルサ

a0088359_459071.gif
Ficha técnica:
Real Sociedad: Bravo; Estrada, Demidov, Iñigo Martínez, De la Bella; Illarramendi, Griezmann, Xabi Prieto (Cadamuro, min. 68), Zurutuza, Mariga (Aranburu, min. 79); Agirretxe (Vela, min. 79).

FC Barcelona: Víctor Valdés; Alves, Busquets, Adriano, Fontás (Iniesta, min. 81); Keita, Xavi, Thiago (Messi, min. 62), Alexis (Villa, min. 30), Pedro y Cesc Fabregas.

Arbitro: Mateu Lahoz (Valencia). Amonestación a Zurutuza (m.67), Cadamuro (m.81) y a Messi (m.92).

Goles: 0-1, min. 10: Xavi. 0-2, min. 11: Cesc. 1-2, min. 59: Agirretxe. 2-2, min. 60: Griezmann.

Incidencias: 30.000 espectadores en el estadio de Anoeta. 293.000 euros de recaudación. Alexis se retiró lesionado en el minuto 30 y tuvo que ser retirado del terreno de juego por la Cruz Roja.

エンパテましたよ。終わった直後は負けなくてよかったとすら思いましたよ。ブスケがロハってたらどうなってたことか。
ゼロトップ、セスクムード満点のありがたい感じでさっさと2点リードしてた末というのがどんよりさせます。
選手は追いつかれて難しくなったって言いますが、前半途中からすでに良くなかったですよね。
さらにサンチェスの負傷で一層動きが悪くなった、サンチェスが抜けたからというより負傷がショックという感じもしたり。

もちのろんでソシエダのコンパクティブ且つ試合経過に合わせたプレッシングには、苦しめられて当然だと思います。あれだけスペース、パスコースを潰されては動きも悪くなります。でも得点シーンのように中盤の5人を空中でかわせば、割と裏は突けていたはずなのに。
両サイドの縦が切られてたとはいえ、少なくても追いつかれるまではアグレッシブなプレスではなかったんだから、ドリブルで少しは路を開けたはずだし。
コーナーキックでブスケもフォンタスも上がりたくないんだったら、ショートコーナーにすればいいし。
周りのために動けるペドロやイニエスタを巧く使わないといけないことくらい、みんな分かるのに。
なんつーか、ぼんやりした出来でした。
一方アギレチェのガッツポーズはすごくカッコ良かったです。
それにつけても、あのビジャの信じられないようなミスはね、信じられないとしか言いようがないです。
他に言おうとすると自主規制がかかります。

サンチェスは右ハム裂傷で8週くらいですか。
なんかフレブあたりから続いて。。いやいやいやまさかまさか(>_< )Ξ( >_<)

それとね、やっぱりあの真っ黒ユニはいやだよね!(八つ当たり)
シュッとしてるのってバルサっぽくない。もっとポップというか元気な感じがいいよ。
シュッとしてるのはマドリーの方がいいよ。

それとそれとCL、Jスポでやるんですね!とりあえず今度の試合は。
バー観戦免れた!ひゃっほー!(カラ元気)
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2011-09-12 05:47 | マッチレポート

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶