「ほっ」と。キャンペーン

タイトル <   2010年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧




タイトル 第13節クラシコ -カンプノウ-

シンコー! シンコセローッ!!ヽ(´∀`)ノ
a0088359_820178.jpg
気前よくやらせてくれましたが、どうなってるんでしょう。
マドリーのプレッシャーはどこまでも緩く、なのにラインも高い。全体的な運動量も少ないように見えました。
高い位置から追いかけてくる感じはなかったのでカウンターを主体とした戦術だったのは間違いなさそうなので、ある程度はわかりますが、逆にどこからどう奪ってカウンターなのかっていうのが見ていて良くわかりませんでした。
また、バルサの強み、中盤で数的優位を作ってゴールまでのパスコース、スペースを生み出す、この点にモウリーニョが無策で来たとは思えないので、やりたいことを残念ながらピッチでは実現できなかったということなんでしょう。

途中、点が入ってからだったと思うんですがディマリアがサイドを下がって5バックみたいになってる時がありました。中盤のケディラらが吸収されてペラペラになるのを避けたのかもしれないんですが、要のアロンソの負担が減ってるようには見えませんでした。アウベスは消せていましたけどその分エリックがどんどん上がっていましたし。
にしてもプランが1つ2つしかないってことはなかったでしょうし、後半からもほとんど変化がなかったのには正直拍子抜けしました。


バルサは頭から気迫たっぷりで、その勢いは新人ビジャがうまく試合に入れなかったほどでした(たぶん)。もしかすると後の「ペップ、ロナウドにこづかれる」時にも見えたイニエスタあたりの見たことない殺気に臆したんでしょうか(笑
でも見事に2ゴール。大事な3点目でしたし、4点目の膝滑りにはワタシ泣いてしまいましたよ。

一番のお気に入りは2点目。
中央チャビから左のビジャに渡って2人とカシージャスをかわしたクロスにペドロが飛び込んできたゴールです。
パスもビジャの勝負も素敵だったんですがペドロなんです。
チャビからパスが出る1個前、右サイドでペドロはマルセロと接触し「やった、やらねぇ」と軽く言い合っていました。でも次の瞬間、まだプレーを切り替えられていないマルセロを簡単に振り切ってシュート。かっこいい、かっこいいよペドロ。また一つ男を上げてしまいましたね。
「そんなんだったっけ?」とちょっとでも思った方はビデオを見てみて。惚れるいや惚れ直すこと必至ですよ。


運悪くというかチームの勝利に随所に大貢献したメッシ神でしたが、やっぱりゴールが欲しいのかおかしなジンクスを祓いたいのか、少し苛立つ時間もありました。見えないところでコツリコツリと突かれてるんでしょうしね。そういうの一番怒りますよね彼。
バルサの調子が上がって来たと同時にメッシが悪目立ちしなくなりました。目立とうと思えばいつでも目立てるんでしょうけど(笑
どちらにしてもメッシのせいではなさそうですけど。


a0088359_16204158.jpg
あとは、珍しく随分荒れました。それ自体も驚きですが、ラモスの一押しでカピタンが転がっていくとはビックリしました。しかも手出すのすごい早いの。決めてたんか!?ってくらい速攻なのには驚きました。

a0088359_1937127.jpg
5点も入って完封で、とってもいい気分ですが、同時にというかだからこそ残念。
とにかくタイマンが見たい。それも90分ビクビク、ソワソワするような。
でも私の思ってるそれは叶わないのかもしれないなと最近思う。バルセロナの土俵に上がれとは言わないまでも、それに近い試合を見たいと思ってるんだから。
でも少なくとも相手が何をしたかったのか明確に分かる、それを味わえるクラシコがいい。
そのためにはあれだ、来年も再来年もモウリーニョじゃなきゃだめだ。
なんつってモウリーニョチャントだけは聞きたくないっ!んですが。
ところでそのコート、いまいちだよ。

a0088359_20254419.gif
Ficha técnica:
FC Barcelona: Valdés; Alves, Puyol, Piqué, Abidal; Busquets, Xavi (Keita, m.86), Iniesta; Pedro (Jeffren, m.86), Messi y Villa (Bojan, m.76).

Real Madrid: Casillas; Sergio Ramos, Pepe, Carvalho, Marcelo (Arbeloa, m.60); Xabi Alonso, Khedira; Di Maria, Özil (Lass Diarra, m.46), Cristiano Ronaldo y Benzema.

Goles: 1-0, m. 10: Xavi. 2-0, m.18: Pedro. 3-0, m.55: Villa, 4-0, m.57: Villa. 5-0, m. 90+1: Jeffren.

Árbitro: Iturralde González (col. vasco). Mostró cartulina amarilla a Víctor Valdés (m.32), Cristiano Ronaldo (m.32), Villa (m.34), Pepe (m.36), Messi (m.45), Xabi Alonso (m.51), Marcelo (m.56), Casillas (m.56), Carvalho (m.71), Sergio Ramos (m.73), Khedira (m.75) y a Puyol (m.80). Expulsó a Sergio Ramos (m.92) por agredir a Puyol.

Incidencias: 98.255 espectadores asistieron al encuentro correspondiente a la decimotercera jornada de Primera División, disputado en el Camp Nou. En el palco se encontraban, entre otras autoridades, el presidente en funciones de la Generalitat, José Montilla; el vicepresidente en funciones de la Generalitat, Josep Lluís Carod Rovira; y el presidente del Parlament, Ernest Benach.

[PR]



by fenomenoblaugrana | 2010-11-30 20:28 | マッチレポート

タイトル (COPA) 対セウタ (CL)対パナシナイコス

a0088359_6213773.gif
Ficha del partido:
FC Barcelona: Pinto; Adriano, Bartra, Milito (Abidal, min.40), Maxwell (Sergi Roberto, min.66); Thiago, Mascherano, Keita; Pedro (Messi, min.61), Bojan y Nolito.

Ceuta: Fock; Vítor Moreno, Zamora, Cañas, Pepe Martínez; Sandro, Ormazábal; Guzmán (Raoul Loe, min.70), Gilson, Seguro (Modeste, min.61); y David Torres (Aridane, min.30).

Árbitro: Ignacio Iglesias Villanueva, del comité gallego. Mostró cartulina amarilla a Vítor Moreno (min.20) y Bartra (min.36). Expulsó con roja directa a Vitor Moreno (min.26).

Goles: 1-0, min.2: Nolito. 2-0, min.7: Milito. 2-1, min.35: Guzmán. 3-1, min.50: Pedro. 4-1, min.65: Bojan. 5-1, min.67: Messi.

Incidencias: Partido de vuelta de los dieciseisavos de final de la Copa del Rey, celebrado en el Camp Nou ante 38.971 espectadores, según datos facilitados por la entidad catalana.
a0088359_6155064.jpg





a0088359_11455794.gif
Ficha técnica:
Panathinaikos: Tzorvas; Vyntra, Boumsong, Kanté, Spyropoulos; Katsouranis (Plessis, m.67), Gilberto Silva; Marinos (Dimoutsos, m.46), Luis García (Petropoulos, m.63), Christodopoulos; y Cissé.

FC Barcelona: Valdés, Dani Alves, Piqué (Abidal, m.71), Puyol, Adriano (Maxwell, m.76), Mascherano, Xavi (Keita, m.71), Iniesta, Pedro, Villa y Messi.

Goles: 0-1, m.27: Pedro. 0-2, m.62: Messi. 0-3, m.69: Pedro.

Árbitro: Gianluca Rocchi (ITA). Mostro cartulina amarilla a Piqué (m.31) y a Dimoutsos (m.66).

Incidencias: Asistieron al encuentro unos 68.000 espectadores en partido de la quinta jornada, de la primera fase de la Liga de Campeones, grupo D, disputado en el estadio OACA Spyros Louis.

El partido dio comienzo con unos minutos de retraso, debido a que la red de la portería de Valdés estaba agujereada y tuvo que ser reparada. En el minuto 79, el árbitro paró el juego debido a que un espontáneo saltó al césped y fue interceptado por las fuerzas de seguridad cuando se dirigía a Leo Messi haciéndole un gesto despectivo.

Dos minutos más tarde, volvió a parar el partido, después del lanzamiento de cohetes, petardos y bengalas desde uno de los fondos.

パナシナイコスには申し訳ないけど、少しの緊張とある程度のリラックスはパナシナイコスから与えられたものではなく、その何割かはCL、大部分はクラシコへのもの。そういう試合でした。
危なげなく、その分もう少しテンポ良くというか上気したようなパスワークが占めてもよかったのかなとも思うけど、次のゲームに持ち越しましょう。
じっくりボールを廻す姿は、果たし合い前夜、集中して刀の手入れをする武士のようでしたよ。
シセのあわや一発で現実に引き戻されましたが(笑

アドリアーノが良かったですよね。
ここまであんまり出番に恵まれてないのに、ポジショニングとか全く違和感ありませんでした。イニエスタが内側や後ろに吸収されたときはちゃんと高めに居てくれる。小さい三角形の一角として機能していました。
左右の攻撃バランスが取れていたのはアドリアーノのお陰もあったんじゃないかなと思いました。
もっともっと使ってあげて欲しいと思っていたので追加点アシストできたのは嬉しかったです。あの2点目は「アシスト」だなんて言葉は意味をなさないような美しい攻撃でしたけどね。

a0088359_1635071.jpg
結局何枚奪っていったのかしらこの人。追い剥ぎか!
メッシのはパンツの中に隠しました?
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2010-11-27 16:05 | マッチレポート

タイトル 第12節アルメリア対バルサ

イエーイ!超早アップ!明日は雨です。
a0088359_949676.gif
Ficha técnica:
Almería: Diego Alves; Michel, Carlos García, Santi Acasiete, Juanma Ortiz; M'Bami, Bernardello, Fabián Vargas; Corona, Piatti, y Goitom.

FC Barcelona: Víctor Valdés; Dani Alves, Puyo, Fontás, Maxwell; Xavi (Thiago, m. 46), Mascherano, Iniesta (Keita, m. 46); Pedro (Bojan, m. 55), Messi y Villa.

Goles: 0-1, m. 16: Messi. 0-2, m. 18: Iniesta. 0-3, m. 26: Acasiete en propia meta. 0-4, m. 35: Pedro. 0-5, m. 36: Messi. 0-6, mm. 61: Bojan. 0-7, m. 66: Messi. 0-8, m. 77: Bojan.

Árbitro: Muñiz Fernández (Colegio Asturiano). Amonestó a los locales Bernardello y Fabián Vargas y al visitante Thiago Alcántara.

Incidencias: Partido correspondiente a la duodécima jornada de Liga, disputado en el Estadio de los Juegos Mediterráneos, ante 13.000 espectadores.

a0088359_1923096.jpg

快勝完勝! ってだれも顔映ってないけど↑本物か?(笑
最後の方はちょっと喜びにくくすら感じてしまうほどでしたが、ピケをバックアップできたし、イニエスタとチャビも省エネできたし、糞詰まりというよりダダ漏れ中だったボヤンもいいゴールあったし。全体的にコンディションも上がってきてる感じです。あとはちょちょっとコペンハーゲンにお返しをして、いよいよですね。

試合。
この日は今季バルサの肝がこれ以上なく機能してたように見えました。
メッシが下がりめスタートになることで中盤で数的有利を作り出します。序盤アルメリアは前から激しくプレッシャーを掛けてきたんですが、ボールがバルサ中盤まで進むと急に緩くなるように感じたのはそのお陰で、アルメリアはよく動けてるのにチャビやイニエスタどちらかのマークが手薄になるシーンが見られました。
メッシに人を割かなければ割かないでドリブルで忍者のようにすり抜けてくるし、センターバックがくっついて来れば来るで今度はビジャが飛び込んでくるし。
ここの部分の対策が準備し切れていないチームには手こずらない感じがします今のバルサは。
でもなんでこれが昨季はうまくいかなかったんかしら。と思うと相手最終ラインで駆け引きをするビジャの存在は結構大きいんかなと思ったりしています。

唯一心配で、つまりアルメリアがしなきゃいけなかったのはバルサの両センターの追い回しだったと思うんですが、それはしてこなかったんですよね。展開によっては見られたのかもしれませんが無かった。助かったと思いました。
ピケ(アビダル)の代わりに入ったフォンタスは集中して1対1も強気でこなしていたけど、そこからの組み立てがさすがにもどかしい感じがありました。困って出すのがプジョルだし。
でもレフティの定めか良いロングフィードを持ってることは充分アピールできたので良かったと思います。チアゴもですがBの子たち、どんどん自信付けてきてる感じで非常に嬉しいです。

さてとRecったマドリでも見ようっと。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2010-11-21 10:21 | マッチレポート

タイトル 第11節バルサ対ビジャレアル

a0088359_622041.gif

Ficha técnica:
FC Barcelona: Valdés; Alves, Puyol, Abidal, Maxwell (Adriano, min.85); Sergio Busquets, Xavi (Mascherano, min.89), Iniesta; Pedro, Messi y Villa (Keita, min.71).

Villarreal: Diego López; Ángel, Musacchio, Marchena, Capdevila; Bruno, Borja Valero (Jefferson Montero, min.77) Cazorla; Cani (Senna, min.70), Nilmar y Rossi (Rubén, min.84).

Goles: 1-0, min.21: Villa. 1-1, min.27: Nílmar. 2-1, min.58: Messi. 3-1, min.83: Messi.

Árbitro: Delgado Ferreiro, del comité vasco. Mostró cartulina amarilla a Abidal (min.36), Borja Valero (min.45+), Puyol (min.67), Ángel (min.74) y Senna (min.90+).

Incidencias: Partido correspondiente a la undécima jornada de la Liga, disputado en el Camp Nou 80.766 espectadores, según datos oficiales. En el palco de honor estuvieron los reyes de Jordania.

お互いにとって大事な試合なのでナーバスになるのは仕方ありません。
それよりもこのデルガド・フェレイロとはご先祖因縁でもあったのかしら。

試合。
試合後選手コメントにもありましたが、クラシコに向けてボルテージを上げてるのかそれともピークコントロールなのか、とにかく少しずつ運動量が回復してきてるように思います。
同点に追いつかれるまでは本当に素晴らしくて、なんだか若々しくすら見えました。
横幅を広く使ってビジャレアルディフェンスを引き延ばすことに成功していました。こうなるとグッとゴールまでが近く感じるので何点でも決められるような高揚感を覚えます。
今季1番だったんではないかしら。

見てると面白いのでペドロをしばらく見ていました。
素晴らしいアシストを決めると思ったら、やたらとスルーを狙ってみたりとこんがらがったりもします。アウベスとのコンビネーションはもう一歩という感じがもどかしくて、身をよじってしまいます。
でもそのアシストは壁パスといえばそれまでですが、あんなに完璧な壁パスもないやろってくらいで。
人のために動けるバルサたぶん唯一の男です。

ピケの代わりにセンターに入ったアビダルはペップ曰くスペクタクルで、ニウマールとロッシに当ててくる長いボールをことごとく摘み取っていました。高さでいうと勝つのはわかりますが、スピードとコントロールと小狡さを考えると大仕事だったと思います。
ピケの不在は特に攻撃の組み立て面で感じました。ブスケのロングボールにもう少し精度があればいいんですが、おしい場面もありましたけどちょっと物足りなさがあります。
PUNK ROCKだなんてTシャツ着てる人に遅れをとってはなりません。がんばれブスケ。

バルサ2-0になるはずだったゴール取り消しの後、どんな感じでニウマールにボールが渡ったのか知りたいですね。気が散るのはわかりますが、防ぎたかったところです。
それでも後半はしっかり仕切り直してました。
パスのダイナミクスが軽快だった前半と違って後半はドリブルで攻め入るシーンが多かったように思いました。お陰でファールを貰い追加点を獲ることができました。
常にドリブルばかりだと見飽きますが、こういう変化は楽しいです。


a0088359_6273229.jpg
1点目決まった後モジャモジャになってた〜
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2010-11-16 06:49 | マッチレポート

タイトル 第10節ヘタフェ対バルサ

a0088359_20213257.jpg

Ficha técnica
Getafe: Codina; Pintos, Cata Díaz, Rafa, Mané; Casquero (Parejo, min. 63), Víctor Sanchez (Albín, min. 67), Boateng, Pedro Ríos (Arizmendi, min. 69), Manu y Miku.

FC Barcelona: Valdés, Alves, Piqué, Puyol, Maxwell, Mascherano, Xavi (Sergio Busquets, min. 77), Iniesta, Pedro (Keita, min. 89), Villa (Milito, min. 72) y Messi.

Arbitro: Ayza Gámez (valenciano). Mostró tarjetas amarillas a Cata Díaz, Pintos y Manu del Moral, por parte del Getafe, y a Iniesta, por parte del Barça. Expulsó por doble amonestación a Piqué (min. 68) y a Boateng (min. 79).

Goles: 0-1, min. 23. Alves pasa a Villa. Éste se revuelve en la frontal y ve la incursión de MESSI, le envía el balón y el argentino, con la izquierda, bate a Codina. 0-2, min. 34. Los mismos protagonistas. Alves envía a Messi quien, al primer toque, asiste a VILLA, quien acierta ante puerta. 0-3, min. 64. Error de Cata Díaz al recibir un balón de Codina. Messi presiona al argentino y PEDRO aprovecha el pase para fusliar a Codina en su salida. 1-3, min. 69. Penalty por manos de Piqué y MANU DEL MORAL bate a Valdés.

Incidencias: 8.000 espectadores en el Coliseum Alfonso Pérez.

ヘタフェのボアテングを中心とした中盤のプレスはいやらしかったけど、それを避けて展開することは窮屈ではなかったし、たとえ奪われてもワントップのミクへのパスコースを切ることは難しくありませんでした。
しかも割と人について行ってくれるので、ディフェンスラインが丸見えなんて場面もあって、チャンスを作り易かったです。マスチェラーノとチャビがマークに合ってるのを利用してピケが起点になるなんてシーンが多く見られました。

先制点のビジャ大立ち回りアシストもブラボーだったけど、追加点も良かった。
中盤でチャビが持って前向いた瞬間ビジャペドロが走り出しラインを下げメッシをフリーにする。ビジャとペドロが開いてメッシのスペースを作って、チャビは横のアウベスへ。あとはメッシの貰う前の縦へのフェイクでセンター二枚をグラつかせて抜けたビジャへアシスト。
それぞれが得意としてることを発揮してゴールが生まれると、見ていてとても気分が良いもんです。

前半終わりかけ辺りからヘタフェらしいきつい球際になってきて、アウベスやメッシにガツっと来てその後ろを使われるようになりました。ピケが頑張ってたけど前半でカード貰ってたし、前半戦の真ん中縦一本パスよりはだいぶヘタフェに怖さが出てきました。
その後ボアテングにもカード出たし、3点目も入ったので楽になると思ったんだけど、ピケがドブレってバタバタしてしまいました。ボアテングのお付き合い退場には笑いましたが、頑張ってた2人が退場だなんてお気の毒でした。

コペンハーゲン戦もそうだったけどファーストディフェンスとか遅らせる守備とかがちょっとどうなのかなって場面がチラホラ。特にイニエスタが目に付きました。やっぱちょっとお疲れモードなんですかねぇ。
試合内容もまだまだ相手によるところが大きいかなと思うと不安ですが、それでも全体的には少しずつ良くなってる気がします。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2010-11-09 04:11 | マッチレポート

タイトル (COPA)対セウタ、(CL)対コペンハーゲン

アカン試合多すぎてついてけない。
あちゃこちゃ見てるからなんだけど(^^;
a0088359_152471.jpg
Ficha técnica
AD Ceuta: Nauzet; Aridane, Baigorri, Zamora, David Cañas; Raoul Loe, Modeste, Ormazábal, Villatoro (Gilson Silva, m.44); Javi Navarro (David Torres, m.58) y Berrocal (Seguro, m.33).

FC Barcelona: Pinto; Adriano, Maxwell, Fontás, Bartra; Mascherano, Keita, Thiago (Jonathan, m.87); Jeffren (Nolito, m.33), Pedro y Bojan.

Goles: 0-1, m.16: Maxwell. 0-2, m.25: Pedro.

Árbitro: Ramírez Domínguez, Rafael (Colegio andaluz). Amonestó por el equipo local a Aridane (m.18), David Cañas (m.29)

Incidencias: partido de ida de los dieciseisavos de final de la Copa del Rey disputado en el estadio municipal Alfonso Murube ante unos 6.000 aficionados que abarrotaron el campo

マクスウェル、バルサ初ゴール!ペドロ今季2ゴール目。
ボヤンはバー。ジャフレン肩脱臼(T T)
a0088359_1133354.jpg
☆マークがセウタ。
マラガからヘリコプターで行ったそです。セウタ選手たちがカンプノウに来るときはフェリーとかで渡るんでしょうね〜。大変だ〜。

***

a0088359_21484569.jpg

Ficha técnica:
1 - Copenhague: Wiland; Pospech, Antonsson, Zanka, Wendt; Bolaños (Delaney, min. 90), Claudemir, Kvist, Vingaard (Otessen, min. 89); Gronkjaer, N'Doye.

1 - Barcelona: Valdés; Alves, Piqué, Puyol, Abidal; Xavi, Busquets, Keita; Iniesta, Messi, Villa (Pedro, min. 79).

Goles: 0.1, min. 31, Messi; 1-1, min. 32, Claudemir;

Árbitro: Pavel Cristian Balaj (Rumanía). Amonestó con tarjeta amarilla, por el Copenhague, a Pospech, y por el Barcelona, a Busquets.

Incidencias: Partido de la cuarta jornada del grupo D de la Liga de Campeones disputado en el Parken de Copenhague (lleno).
Anuncios Google

しかしまぁなんだ、癪に障るわコペンハーゲン(^^;
しかも1見たことを10言ってくれるバルサTVゲスト氏のお陰で、障りっぷりも10倍増し。
障りついでにバルサの得点シーンのことボヤいておきます。

ゴール一つ前のプレー。中央でチャビがディフェンダー2人を引きつけ、並走するメッシのマークを一人遅らせて前のビジャにパス。ビジャはサイドバックとセンター1人を引きつけて横のアウベスへ。ほぼマークなしで真ん中に飛び出してきたメッシへの折り返しは合わなかったけど、そのボールをセンターかボランチが処理するのかで少し慌ててました。
このプレーがあったから直後ブスケが持って前を向いた時、バルサの右サイド、さっきと同じようにポジションするチャビ、ビジャにつられ、後ろのケイタのマークがお留守になったんだと思うんだ。
擦り込みをしっかり活用するブスケとケイタの頭の良さから生まれたゴール。決して個人技だけでこじ開けたんじゃないと思うんだけどなぁ。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2010-11-06 21:51 | マッチレポート

タイトル 第9節バルサ対セビージャ

a0088359_21545896.jpg

Ficha técnica:
5 - FC Barcelona: Valdés; Alves, Piqué, Puyol (Adriano, min.65) , Abidal, Sergio Busquets, Xavi (Mascherano, min.60), Iniesta, Pedro (Bojan, min.60), Messi y Villa.

0 - Sevilla: Javi Varas; Konko, Cáceres, Alexis, Luna, Perotti (Zokora, min.46), Renato, Romaric, Capel, Luis Fabiano (Dabo, min.46) y Kanoute (Negredo, min.69).

Goles: 1-0: Messi, min.4. 2-0: Villa, min.23. 3-0: Alves, min.52. 4-0: Messi, min.63. 5-0: Villa, min.90.

Árbitro: Turienzo Álvarez (Colegio castellanoleonés). Mostró tarjeta amarilla a Kanouté (min.21), Puyol (min.28) y Alexis (min.28) y expulsó a Konko por doble amonestación (min.41 y 45).

Incidencias: Partido de la novena jornada de Liga disputado en el Camp Nou ante 81.020 espectadores.

やっとスッキリ勝ちました。点もたくさん入ったしビジャも決めたし。
スタメン見た段階ではイニエスタのインサイド起用を確信できなくなってるので、始まってちゃんとチャビの隣にいるのを確認してすごく喜んでしまいました。やっぱりこの二人+ブスケの展開がいいな。
パスを出しては戻し、サイドに振って戻してまた前に通してみたり。
どうも昨季あたりからシュートまでを意識して速く進めてるように感じるのですが、"まだ打たないの!?"くらいのネチっこいサッカーが私の体質にはあってるんですよね。
今のマドリーみたいにスペースがある中でシンプルにタイトにゴールへ向かうのも素敵なのですが、バルサの場合は大抵スペースがない状態なので、どうも強引にいってるように見えてしまって美しくない。
先制点もそんなゴリゴリな感じで。
でもまあいい。

この日はビジャが右でペドロが左でしたが、それが良かったのか両サイドとも活きてました。
ビジャは右サイドでもどんどん中に入ってくるけどアウベスが埋めるし、右に大きく開いたペドロの前を上がってくるアビダルも効果ありました。もう少しイニエスタと絡められれば最高だったかも。

ちょっと気になるのは疲れを感じるピケとボヤン。
相手から奪ってカウンターの形、中央辺りでメッシがボールを持っていて、右サイドにボヤン。そのボヤンにボールが出たんだけど、もう4点入ってるから出したメッシもちゃんと上がらなかったあのシーン。
あたしはボヤンくんはサイドを縦に上がるんじゃなくて中央をバシーッと上がっちゃえば良いんじゃないかと思いました。
あの状況でいつも通り、練習通りやってちゃアカンと思います。
がむばれボヤン!(・ω・`)o

***

ニューカッスルがダービーで大勝!!
うれし!
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2010-11-02 21:18 | マッチレポート