「ほっ」と。キャンペーン

タイトル <   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧




タイトル CLバルサ対コペンハーゲン

順番テレコしたので簡単に。
a0088359_19495537.jpg

Ficha del partido:
2. Barcelona: Pinto; Alves, Piqué, Puyol, Abidal; Mascherano, Busquets, Iniesta (Keita, min.89), Maxwell (Pedro, min.72); Villa (Xavi, min.72) y Messi.

0. Copenhaguen: Wiland; Pospech, Antonsson, Zanka Jorgensen, Wendt (Larsson, min.89); Vingaard (Bolaños, min.62), Claudemir, Kvist, Gronkjaer; Santin (Zohore, min.74) y N'Doye.

Goles: 1-0, min.20: Messi. 2-0, min.90+: Messi

Árbitro: Stéphane Lannoy (Francia). Mostró cartulina amarilla a N'Doye (min.60), Pospech (min.67) e Iniesta (min.81).

Incidencias: partido correspondiente a la tercera jornada de la Liga de Campeones en el grupo D, disputado en el Camp Nou del FC Barcelona ante 75.852 espectadores, según datos facilitados por la organización. El ex jugador danés del Barça, Allan Simonsen, y el campeón del mundo de Moto 2, Toni Elias, fueron dos de los invitados en el palco azulgrana.

メッシ、イニエスタをフリーにさせる戦術は途中まで良かったと思うんですが、追加点が入らず次第に単調になって相手も慣れてくるっていう相変わらずな感じでした。
ビジャは焦りからスペースを潰しだしたので休ませたかったチャビとペドロを投入。
メッシとイニエスタの起点をフル活用するためには、ライン際で勝負して引きつけなくてはいけないし、スペースも埋めてはいけない。難しいですね。さすがのビジャも簡単にはいかないか。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2010-10-28 12:55 | マッチレポート

タイトル 第8節サラゴサ対バルサ

a0088359_18643100.jpg

Ficha técnica
Zaragoza: Toni Doblas; Diogo, Jarosik, Contini (Marco Pérez, min. 61), Lanzaro, Obradovic; Ponzio, Gabi, Ander Herrera (Jorge López, min. 61), Lafita (Boutahar, min. 76) y Braulio.

Barcelona: Víctor Valdés; Dani Alves, Piqué, Puyol, Abidal; Sergio Busquets (Mascherano, min. 87), Iniesta (Thiago, min. 71), Keita; Pedro (Bojan, min. 74), Messi y Villa.

Arbitro: Pérez Lasa (vasco). Mostró tarjetas amarillas a Lanzaro, Ponzio, Gabi, Lafita y Braulio, por parte del Zaragoza, y a Piqué, por parte del Barça. Expulsó con roja directa a Ponzio (min. 46) por agresión a Dani Alves y también al segundo entrenador del Zaragoza, Nayim (min. 85) por protestar.

Goles: 0-1, min. 42. Keita recupera un balón en el centro del campo y envía a Villa, quien conecta con MESSI. El argentino rompe el fuera de juego y supera a Doblas en su salida. 0-2, min. 65. Centro de Pedro a Keita, quien pone a prueba a Doblas. El meta despeja e Iniesta chuta, pero Jarosik desvía el balón y MESSI, tal como le venía, empalma a la red.

Incidencias: 30.000 espectadores en La Romareda.

コペンハーゲン戦、だいぶ相手のしたいサッカーをやらせてしまった感はありましたが、ペップが拘っているメッシをフリーに戦術がピタリとゴールになりました。
なのに今日はまた違った3-4-3。いやそれを受けてなのかもしれないけど。またアウベスが出過ぎてるだけなのかと思いましたが、だいぶ中にポジションしてたのであらまと思いました。
アウベスは縦に上がって気のないクロスを上げ続ける代わりに、中からグイグイと最前線ゴール前に食い込んでいました。その前にいるペドロはサイドに張り付きっぱなしになってしまい、その後ろはプジョル。中盤がメッシ先頭に4枚いるはずなのに厚い感じにならないし、ブスケが前とかにつり出されてたりするとプジョルサイドのスペースがかなり怖い感じになってました。

後半からピケをサイドに出してV字になることで危うさは改善しましたが、真ん中が菱形って3トップの両側が守備に奔走すること多くて惨いです。
ここんとこの試合もそうですが、この試合もやっぱりなんだか動きが重くて、直前のマドリーの試合と比べて重力がGが違うのかと思うくらいです。
サラゴサ相手に苦戦したのは新システムだったからなのかコンディションのせいなのか。
割合的には後者のような気がするのにイニエスタやペドロにムチ打つようなシステム採用するもんかしら。っていうか疲れが見え、練習時間もあまり取れてないのに新システムって。

試合終盤には前線ほぼ全員足止まってましたよね。
中から外、前に入れて後ろ、などパスを出し入れするシーンが極端に少なかったような気がします。この試合、ダイレクトパス最高何本繋がったかしら。

監督とか選手たちは、開幕からここまでの内容や結果またはこの試合のそれなんかで、何かに対して不変的な決断をする事はないのでしょうから、この試合でみせた3-4-3が予想したどの程度の出来だったかは分かりませんが機能した部分や結果などを大いに評価するんでしょう。
でもアタシはただ見てるだけだしごく単純に楽しい気分になりたいので、明日にでもスーパーなバルサになって欲しいと思うのであります。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2010-10-25 18:07 | マッチレポート

タイトル 第7節バルサ対バレンシア

a0088359_1832951.jpg
Ficha técnica:
2. FC Barcelona: Víctor Valdés; Alves, Piqué, Puyol, Maxwell; Busquets, Xavi (Xavi, min.77), Keita (Abidal, min.87); Iniesta, Villa (Pedro, min.81) y Messi.

1. Valencia CF: César; Bruno, Navarro, Ricardo Costa, Jordi Alba; Albelda, Fernandes, Ever Banega (Mata, min.66), Mathieu (Vicente, min.84); Pablo y Soldado (Adúriz, min.62)

Goles: 0-1, min.38: Pablo Hernández. 1-1, min.46: Iniesta. 2-1, min.64: Puyol.

Árbitro: Fernando Teixeira Vitienes, del colegio cántabro. Mostró cartulina amarilla a Soldado (min.40), Keita (min.55), Albelda (min.71), César (min.89), Valdés (92), Adúriz (min.92) y Navarro (min.92).

Incidencias: partido correspondiente a la séptima jornada de la Liga disputado en el Camp Nou ante 87.995 espectadores, según datos facilitados por el conjunto barcelonista. Se guardó un minuto de silencio antes del inicio del encuentro en memoria de los ex jugadores José Casas Gris, 'Pepín' (Las Palmas y Betis), Juan Carlos Arteche (Atlético de Madrid) y del ex directivo de la Federación Española de Fútbol Agustín Domínguez.

カンプノウ立体パズルを自室の壁にくっつけて飾ってるんですが、ホコリがだいぶ溜まってましてね。
丁寧に掃除しました。
少しは効果あったかなー。

立ち上がりから明らかに元気がないバルサ。出足も遅いしテンポが悪いのでどんどん詰められてしまいます。
調子が良いときは1〜2人ならプレッシャーに感じさせないボール捌きのブスケやピケも前に送るどころかキープすら危ういので、ちっとも前に進みませんでした。
ゴール前に挑めるシーンはイニエスタとメッシとでむりくりこじ開けるかロングボールのみ。いずれもバレンシアディフェンスに中央へ中央へと誘い込まれていたように感じました。アウベスの先とか空いてたんですけどね。
バレンシアは以前のようなきついプレッシング・速い攻めという感じではなくって、割と手数を掛けてきてました。
マテューのサイドハーフ起用が効いていて、彼のパスカットから先制点を作られてしまいました。ゴール前で5人ものバルサ選手が砕かれちゃって。あーあって感じでした。取られるのは時間の問題っぽかったですけどね。
そのあともサイドラインに3人で押し込めたのにバネガにやられてみたり、なんだかなぁって前半でした。

後半頭にイニエスタ発動で攻勢に出れました。
困ったときはイニエスタ。彼のゴールは感動じゃなくて苦悩を焼き付けますよ(^^;
彼はほんとにポリバレントな選手なんでしょうけど、この日の前半(これまでも何度もあったけど)のように右サイドでは目立てません。試合を通して良く言えば良く動く、でも居場所を探してるようにも見えてしまいます。
彼が相手にとってもっとも驚異となる位置で使って欲しい。これはイニエスタだけじゃないけど。
皆まで言いませんが…。

控えめな懐妊セレブレーション。
a0088359_18101221.jpg

どの時点からだったかメッシを殺してビジャをどセンターにしてましたね。
私はこれいいと思うんです。ロングボールの攻撃がバルサらしくないと散々っぱら言われましたが、それはハイボールの話で、走ってるビジャの足元に沿うような長いボールはどんどん使うべきだと思います。前に向き直ったりスピード落とさずにシュートとか得意ですもんビジャ。そのためにはやっぱりセンターの方がいい。そんなこんなでメッシは予てより切望している右サイド復帰ってことでどうですか。

最終的にゲームは少し荒れました。
勝てたのは大きいけど前半はグダグダだったし、せっかくの好カードなのに残念でした。
a0088359_21153976.jpg
イチゴ牛乳


しかしまチャビの存在は大きすぎる。困るなぁ。
でも2点目はプジョルも足広げて上手く体を合わせてたと思うよ!ヘディング上手くなってるよね!
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2010-10-18 18:36 | マッチレポート

タイトル 第6節バルサ対マジョルカ

a0088359_0505797.jpg
Ficha técnica
FC Barcelona: Víctor Valdés; Alves, Piqué, Milito (Jeffren, min. 89), Abidal; Mascherano, Keita (Thiago, min. 65), Iniesta; Pedro (Nolito, min. 78), Bojan y Messi.

RCD Mallorca: Aouate; Ratinho, Crespí, Ramis, Kevin; Martí, Joao Víctor, De Guzmán, Castro (Pereira, min. 70); Nsue y Cavenaghi (Webo, min. 46).

Arbitro: Undiano Mallenco (navarro). Mostró tarjetas amarillas a Kevin, Webo, Aouate, Ratinho y Pereira.

Goles: 1-0, MIN. 20. Pase de Alves a Pedro quien, de tacón, combina con MESSI y éste bate desde la frontal a Aouate. 1-1, MIN. 42. De Guzmán saca el segundo córner del Mallorca y NSUE remata a la red de Valdés.

Incidencias: 79.085 espectadores en el Camp Nou. El Mallorca vistió totalmente de blanco.

先制さえできれば大丈夫だろうと思っていたのでかなりショックでした。
前半のマジョルカは完全に引くことはせず、バルサ中盤の前にはピボーテの2人と最終ラインのみ。しかもプレッシャーも甘く、バルサは何のストレスもなくパスを回すことができたしチャンスもたくさん作れました。点も入りました。あとはボヤンくんが決められたらいいなと。

アワテからのなんでもないフィードが中盤に落ちて、マジョルカ選手が前に送ったボールをゴール左脇でカベナギがダイレクトで折り返して飛び込んだのはカストロ。付いていたのはマスチェラーノだったかしら。簡単に前に入られたし、その後ろでも同じように誰かが誰かの前に入られてました。
これは入らなかったけどその続きのコーナーから失点。
いつだったかキーパーからの1本で失点した試合がありましたが、今回も同じような空気がありました。
バルサらしいと言えるかもしれないけど、ここ数年は返上しつつあったはずなのに。
マスチェラーノを早く慣らしたいけど、組み合わせを考えた方がいいと思います。

前半終了はお通夜のような雰囲気でした。

後半からマジョルカは鍵を掛けてきました。最終ラインは5人、その前に3+1。飛び道具のウェボの投入も効いてました。バルサは早い段階からジリ貧な雰囲気が漂っていました。残り15分くらいからはメチャクチャになりました。

「スタートレック」にボーグっていう生命体が出てくるんだけど、彼らはすべての情報や知識を共有していて、常に全員の声が全員に聞こえる。個人という概念はなくて集合体の利益のみを優先する。すごく強いんだけど一人になると全くダメ。声が聞こえないと不安でしょうがないの。
なんかバラバラになったバルサを見ながら「あ、リンクが切れてる…」とか思ってました。

コンビネーションで得点をあげるのは上手だけど、個人が自分のためだけの動きをして強引に得点を奪うのは結構下手くそ。ひ弱な感じ(ーー;
それでも昨シーズンよりだいぶ楽しいのはなんでだろ。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2010-10-04 15:31 | マッチレポート

タイトル 数珠キター!CL ルビンカザン対バルサ

期待を込めてビジャセンターにしてきましたが折れます(ーー;
a0088359_1252495.jpg

Ficha técnica:
1 - Rubin Kazán: Ryzhikov; Kaleshin, Salukvadze, César Navas, Bocchetti, Ansaldi, Ryazantsev, Murawski, Noboa (Natcho, min.88), Karadeniz (Martins, min.65) y Kornilenko (Sibaya, min.62).

1 - Barcelona: Valdés; Alves, Piqué, Puyol, Maxwell, Mascherano (Messi, min.61), Xavi, Sergio Busquets, Pedro, Iniesta y Villa (Bojan, min.86).

Goles: 1-0: Noboa (p.), min.30. 1-1: Villa (p.), min.60.

Árbitro: Cüneyt Çakir (TUR). Mostró tarjeta amarilla a Salukvadze (min.40), Puyol (min.52), Ansaldi (min.74), Sibaya (min.80) y Piqué (min.90+1).

Incidencias: Partido de la segunda jornada del Grupo D de la Liga de Campeones disputado en el estadio Centralni de Kazán (Rusia).

今年もきたよールビンカザン!
まだ9月末ってことで気温は10℃くらいだったそうですね。
だがしかし、試合はお寒い感じになってしまいました。どっちもどっちのPKで痛み分け。向こうはチクリともしてないでしょうけど。。

前半は崩せた場面もまだありましたが、後半特に同点に追いついてからは低調でした。
先制されてからの残り60分間、多くの時間をハーフコートどころか1/3コートマッチのように圧縮した展開になりましたが、引いて且つこっちの動きに付いてこないディフェンスの相手を前にすると毎度のことですがタッチ数が多くなる。どうしても身構えちゃうんでしょうかねぇ。
スペースはない、人が多すぎる、足元パスのみ。
ビジャは得意の左に開いてチャレンジし続けましたが、ルビンカザンから見て意外性はなかったように感じました。
それにしてもそのビジャを以てしても狭い中でのボール扱いはブスケ以下って。まったくなんて愛おしいんでしょカンテラーノたちときたら。


a0088359_1124816.jpg
オバがロシアにいるなんて存じませんでした。
ドイツでの評価がどうだったか知りませんし、ロシアリーグやお楽しみの方には申し訳ないですが、、、
泣くしかないす・゚・(ノД`;)・゚・
まだ25歳。帰ってきて。プレミアに。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2010-10-02 01:29 | マッチレポート