「ほっ」と。キャンペーン

タイトル <   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧




タイトル 第22節アトレティコ対バルサ

a0088359_17254594.jpg
- Ficha técnica:
2 - Atlético de Madrid: De Gea; Ujfalusi, Perea, Domínguez, Antonio López; Reyes (Valera, m. 86), Assuncao, Tiago, Simao; Forlán (Jurado, m. 81) y 'Kun' Agüero (Ibra, m. 92).

1 - Barcelona: Valdés; Jeffrén (Bartra, m. 60), Puyol, Milito, Maxwell; Sergio Busquets, Xavi (Bojan, m. 77), Keita (Pedro, m. 7); Messi, Ibrahimovic e Iniesta.

Goles: 1-0, m. 8: Forlán culmina una jugada y un pase magnífico de Reyes. 2-0, m. 22: Simao, de falta directa. 2-1, m. 26: Ibrahimovic aprovecha un toque de cabeza de Puyol tras un saque de esquina.

Árbitro: Iturralde González (C. Vasco). Amonestó a los locales Simao (m. 59) y Tiago (m. 68), y a los visitantes Jeffren (m. 28), Maxwell (m. 66), Busquets (m. 74), Puyol (m. 78) e Ibrahimovic (m. 88).

Incidencias: partido correspondiente a la vigésimo segunda jornada de Liga de Primera División disputado en el estadio Vicente Calderón ante unos 53.000 espectadores.

リーガ初黒星。
悔しさから出る皮肉じゃなく正直ようやく結果として出たという気持ちです。
運やら諸々に恵まれて勝ってきたせいか、リードされると焦燥感でまくりですよね。国王杯セビージャ戦同様、攻め急ぎすぎです。
低い位置で奪った時も落ち着いて組み立てることなく縦へ急ぐもんだからミスもでるし、奪い返されてピンチになるし体力も使う。ピッチが悪いのもあったんだろうけど、正確に繋いで結果を待つよりも、ゴール前勝負の数を増やしたい一心なのか放り込んでわざわざイーブンな状態を作ってしまってました。

ゴールって平たく言えば運だと私も思うんですが、辛勝試合はそれで渋々済ませることもできますが、負けた場合はどうしてもそれでは気持ち片付きません。
確率かなって思います。
シュートを何本打つかの確率じゃなくて、如何に成功率を維持したままシュートに持ち込むかだと思います。
最終ラインや中盤で廻してる時、ゴールに入る確率は想像上100%。ひとたびパスを出すとその精度や受け手の走り方やトラップで80%にも70%にも下がっていく。
もちろん全部が全部描いたように進む訳じゃないし、守る相手が居る以上、想像を越えた事が起きないとゴールなんて叶わないのかもしれない。
でもどうやったらその比率を高く維持したままシュートに持ち込めるのかと考えると、やっぱりボールをキープし続ける事だと思います。相手に触らせない。
だからどれだけズラタンが身体能力に秀でていても、競り勝つ確率とその後のプレーに繋げられる確率を考えると、ひどく非効率的だなぁって。

2点取られたって取り返せるはずなのになぁ。
勝てても良かったって内容ではなかったのが若干つらいですね。


a0088359_18443169.jpg
その頭、縁起よくないみたい。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2010-02-15 17:29 | マッチレポート

タイトル 第21節バルサ対ヘタフェ

a0088359_118269.jpg
- Ficha técnica:
2 - Barcelona: Valdés; Maxwell, Piqué, Milito, Abidal; Touré Yayá (Márquez, m.58), Xavi, Keita, Messi, Ibrahimovic (Busquets, m.52) e Iniesta (Pedro, m.90).

1 - Getafe: Codina; Miguel Torres, Cata, Rafa, Mané (Manu del Moral, m.56); Parejo (Casquero, m.64), Boateng, Albín; Pedro Ríos, Soldado y Miku (Kepa, m.77)

Goles: 1-0, m.7: Messi. 2-0, m.67: Xavi. 2-1, m.90+3: Soldado, de penalti.

Árbitro: Teixeira Vitienes (C. Cántabro). Mostró cartulina amarilla a Mané (m.17), Maxwell (m.24), Xavi (m.27), Boateng (m.53), Casquero (m.80) y a Busquets (m.82). Expulsó con tarjeta roja directa a Gerard Piqué en el minuto 25 y a Márquez (m.92).

Incidencias: Asistieron al encuentro 74.859 espectadores, en partido correspondiente a la vigésimo primera jornada de Primera disputado en el Camp Nou. Durante el calentamiento previo al partido se resintió de su lesión muscular Dani Alves, que iba a jugar de titular, y fue sustituido por Maxwell.

チキンヤローからファ○ストク●ヤローに昇格だゴラァヽ(`Д´)ノ

試合。
急遽アウベスからマクスウェルに変更。そのまま右サイドで頑張りました。アウベスは精密検査待ちだけど3週間はかかる見込みらしい…。
替わったマクスウェルは尻込みせず積極的でした。ヘタフェDFをひらりと交わすシーンもありました。この先またいつか右でって事はないのかもしれないけど、なんとか結果を出させてあげたいもんです。

ヘタフェは着実に力を付けてきてる感じでとても嫌なチームです。引くこともなく特に激しくプレスに来るわけでもなかったので、なんだやる気かこの野郎と言わんばかりのメッシのスーペルゴラッソが早々と決まりました。シュートの瞬間、横蹴るんかと思ったよね。その昔アンリがアーセナルであーゆーシュートを決めたことを、そしてそのまた昔シアラーがニューカッスルで同じようなのを決めたのを思い出して、その時と同じくらい驚いてしまいました〜。みんなすごいね〜。

で、やっぱりヤヤが居ると安心感があるしミリートも戻りつつあるし、あとはズラタンだわねやっぱり、なんて思って見てたのに思わぬ展開で苦労する羽目になりました。

ピケが抜けてからヤヤが下がり、前からはイニエスタが下がる。
ヘタフェは奪ってから繋ぎながら人数掛けて攻めてくるので、早いとこディフェンスを足しておいた方がいいんじゃないかしらと思っていたのですが、前半は結局このままでいきました。押し込まれる時間もあったりで、イニエスタの切り返しやメッシのフェイントなど、ディテールで楽しむしかない感じになってしまいました。
でもリードしてるってのが大きかったのは言うまでもないけど、最終ラインにヤヤ含む4人、中盤は底にケイタと天才2人、前に化け物2人。そんなに苦慮する見た目じゃないのが逆に怖かった(笑

そんな手前味噌な私をよそに、ペップは頭ん中フル回転で交替カードを練ったんでしょうかね。
ズラタンに替えてブスケを入れました。本職じゃないマクスウェルとヤヤ、復帰後未フル出場のミリート。調子の良いアビダルは居てもさすがにアンカーまでこないだやってみたケイタでは困る。というかシュートは外れたけど外連味のない飛び出しを見せる彼を海底に沈めておくのは良い事とは思えませんしね。

バルサとしては不当なジャッジで10人だし、一応リードしてるしお客さんも味方だしで免罪符が漂うような空気になりました。その中で伸び伸びしたのがメッシでしたね。ちょっと笑ってしまいました。

ちびっ子2人のカウンターが決まったのに、ヤヤも負傷交替だし最後にマルケスも弾かれてなんだこりゃ。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2010-02-08 01:06 | マッチレポート

タイトル 第20節ヒホン対バルサ

グラミー見てて、マックスウェルさすがに可愛くなくなったと思ってたら、ロバータ・フラックが化けもんになってて笑った。それでも見れて幸せでした。
a0088359_16135862.jpg
Ficha técnica
0 - Sporting: Juan Pablo, Lora, Gregory, Botía, Canella, Rivera, Portilla (Matabuena m 70), Luis Morán, De las Cuevas (Barral m 52), Carmelo (Diego Castro m 57)y Bilic.

1 - Barcelona: Valdés, Pujol, Piqué, Márquez, Abidal, Xavi, Busquets, Iniesta, Messi, Ibrahimovic y Pedro (Bojan m 90)

Goles: 0-1, m.30: Pedro.

Árbitro: Paradas Romero. Mostró tarjetas amarillas a Carmelo (m 10), Lora (m 48), Pedro (m 58), Portilla (m 61), Botía (m 71), Barral (m 75), Messi (m 80), Rivera (m 84) y Pujol (m 90)

Incidencias: Lleno en El Molinón, alrededor de 24.500 espectadores en un partido en el que se realizó una colecta para recaudar fondos para los damnificados por el terremoto de Haití.

この日は最近のジゴロバルサとはちょっと違いましたね。
そうなったのはバルサが良かったからか、ヒホンがプレッシングを選択しなかったからかどちらでしょう。どちらもかしら。
ラインも高く中盤でもボールを持てたし、サイドも深く入り込めました。得点的には落ち着かない展開で、後半なんかはちょっと攻撃に急ぎ過ぎてるような時間帯もありましたが、空気はそれほど悪いものでは無かったように私は感じました。でも結局結果は地味に0-1。上手く行かないもんですよねホントに。

ダニエウが居たらあるいはと思わなくもないですが、彼の単調なクロス、というかどう合わせたらよいか悩んでるようなワンパターンなアシストには少し飽きが来てたので、スリリングなプジョルで気分が変わり、楽しむことができました。

どう合わせたらいいかの的ズラタン。だいぶ表情が冴えず心配です。
この試合では絡むのも難しくなってしまっているシーンもちらほらありました。パスが廻るとセンターフォワードが絡めない点が入らない。うーん。
雑音もボリュームが上がってきてたりして、応援下手の私はどうしたら良いもんかとあたふたしてます。

悩めるスターを尻目に勝ちを呼び込み続けるペドロ。
メッシやイニエスタだって1日で大黒柱になった訳ではないのでまだまだじっくり経験を積んで欲しいですが、左右どちらの足でもゴールを奪う姿は魅力的です。「ちゃん付け」が取れてどれくらいか覚えていませんが、結構保守的な部分も多い私の中でも、既に数に入ってしまった様です。


a0088359_1654192.jpg
意味はないです。ただ面白かっただけで。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2010-02-01 16:43 | マッチレポート