タイトル <   2009年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧




タイトル CL final BARÇA-UNITED 2-0

サッカー=マンUファンのバス暴走、バルサのファン4人が死亡
欧州CLで優勝したスペインのバルセロナの地元で祝賀イベントも参加者の一部が暴徒化
水さすな!ばかやろう!

a0088359_4275677.jpg
2 - FC Barcelona: Valdés; Puyol, Touré Yayá, Piqué, Sylvinho, Busquets, Xavi, Iniesta (Pedro, m.92), Messi, Eto'o y Henry (Keita, m.71).

0 - Manchester United: Van der Sar; O'Shea, Ferdinand, Vidic, Evra, Carrick, Anderson (Tévez, m.46), Giggs (Scholes, m.75), Park (Berbatov, m.66), Rooney y Cristiano Ronaldo.

Goles: 1-0, m.10: Eto'o. 2-0, m. 70: Messi.

Árbitro: Massimo Busacca (SUI). Mostró cartulinas amarillas a Piqué (m.16), Cristaino Ronaldo (m.78), Scholes (m.80) y Vidic (m.90+3).

Incidencias: Asistieron al encuentro unos 72.000 espectadores, en la final de la Liga de Campeones de la temporada 2008-2009 disputada en el Estadio Olímpico de Roma.

En el palco presidencial, el Rey de España, Juan Carlos I, encabezó la representación de autoridades junto con el Príncipe Guillermo de Inglaterra y el presidente del Consejo de Ministros italiano, Silvio Berlusconi. También estaban presentes el presidente del Gobierno español, José Luis Rodríguez Zapatero, y el presidente de la Generalitat de Cataluña, Josep Montilla, además de los alcaldes de Barcelona y Roma, Jordi Hereu y Gianni Alemanno, respectivamente, entre otras personalidades.

録画を見てみました。
生で見た時よりもずっとバルサペースの試合に感じました。チャンピオンの余裕でしょう(笑
いや、でもホントに先制するまでの10分間だけでした怖かったのは。生観戦中、まったくボールが持てなないのを見て「10分待とう。それで落ち着けなかったらやばい」と心の中で唱えていました。エトーのゴール付きとは思いもしませんでしたけどね。
もしこのゴールがなかったらどうなってたでしょう。ユナイテッドの勢いは続いたのでしょうか。
a0088359_435579.jpg
どう喜びを表したらいいのか分からなくなってしまった挙げ句のパフォーマンス。
カッチカチやぞ!! ゾックゾクするやろ!!
(ホントは父ちゃんに感謝を示してるらしい)


あれじゃないですか?エトーサイドで初めての成功例じゃないですか?そりゃメッシは体調良ければどこでも活躍しちゃいますが、彼をセントラルに置く目的をコンプリートする為にはアンリかエトーが成功しなければだめですよね。きっとたぶんエトー初めての成功例だったと思います。
どでかい仕事っぷり、さすがです。

  ハグ3立て↓
a0088359_4555784.jpg
a0088359_456617.jpg
a0088359_4362088.jpg


それにしてもユナイテッドはどうしたもんか。
リーグ優勝は同じタイミングだったし同じように消化試合は休養したし。チームコンディションは確実にユナイテッドの方が上だったし。戦術がはまらなかったとか機能しなかったとかじゃなくて、先制された瞬間からズドンと動きが悪くなり、表情も冴えないように見えた。
CRや後半途中から入ったスコールズのドきついファールがやけに新鮮に見えるくらいでした。
ペップが「気温が高いから余計にボールを回していけ(「うちはボールを持っていなければひどい」とも(笑)」と言ったそうですが、そんなことは常套手段だし端からボールを繋がせたらバルサペースになるのは目に見えているんだから、ペップの作戦が決定打だったとは思えない。
柱谷どっちかが頻りに言ってた「メッシセントラル」は先述したように初めて見せる作戦ではない。ということは当然ファーガソン始め全員が知っている事だったはず、だからそれに面食らったはずはない。

なぜなのだ。
日本語になってるファーガソンやリオのコメントを読んだけど大変潔いものばかりでさっぱり分からん。説明するのも億劫なくらい完敗なのか?
a0088359_448247.jpg
こんな応援をされているようではアカンのかも?


ちっともわかんないのでもっとサッカー眼を持っている方々の考察を楽しみにしています。

↓帰ってきた。船はなしかい?
a0088359_4514068.jpg
a0088359_452224.jpg
きゅん先頭!

a0088359_4524415.jpg
クラーク先生!

a0088359_453846.jpg
おつかれさま

[PR]



by fenomenoblaugrana | 2009-05-29 15:37 | マッチレポート

タイトル チャンピオンズリーグ優勝!!

a0088359_1862392.jpg
起きてみてもホントにホントでした。
となりで「あ˝〜」と呻く人をなだめながらの観戦会、とりあえずの感想です。

試合直前両チームのスタメンを見て、バルサはシウビーニョこそちょっぴり意外でしたが他にやりようがないのでこれで行くしかない。マンUのを見た時は2ボランチだと思ったんですが実際は1ボランチの中盤3人。準決のチェルシーを焼き直しても、チェルシーがやり通せなかったことを自分たちが出来るとは思えなかったのか、それともファイナルに相応しい戦いをしたかったのかは分かりませんが、とにかく両者ラインの高いガチ勝負になりました。

開始直後はマンUの勢いに押されます。
否応にも堅くなるバルサを初っぱなから挫いてしまう作戦です。ここで耐えられたのがエトーのゴラッソを呼びました。軸にヤヤブスケと並んでるのでイニエスタのスタートラインは終始後ろ目です。
a0088359_1814236.jpg
それとこれとが上手く作用した先制点でした。

その後しばらくはあまり覚えていません。際どいシーンもあった気がします。

後半頭から話題(移籍話でなくて仮想試合ウイイレでフルボッコにされた)のテベスがアンデルソンに代わって登場。後になって思うとこれちょっと早かったかもなと思いました。
ここらからいつものバルサ、オリンピコがカンプノウのようになっていました。チャビのポスト直撃FKを経て、パクに代わってベルバトフ参上。
そして2点目、メッシのぱっかーんカベサッソ!
a0088359_1805834.jpg

バルサのいつも通りのパスワークから、前半最初のような展開を引き戻したいからボールを落ち着かせられるベルバトフを入れたのに、2失点目は想定外か、はたまた必然か。とにかくここで私は勝利を確信しました。
a0088359_17495994.jpg

勝利を確信したのは私だけでなく、↑この坊ちゃんもそうだったようで、途中鬼のような縦パスを何度も何度も差し込んできていました。取られたらヤバイ、でも取られない、そんなパスは見ていてクソ面白かったです!

勝った!
にわかセントラルと今シーズン加入セントラルと。
ベテラン過ぎる左ラテラルとしばらくぶりの右ラテラルと。
今シーズントップ昇格のピボッテと。
無理くり間に合わせたインテリオールとエストレーモと、鳴かず飛ばずになりつつあったアタッカンテと。
あと並々ならぬクラックたちと。
今シーズンホントにずっと攻めた。攻めて勝った。3つも勝った。
サイコーだよ。
a0088359_18185688.jpg
a0088359_18191216.jpg
a0088359_18192650.jpg

サイコーだよ。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2009-05-28 18:21 | マッチレポート

タイトル D-day

テンション最高潮になる前に片付けとかなきゃ。。

「残留したいなら邪魔はしない」
オニールのバリーに向けたコメント(正:移籍したいなら邪魔はしない)を都合の良い聞こえ方をしてみましたが、ダメな物はダメでした。ビラは偽コメント通りの内容だったんすけどね。
a0088359_1533252.jpg
4元生中継、迫力ありましたね。さすがJスポ、あそこには到底出来ない神業でした。
そんな事に感心してる場合じゃないのですが、にわか賑やかしサポの私としては酷く落ち込む資格もないので前向きに捉えよーと思います。
出せる膿全部出して戻ってきて下さい。
しかし、なぜだ。リーズ(来季も実3部)につづきニューカッスルまで。あたしが愛した男はなぜ去るのだ。
重いのか、そうなのねあたしの愛が重いのね(←カラ元気)。
コーラでも飲もうっと…(Championshipスポンサー)

a0088359_332377.jpg
↑いろいろ聞きますが去就に関してはまだハッキリしないようです。シアラーって、ウソをつくつもりはないんでしょうが、ひょうひょうとしたコメントが多いので困ります。
ひとつビックリしたのはホナスが残留表明してるらしいってこと。
a0088359_15114613.jpg
a0088359_15115523.jpg
a0088359_15113626.jpg
1- AVFC: Brad Friedel, James Milner, Nicky Shorey, Curtis Davies, Carlos Cuellar, Gareth Barry, Craig Gardener(75'), Stilyan Petrov(84'), Gabriel Agbonlahor, Ashley Young, John Carew(89')
Subs: Steve Sidwell(89'), Nathan Delfouneso, Zat Knight, Emile Heskey(75'), Nigel Reo-Coker(84'), Brad Guzan, Marc Albrighton

1- NUFC: Steve Harper, David Edgar, Damien Duff, Fabricio Coloccini, Steven Taylor, Nicky Butt (c), Kevin Nolan(66'), Danny Guthrie, Peter Lovenkrands(57'), Oba Martins, Mark Viduka(75')
Subs: Tim Krul, Ryan Taylor, Shola Ameobi(75'), Michael Owen(66'), Alan Smith, Jose Enrique(57'), Jonas Gutierrez

Referee: Chris Foy
Attendance: 42, 585

Red Cards : Edgar 90 + 4
Scorers : Duff 38 (og)


a0088359_15345293.jpg
トゥガイが引退です。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2009-05-26 15:35 | マッチレポート

タイトル 第37節バルサ対オサスナ 優勝セレモニー

a0088359_23193357.jpg

途中退場したセブンティーンのマルク・ムニエサに、デビュー戦ちっともホロ苦くなんかなかったさ!
と言ってあげたい。
50分シウビーニョとの交替で左セントラルに入ったムニエサ。ボールを前へ出して向き直る姿なんてカセレスきゅんよりずっと安定感あったように見えました。
ロハったファールはそれに値しなかったのはみんな知ってるし、ペップはキミのために退場になったようなもんだ。他の先輩たちもスレスレだったよ。なによりお客さん全部と言っても良いパニョラーダ。
キミに7万人以上の叔父さんがいるのでなければ彼らはバルサクレで、この日のキミのデビューとプレーとこれからの期待を込めてハンカチを振っていたんだよ。そしてそれを教えてくれるチームメイトがいる。
なんて羨ましいデビューじゃないか。
うちの旦那(仮)は何度か見てるビクトル・サンチェスを覚えていないんだぞ、でもこの先キミがトップチームに正式に参加する日が来た時、きっとキミの顔は思い出すと思うよ。今日の話とアホ面でベンチに座っていたことをね。


途中乱入したのがペップでなくて良かった(^^;
ペップは地中に埋まっていたわ。

0 - Barcelona: Pinto; Víctor Sánchez (Jeffren, min.70) , Cáceres, Abidal, Sylvinho (Muniesa, min.50), Xavi Torres, Hleb, Gudjohnsen, Pedro, Bojan y Etòo (Keita, min.59).

1 - Osasuna: Ricardo; Azpilicueta, Cruchaga, Flaño, Monreal, Puñal, Nekounam, Juanfran, Mosoud (Hidalgo, min.65), Plasil y Pandiani (Héctor Font, min.92).

Goles: 0-1: Pandiani, min.24.

Árbitro: Rubinos Pérez (Colegio madrileño). Mostró cartulina amarilla a Abidal (min.31), Gudjohnsen (min.37), Ricardo (min.64), Bojan (min.71) y Puñal (min.88) y expulsó con roja directa a Muniesa (min.82) y Guardiola (min.84).

Incidencias: Partido de la 37º jornada de Liga disputada en el Camp Nou, ante 77.331 espectadores. Antes del encuentro, Osasuna hizo el pasillo de honor al Barcelona, como reciente campeón de Liga y Copa del Rey.
a0088359_2345454.jpg

a0088359_23484733.jpg
昇天


発揮するピケ

[PR]



by fenomenoblaugrana | 2009-05-25 23:59 | マッチレポート

タイトル 祝勝・祈願

クレのみなさんへ

祝勝は節度をもって楽しみましょう。
物を壊してはいけません、盗むのもダメです。夜通しクラクションを鳴らすのもいけません。
そんなことをする人はクレとは認められませんよ。
(以下メカ翻訳)

A todos Culé.

Disfrutemos la celebración de una victoria con moderación.
Es inútil robar que no debe romper un artículo.No es bueno para tocar la bocina todos a través de la noche.
La persona que hace tal una cosa no se reconoce como la Culé.


聞くところによると、かなり酷いんだそうです便乗して騒ぐ輩の蛮行が。
ラポルタはボイショスノイスをカンプノウから閉め出しましたが、こういう事態への対応ってクラブも何かしているのでしょうかね。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2009-05-21 03:33 | Fútbol四方山話

タイトル 第37節NUCF×フラム

ハルがボルトンに引き分けた−!
最終節ハルは気もそぞろなマンUとです(断末魔
NUFCはビラに負けたら終わり。引き分けてハルが負け、勝ってハルが引き分け以下なら残れます。
0- NUFC: Steve Harper, Habib Beye, Steven Taylor, Sebastien Bassong, Damien Duff, Nicky Butt (c), Kevin Nolan, Danny Guthrie(62'), Jonas Gutierrez(76'), Mark Viduka(80'), Oba Martins
Subs: Fabricio Coloccini, Tim Krul, Ryan Taylor(62'), Alan Smith, Shola Ameobi, Peter Lovenkrands(76'), Andy Carroll(80')

1- FFC: Mark Schwarzer, Paul Konchesky, John Pantsil, Brede Hangeland, Erik Nevland(75'), Zoltan Gera, Danny Murphy (c), Diomansy Kamara, Aaron Hughes, Dickson Etuhu, Clint Dempsey
Subs: Pascal Zuberbuhler, Andy Johnson(75'), Bobby Zamora, Olivier Dacourt, Julian Gray, Toni Kallio, Chris Baird

Red Cards : Bassong 60
Scorers : Kamara 41

Referee: Howard Webb
Attendance: 52, 114

終了後ブーイングでした。5万人のブーイング(泣
イングランド実2部の観客数が増加し続けてるらしいですよ(涙
欧州でそれを越える集客をしているのは、
プレミアリーグとリーガ・エスパニョーラとブンデスリーガだけなんですって(鼻水
来年もシアラー残ってくれるかもね(嗚咽

ホナスのクロスが雑なのは知ってる。でもそれを放ってちっともフィットさせてこなかったのはクラブの責任だろー!
ちくしょー。
とはいえ、バソングが退場した瞬間にホナス下げてコロッチーニを入れダフを前にするべきだったと思います。
でもでもダフが良さを見せていたのだって珍しいことじゃん?

バルサTV PARTIDOで02-03年のCLがやってますね。
懐かしいバルサと輝かしいNUFCとの対戦です。
HDの止ん事無き事情で少ししか見れていないのですが、おいこらショラ・アメオビ!6年前の方が動きがいいってどういう事や!?
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2009-05-20 20:22 | マッチレポート

タイトル 第36節マジョルカ対バルサ 優勝!

試合前に優勝決まりました。
a0088359_024395.jpg

この日サイコーのクライマックスはパシージョとエトーjr.(だよね?)にちょっかい出すきゅんきゅんとマジョルカ選手にお礼をする最後尾アビダル。

エトーの空砲ショーで優勝を祝うというトホホな試合。
(日頃どれくらい見に来てるのかとか知りませんが)このままではエトーjr.は疫病神に!?(笑

勝ち負けはどーでもいいからもっと思い切ったプレーが見たかったですね。
一番張り切ってたのはディモニオ。

a0088359_0105713.jpg

2-Mallorca: Moyá; Martí, Josemi, Ramis, Ayoze; Jurado (Webó, min. 85), Mario Suárez, Cléber Santana, Arango; Keita (Varela, min. 60) y Aduriz (Trejo, min. 91).

1-FC Barcelona: Olazábal; Dani Alves; Abidal, Martín Cáceres, Silvinho; Gudjonssen, Xavi Torres, Hleb; Pedro (Jeffren, min. 83), Eto'o y Bojan Krkic.

Goles: 0-1, min, 10: Eto'o cabecea a la red un centro de Bojan; 1-1 min. 62: Arango, de falta directa; 2-1, min. 78: Cléber Santana marca de cabeza.

Arbitro: Iturralde González (Colegio Vasco). Amonestó a Bojan, Xavi Torres y Ayoze.

Incidencias: Partido de la trigésima sexta jornada de Liga disputado en el Ono Estadi ante unos 23.000 espectadores, la mejor entrada de toda la temporada. Los jugadores del Mallorca abrieron pasillo de honor al Barcelona como homenaje por los dos títulos -Copa del Rey y Liga- conquistados esta semana. Debutaron en el primer equipo azulgrana el meta Oier Olazábal y el centrocampista Xavi Torres. Antes del partido, el Mallorca premió al ex entrenador del equipo, el argentino Héctor Cúper, con la insignia de oro y brillantes del club.

[PR]



by fenomenoblaugrana | 2009-05-20 00:15 | マッチレポート

タイトル COPA DEL REY 決勝 優勝!

まずは1冠、とのんびりしてたら2冠もきた!
a0088359_4301188.jpg

試合。
なんですかここはサンマメスですか?
ものすごいアウェイムード、ほんとこないだのSJP色違いかってくらい赤白縞模様が揺れてました。
ビルバオは予想通り11人地均し屋を揃えてきましたが、バルサが最後方から展開するのは決して珍しくないし、手ぐすね引いて待ってる相手においそれと中盤を造っても損しがちなのは、今シーズンかなり勉強させて貰いました。
ましてイニ・アンリ不在では尚更。絶対に怪我をしてはいけないのなら殊更。ヤヤ=ブスケ=ケイタじゃ更々(オチ)。
何の試練か次々とディフェンサを奪われる中でのヤヤセントラル起用。1対1の強さはチェルシー戦で証明したし、今日もジョレンテとの一発勝負になりかねない。イニエスタまで欠けるこれからの試合、同じ事を求めても仕方ないと切り替えたんでしょう。相手も引いてくるし一番後ろ2人ともから攻撃しちゃえとアンカーとの間も詰めていたように見えました。

コーナーからトケイロのヘッドで先制されたけど、ビルバオのプレスは強まるのではなく連動性が薄れていくし、なによりバルサにミスがそれほどないというかさせられてない。パスコースもある。そうなると最終ラインがハーフェイライン上ってほどにコンパクトだからピケの武器であるスルーパスはラストパスになるし、ヤヤのドリブルから快音も飛び出たりする!
きゅんきゅんファンとしてもグゥの音もでません。
a0088359_459139.jpg

結果。
チェルシー戦を乗り切ったお陰か、比べるとスチール缶とアルミ缶くらいの差があるな〜と思いました。どちらも水は通さないけど、後者はひとたび中身を飲み干してしまえば手でも握り潰せるということであります。
ビルバオが縦一発の怖さを発揮してこなかったのは助かったなぁと思う。

ボヤンくん正夢よかったね。
バイならカンタレホ。

a0088359_4594158.jpg
最後までアスレチックコール。
一人のどアホビルバオファンも居ましたが、その他の人たちはサイコウのビルバオファン。
エトーの先細りは慣れてるのでいいのですが、ローマでは点の取れないアタッカーは不要。どうか爆発をお願いします。

a0088359_4292526.jpg
1 Athletic Club: Iraizoz, Iraola, Aitor Ocio, Amorebieta, Koikili, Yeste, Javi Martínez, Orbaiz (Etxeberría, m.61), David López (Susaeta, m.56), Toquero (Ion Vélez, m.61) y Llorente.

4 Barcelona: Pinto, Dani Alves, Piqué, Touré Yayá (Sylvinho, m.89), Puyol, Busquets, Xavi (Pedro, m.88), Keita, Messi, Bojan (Hleb, m.84) y Eto,o.

Goles: 1-0, m.9: Toquero. 1-1,m.32: Touré Yayá. 1-2,m.55: Messi. 1-3, m.57: Bojan. 1-4,m.64: Xavi

Árbitro: Luis Medina Cantalejo (comité andaluz). Amonestó por el Athletic de Bilbao a David López (m.31) y Koikili (m.36) y por el Barcelona a Touré Yayá (m.22), Messi (m.50) y Keita (m.50).

Incidencias: partido final de la Copa del Rey disputado en el estadio de Mestalla ante 50.000 espectadores llegados de Bilbao y Barcelona con mayor presencia de seguidores del conjunto vasco. Terreno de juego en buenas condiciones.
a0088359_514558.jpg
ぐびっ!

[PR]



by fenomenoblaugrana | 2009-05-18 00:53 | マッチレポート

タイトル 第36節NUFC×お隣

a0088359_14365670.jpg
カモォーーーーーーーン!!

3点も獲れる逆転できる勢いがほんとにうれしかったです。
ってまだ決まった訳じゃないけど、とにかく1勝掴ませて貰えてよかった。
35試合で6回しか勝ててなかったんだから、6試合目で初勝利も仕方なし。

3- NUFC: Steve Harper, Habib Beye, Damien Duff, Steven Taylor, Sebastien Bassong, Nicky Butt, Kevin Nolan, Jonas Gutierrez(65'), Danny Guthrie, Michael Owen /C(70'), Mark Viduka(87')
Subs: Oba Martins(70'), Fabricio Coloccini, Ryan Taylor, Peter Lovenkrands(65'), Kazenga LuaLua, Andy Carroll(87'), Tim Krul

1- MFC: Brad Jones, Justin Hoyte, Andrew Taylor(76'), Gary O'Neil, Marvin Emnes, Afonso Alves(36'), Robert Huth, Mohamed Shawky(69'), Tuncay Sanli, Stewart Downing, Matthew Bates
Subs: Ross Turnbull, Jeremie Aliadiere(69'), Marlon King(36'), Julio Arca, Adam Johnson(76'), Tony McMahon, Jonathan Grounds

Scorers : Taylor 9 Martins 71 Lovenkrands 86, Beye 3 (og)


a0088359_14592150.jpg
SJPはすごい雰囲気でしたね。降格争いでこれはすごいわ。


*** 自分用 ***

40ボルトン  ハル(H)  マンC(A)
40ローバーズ  チェルシー(A)  WBA(H)
38ポンペイ  サンラン(H)  ウィガン(A)
36サンラン  ポンペイ(A)  チェルシー(H) 
34NUFC  フラム(H)   ビラ(A)
34ハル  ボルトン(A)  マンU(H)
31ボロ  ビラ(H)  ハマーズ(A)
31WBA  リバプール(H)  ローバーズ(A)
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2009-05-13 16:10 | マッチレポート

タイトル 第35節バルサ対ビジャレアル

さっき新聞見てみたらCL決勝間に合うかもしれないと出てました。
Iniesta: "Estaré en Roma"
右モモ2cmの肉離れ。
肉離れって何cmとかいう単位なんだ。ほぇ〜
a0088359_059484.jpg
3 - FC Barcelona: Víctor Valdés; Alves, Puyol, Piqué, Abidal; Touré, Xavi (Sergio Busquets, m.84), Keita, Messi (Gudjohnsen, m.89), Etòo (Sylvinho, m.79) e Iniesta.

3 - Villarreal: Diego López; Javi Venta, Godín, Gonzalo, Capdevila; Eguren, Pires (Bruno, m.64), Cani, Ibagaza (Matías Fernández, m.71), Rossi (Nihat, m.64) y Llorente.

Goles: 1-0, m. 12: Keita. 1-1, m.22: Llorente. 2-1, m.36: Etòo. 3-1, m.45+1: Alves. 3-2, m. 78: Matías Fernández, de penalti. 3-3, m.90+2: Llorente.

Árbitro: Fernando Teixeira Vitienes (Cántabro). Mostró cartulinas amarillas a Gonzalo (m.37), Pires (m.37), Godín (m.50), Rossi (m.57), Alves (m.82) y a Matías Fernández (m.87). Expulsó a Abidal (m.77).

Incidencias: Asistieron al encuentro 95.776 espectadores, que llenaron las gradas del Camp Nou, en partido de la trigésimo quinta jornada de Primera. La entrada de hoy es la segunda mejor de la temporada, después de la del partido ante el Real Madrid. La expulsión de Abidal supone que el lateral no pueda jugar la final de la Copa del Rey.

走れないのはある程度仕方がない。
でもボールを失った後のリアクションをもう少し頑張れれば、こんなに追い詰められなかったでしょうね。
そうなればイニエスタの怪我も回避できたかもしれないし。

アンリもどうか分からない、両ラテラルもいない上にmustなイニエスタまで怪我。そりゃ凹みたくなります。てか相当青ざめました。
でも「まだ何も手にしていない」って戒めはチェルシー戦やクラシコ前までの話で、リーガが自ずと獲れる状況になった以上、目標は完全に3冠へ切り替わりました。
蹴散らしてきたチームがいる以上、今「まだ何も手にしていない」と言うのは弱音や言い訳でしかありません。
夢物語じゃなくて舞台に上がってんだから、四の五の言ってられません。
グランフィエスタに向けていざ邁進せよ!
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2009-05-12 02:10 | マッチレポート

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶