タイトル <   2007年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧




タイトル 未だリハビリ中

トイレに飾ったスポルト製のカレンダー。
2007年を締めくくるライカーの笑顔が目に入るたび押さえ切れない感情を押さえる今日この頃、みなさまいかがお過ごしかしら。

なかなか今週分の試合を観る気になれなかったのですが、プレミアがミッドウィーク入れて8試合とか放送してるのでポツポツ見始めました。

マンU×エバートン

あのおじいちゃんっぽいアナウンサーはなんて方なんだろう。
後半だったかな。
ボールがイーブンな位置にあって、どちらがマイボールにするかっていう状況。
『(冒頭から少し変なんですが)うーん!赤かブルーか!、、、うぉーっとブラウンだ〜!』


茶色!?

****

バートンがまた逮捕。。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-12-28 18:01 | マッチレポート

タイトル 第17節クラシコ(カンプノウ)

a0088359_22262442.jpg

慰めがあるとしたら追加点を取られなかった事。
マドリファンの中にも喜ばしくない勝ち方という気持ちがあるんじゃないかという事。
でもあたしがマドリファンだったら大いに誇りに思うね。
相手に欠けていたものを見せつけて勝利を手にしたんだもの。
工夫のないバルサに当然の対応をしただけ、かな。。

幾重にも折り畳みたいレビュー
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-12-26 22:28 | マッチレポート

タイトル 決まりましたね

取り急ぎ。

a0088359_20354270.jpg










英勢は伊勢と。ウシシ
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-12-21 20:38 | Fútbol四方山話

タイトル 準備はよいですか!

a0088359_18342672.jpg

わたしは今年はカヴァ・バルサとベジョータの生ハムにしました。準備万端です。
カヴァは物足りないと不評気味ですが、あっさりしたもん好きの私には・・・
・・・そんな話じゃありませんでした。

肝心の役者が揃わなくなってしまいましたね。。
ハットトリック男がいないなんて。あれもあれで何ていうか変な気分でしたが、やはり居てもらわにゃ。

さて。
バルサファンの皆さんご存知ですか。
ここ最近マドリーは4-3-3なんですよ。ちょっと前からですけどね。クーマンバレンシアは魂とも言えるような選手達が戦力外通告をうけるなど、ちっとも面白くないニュースがありましたが、マドリーはもう少し良いようです。
ディアラをアンカーにスナイデルやらバチスタやらグティやらガゴやらです。スナイデルはファーストチョイスであとはよく分かりませんが、今節はスタメンのバチスタの方が(交替のグティ、ガゴよりも)良かった感じです。

この無骨な中盤3人にグイグイとプレッシャーをかけてボールをキープしましょ。
百戦錬磨のカンナバロは簡単ではないですが、エトーに翻弄してもらいましょ。
髪の毛ぺったりのベテランコンビはえらい好調ですが、その手前のパサーを苦しめましょ。
左サイドのクローンコンビにも手を焼きそうですが、カピタン・プジョーにジタバタしてもらいましょ。

決して結果ほど上手くは行ってないんですマドリーも(も?)。
勝機はある!
てかやるっきゃない!


気になるのはロナウジーニョ。
普通に考えればスタメンはない。出場も危うかったと思う。メッシの離脱で少し変わってきたかもしれませんが。
でもクラシコだ。出ると出ないじゃ大違いじゃないかと勘ぐります。"そんなこと" とも思いますが意外とこういうのってそんなことだったりしますよね。
・・・ここらへんにしときます(^^;




先日マドリー×オサスナを見ていて旦那(仮)がつぶやきました。
「バルサ、クラシコ負けるかもねー」

おいおい。何言ってくれちゃってるんだい?
その平たいオメメがパノラマフィルムのように視界を遮ってるのかい?
「今年もマドリー優勝するかもね」だったら「そうかもねー」と答えるだかもしれないけど、そっちは簡単には同意できひんわ。

たしかにフェノメノの離脱であたま真っ白、お先真っ暗よ。
でもそれはこの先1ヶ月続く事だからであって、クラシコなんつぁ勝ちゃいいんですから。

ネガティブ・クイーンのこの私がここまで前向きなこと羅列してんだからやってよ!勝ってよ!
じゃないと凹むて。すんごいマッチポンプだもの。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-12-21 19:06 | Fútbol四方山話

タイトル 1年

a0088359_5464127.jpg

ほんとにあっという間で驚きます。
もう2008年のバルサソシオカードが届きました。
(公式ページで全プレやってるようですよ。今日(21日)から受け付けです。あとクラシコ用の企画もあるとか)




ソシオ番号が3200番くらい若くなりました。
あと11万ちょいお亡くなりになって頂けると(死なんでもいいが)ソシオ番号「1」も近づいてきます(笑

ワウの特番で正真正銘「1」のおじいちゃんのインタビューがありましたね。
「1」と刻まれたゴールドに輝くカードを見て思わず「おおぅ〜」と唸ってしまいました。


イエロは変わらず若々しいですね。
それにしてもワウの制作スタッフはメタルロックすきなんですねぇ。。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-12-21 05:50 | Fútbol四方山話

タイトル 観戦

a0088359_18305479.jpg
※本文とはなんら関係ありません。


レッズ×ミランを観戦中、「レッズの応援はすごすぎて、ピッチ上の指示が聞こえない事もある。」っていうアナウンスがありました。

私はサッカーはTV観戦するもんだと思っていました。いや今もそう思っています。だって10秒巻き戻しとかできますからね。
そんな私はそんな話を聞くと心配してしまいます。
TV通しても、そして生で見るとより分かるのですが、選手は結構声掛け合ってますよね。フリー、(志村)後ろ後ろ、マイボール、キーパー、とか…。とくにGKとの連携が取れなかったら勝敗にかかわってきます。
それが聞こえない時があるなんて、ファンの方々はどう感じてるんでしょう。とても気になります。

プレミアいち 騒音 応援がボリューミーなサンダランド。
その音は129dB!ジェット機のエンジンをも越えるんだそうです(マジ?)。
それでもしレッズのようなことが起きていたら問題になってると思います。いや正確には起きる事もあるんでしょうが、それはきっと時と場合によったものなんだと思いました。

でも私、歯痒いというか情けない想いをした経験があります。
ちょうど1年前、インテルナシオナルのアドリアーノが後半37分にゴールした直後。
いつもTV通してるから何も出来ないと不貞腐れてるのに、いざって時に声がでませんでした。どんな時も声を張り上げるレッズサポはすごいとも思いました。

準決はスペイン人サポたちが近かったのでつられて暴れてました。。
あぁアタシってつくづく日本人だなぁ。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-12-20 18:37 | Fútbol四方山話

タイトル ビッグマッチ

心地よい緊張感に包まれてるのかと思いや、リラックス。
至極のいちまい。
a0088359_33901.jpg
完全に鼻歌まじりです
カメラが待ち構えてるとは思わなかったんでしょうね


仲良く最少得点

リバプール×マンU、アーセナル×チェルシー共に良いとこ、悪いとこが標本のようにわかりやすく出た試合でした。

カウンター、破壊力ともにまさっていたのはマンU、それでもボールキープ、攻撃回数が多かったのはリバプール。
パスワーク、ゲームコントロールで優位に立つアーセナル、フィジカル、スピードで押し通すチェルシー。

マンUのWボランチのアンデルソンとハーグリーブスは効いていて、そのかわり相変わらず相性の悪さが露呈したファンデルサールとリオ。ニュー・ホッとセットの2人は当然のように手が付けられませんでしたが、C・ロナウドを押さえられていたのが最少失点で終えられた要因でしょうか。前年度の同カードもマンUのシュート数は極少なかったそうなので、リアルな姿勢で臨んだ結果というところなんでしょう。

マスチェラーノとテベスのクロスプレーというシーンは多くはなかったのですが、すごく見応えのあるマッチアップでした。意識してるんだろうなぁって。

ニーニョ。
まだアトレティコに居た頃、アギーレのコメントで「彼にはトラップの練習を重点的にさせてる」というようなのが紹介されてました。アンチの方面からは「そんな基本もできひんのか?」と意地悪言われてましたが、そりゃ違うわ。
ワウのコメントの紹介の仕方が悪かったんだと思いますが、トーレスはトラップさえ上手くいけば、マイボールにさえすればあとはどーとでもなるようです。毎週見れるようになって少し彼のことが分かってきた気がします。
実際のところトラップが目覚ましく成長したようにはまだ見えませんがね(笑
私もバベルとの2トップが見てみたいです。

リバポーのベンチコート、ガンダムの制服みたい。

驚いたのがチェルシーのグラント監督、4年(だったかな?)の契約延長ですってね。倍額に近い金額で(元がどれくらいか存じませんが)。この方ってたしかUEFAのライセンス持ってないようなこと聞いた気がするのですが。でも結局のところ崩れたのは振られた直後だけだったのでそこを買われたのかもしれませんが、、、でもした事って現状維持のみだし、S・クラークとテン・カテ居りゃあそれなりな気もします。

アーセナルはブラボーの一言ですね。"プレミア版バルサ" なんて言ったら色んなところから色んな物が飛んできそうですが、共通点はあると思います。ちびっ子が活躍してるってとことかね。
羨ましいのは守ろうと思えば守れるところ。トゥレとかほんとしょーもない選手だったんですけどねぇ。



ブラウンは、、、要らんなぁ(NUFC
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-12-19 16:47 | マッチレポート

タイトル 第16節バレンシア対バルサ

正直、ワウが持ち上げるほどの試合になるとは最初から思ってませんでした。
アリスメンディの呪いに苦しむバレンシアなどさすがに相手ではないのです。

レビューを書くには今更なので絞って記録。

a0088359_18554162.jpg







えらいことこざっぱりとしたイトゥラルデの笛、バルサボールでキックオフ。
ここんとこ放送なかったしCLは見れないので久しぶりにみたバレンシアは4-3-3になってました。一方バルサはというと完全な4-3-3ではなくてグジョンセンがサイドハーフというよりトップ下と言えるほど中に入った布陣。イニがやや下がり目までカバーするので4-1-3-2とか4-2-3-1とかのように見える。
でもエトーはセントラルだし、メッシは右に張り付いてる。

グジョンセンは中央で前後に動き、バレンシアの中盤と最終ラインに歪みを作っていました。でも守備意識はそれほど言われてないのか高くなく、相変わらず切り替えの遅いヤヤのフォローはチャビとイニ。イニの空いたスペースはアビダルがカバー。
新フォーメーションを自分のものにしきれてないバレンシアはバルサの流動的なフォメに付いてゆけず、(中盤)ユルユルの(ライン)ズルズルでした。

開始3分弱で3回チャンス。マルケスからのフィード、カニサレスのフィードミス、カウンターの2次攻撃で簡単に裏をフリーでとれた。
といってもこれはバルサの手柄とは言いづらいのであんまり参考にはならないですかね。

モリエンテス負傷退場でビセンテin
これでアリスメンディの1トップ、申し訳ないけど勝負あり。
なんて余裕こいてたらメッシも負傷でout、CL最終節でゴルを決めたジオバーニin。そのまま右へ。

後半途中でヤヤout、デコin
エトーout、ボージャンin
たぶん右からジオバーニ、ボージャン、グジョンセン、中盤右からチャビ、デコでアンカーにイニ。
ほぼ流しモードだったので次節の参考になったのかどうか。。

クラシコを万全な状態で迎えられないことにファンとしては恨み節の一つも言いたくなるのは仕方ないよね。まして接触でない怪我ってのはどうもね。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-12-19 03:45 | マッチレポート

タイトル おめでとう

ミランおめ!
なんですが焦点をしぼって。
a0088359_17264113.jpg

セカンドキャリアは牧師さんなんだそうですね。
疎い私にはなんとなくプロテスタントの方が受け入れやすいです。比べて十字切らない分ってくらいですが。
ところでなんで英語なんでしょ。

マルディーニがカカのすごいところはまず並外れたスピードと言っていましたね。
体が大きいからTV画面を通すとムチャクチャ速いっていう風には見えないのですが、速いんでしょう。メッシとかみたいにタッチ数も多く漫画のように足がグルングルン回ってるとすげー速く見えるんですがね。

身体能力的な速さももちろんですが、プレーが速い選手は判断も速い。
ロナウジーニョがメッシをほめる時そう言っていたような覚えがあります。
カカはメッシほどタッチはせず、ボールの軌道を活かすいわゆるブラジル人っぽいドリブルですが、なんていうか縦に跳ねますね。子鹿のようにギャロップしてるように見えます。
ものすごく楽しそうに見えます。

そんなカカに、誰でもカカになれるというアイテムが?!
・・・なれねーよ。てか道で言い寄られるよ、半端なことすると(笑

a0088359_17453441.jpg
残念でした
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-12-17 17:42 | マッチレポート

タイトル 取り急ぎ

a0088359_0415260.jpg
a0088359_037463.jpg



グジョンセンのトップ下っぽい感じも嫌いじゃないので大いに喜びたいところですが、フェノメノが・・・。ガビ、エトーが声をかけてるところをみて覚悟はしていたんですが、1ヶ月とは。。さてどうする?右。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-12-17 00:42 | マッチレポート

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶