「ほっ」と。キャンペーン

タイトル <   2007年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧




タイトル 第9節セビージャ対バレンシア

もう新しいのやっちゃいましたね、間に合わなかったワン。

キケ、最後の晩餐となってしまったセビージャ戦は荒れ放題でした。
あれほど我を忘れるバレンシアの選手を見たのは初めてのような気がします。セビージャの選手が弾けてるのはまったく新鮮味ありませんが。

バレンシアの選手にはイエローが6枚も出てます。アングロは貰ってませんでしたがいつも表情を変えることなくひたむきな印象の彼すらも怒りをあらわにしてました。
CLでのローゼンボリ戦敗退でもキケ解任説はそう声高ではなかったといいますが、当事者たちは体で感じていたんでしょうか。

More
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-10-31 18:26 | マッチレポート

タイトル 新しくないニュース

全カード見てから…とかやってるとすっかり取り残されてしまいますが、めげずに頑張ります。記録ですし。
a0088359_17205578.jpg
Entran a robar en la casa de Messi en Castelldefels
お仲間の情報で初めてしりました。
先週の木曜だか金曜の事だそうです。なんて可愛そうなことでしょう。
引っ越して来たばかりのCastelldefels、バルセロナ市街から少し離れた海岸沿いののんびりしたとこ(建て売りの安い別荘も並んでたり、ロニ宅のような豪邸も並んでたりらしいです)。でもつい先日近所で空き巣が発生していたことまでは情報をつかんでなかったそうで。
自分や家族にとってかけがえのない宝物や色んなもんを盗まれちゃったそうです(- -.)

Para Batistuta "Messi y Agüero no deben tratar de imitar a Maradona"
ワウの中継中言ってた記事。
「素晴らしい成長を遂げた2人ですが常にマラドーナを意識しているようで、もっと最良なものを可能にするためには自分たち自身でなくてはならない」てようなことをおっしゃってます。
もう、ひがんじゃダメ有難いお言葉です。メディアへのいい牽制となってくれると良いですね。


a0088359_172637100.jpg
















                         関係ないけど楽しそうだし。

More
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-10-31 17:34 | Fútbol四方山話

タイトル 第9節マドリー対デポルティボ

メモを取ってない上に録画を消してしまったのでうろ覚えなんですが、放映権問題で正常に放送されませんでした。
前半最初から2分デポルのチスコのゴル、7分のグアルダードがニステル倒してPKニステルのゴルはものすごく荒い画像でゴールシーンスロー再生のみ放送。

そのあと10分くらいから流されたんですがこれまた画像がぼやけてるし、音声は電話回線ということでスキューバダイビングしてるみたいな音でした。その後すぐ10分くらい中断というか映像が飛んで、20分すぎくらいから再開。まったく何がなにやらわかりませんが、WOWOWが頑張ってるのだけは確かでしょう。

More
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-10-30 20:37 | マッチレポート

タイトル アルメリア戦レビュー

a0088359_19591128.jpg

ヤヤとザンブロッタがスタメンに、そしてマルケスもベンチに復帰。
別メニュー練だったメッシはベンチスタートながらも招集。

More
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-10-30 20:06 | マッチレポート

タイトル 第9節バルサ対アルメリア

a0088359_17292261.jpg
とにかく勝てて良かったです。その前に放送あって良かったです。
現地のCGが見慣れた2つとは違ったので、まだ何かやってるのかなぁ。毎週末違う意味でドキドキするのはもう嫌なんだけどなあ。

アンリがどうこうというよりも、この2試合(レンジャーズ戦と)はデコの不在が大きく響いてますね。当然といえばそうなんですが、アンリとロナウジーニョの繋ぎ役が必要な状態っていうのはいつまで続くんでしょうね。

あと、もしかしたらグジョンセンはバルサにおいて中盤の方が活きるのかも。シャドーストライカーというよりも、もう少しよりポスト的な感じで(今のフォメだとあぶれる気もしますが)。
どうもWの方は不憫な感じに仕立てたいようですが、まさか中盤をやっていた事を知らない訳もないだろうし、私が彼を初めて見たのは青いチームが万年4位の頃(ゾラが居た頃ね)で中盤をしてたのでそっちのほうがむしろ違和感はありません。アタッカーから中盤になるのは都落ちみたいに煽られるような気がするのですが、チームによって、そしてその状況によって複数のポジションを担えるのがユーティリティー性が高いという事だし、これはイニエスタがラテラルをするのとは全く違う話だと思う。

最後に。
1対0だからメッシ入れた〜?
なめんなよ。監督する気あんのか?

試合レビューはまたのちほど。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-10-29 17:29 | マッチレポート

タイトル 第8節エスパニョール対マドリー

話題と時間軸テレコしすぎ(> <)

a0088359_18531630.jpg
ごめん、そりゃさすがにキツイわ。

More
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-10-27 18:58 | マッチレポート

タイトル CL第3戦レンジャーズ×バルサ

個人的にようやく追いついたCL。
ゴールはなかったけど失点もなし。以上・・・

で終わってもいいんだけどもう少し。
私もCLの予選リーグは勝ち抜けりゃいいと思ってるほうなんですが、ここで勝ち点3をあげてのちに余裕を持たすか、ここは一先ず流して怪我人の復帰後たたみ掛けるか、ライカーは後者を選択したようですね。去年の事もありますし、心配性な私はさっさと決めて頂きたい気もしますがね。
ま、それも含めて今のバルサの状況での課題が浮き彫りになったような感じがしました。

やる気がないのか気になる事を抱えてるのか知りませんが、ゲームに入れなかったメッシ(その後の練習は別メニューだそうで)とアンリも怪我をしない事が大大大前提だったんだと思うし、気温10℃のアイブロックス・パークでも20分まわる頃には背中びっしょりだったイニエスタやプジョルに感謝しつつ、グジョンセンはパスポート忘れてお騒がせだったにもかかわらず気を吐いて、帰りにはスタンフォード・ブリッジに寄り道して大爆笑するご機嫌っぷり。
プジョルのラテラルがどうっていうよりも(いや、好きですけどね^^)、セントラルの組み合わせ、あれが出来るならもっと早くやってみて欲しかったという感じ。

"フィジカルを前面に押し出すチーム" と名打たれるレンジャーズですがそうでもなかったし、でも最終ラインはやたらとデカくて。すり鉢状のスタンドってのは聞くけどすり鉢ピッチってのはとても便利で、フッチボル・アウチ(だっけ?)みたいで面白い。でもどうして早い芝にあんなに苦戦してたんだろうかと不思議。

東京03のコントじゃないけど、バルサメルマガとかでいい感じ語り口調を先っぽだけ見てしまっていたので、てっきり勝ったんだと思ってたのに、60分すぎた辺りからその思い込みがまっさらになった、ゼロになった。取られる事はないだろうけど、さすがにあんなんじゃ取れないもんなんだね。バラッバラでしたもん。

既に日曜日の練習からヤヤとザンブさんはチーム練習に合流、ついでマルケスも練習に復帰。もうすぐドクターからのGOサインが出る予定だそうで、心機一転がんばりましょ。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-10-27 17:29 | マッチレポート

タイトル ニューカッスル×スパーズ

祝!!
おめでとうジョーイ・バートン
マグパイズ・デビュー!!

プレシーズン中の骨折が癒えました。
まだ裁判中(マンC時代チームメイトのダボを殴って謹慎、その後刑事告発された)で11月にもお務めしなきゃいけないそうで、そっちの傷は癒えたのか存じませんが、彼ほどのギャングスタにはマイナスに影響する事なんか何もないんでしょう。

「マンCには昨シーズンの俺の活躍に感謝してもらいてえよ。俺はもちろん、マイカ・リチャーズやリチャード・ダン(←とも喧嘩した^^;)が踏ん張ったおかげで、プレミアに残留できたんだ。俺たちの活躍がなければ、タクシン会長もエリクソン監督も、マンCに来てないはずよ。昨シーズンは本当に紙一重だった。いくつか重要な試合に俺らが踏ん張ったから勝てて降格を免れたんだ。確かに今シーズンは調子が良いようだけど、あまりはしゃぎ過ぎてえと、痛い目を見るよ。」

でもそろそろ年貢の収め時だと思いますよジョーイ、ビッグサムは "うわて" ですから。
まだ25歳。才能はピッチで証明して、これからは人を傷付けたりしないやんちゃで楽しませて下さいね(^^)
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-10-24 23:40 | マッチレポート

タイトル ヴィラ×マンU

テベスはずいぶん小奇麗になった感じがします。イタリアの某クラブは顔面コードがありそうですが、プレミアにはグッドボーイコードがある。髪は短めになる傾向あり。

この試合、点数も入って楽しかったのですがツボッたのはちょっと違うとこ。
コレのマンU3点目リオのゴールの直後、ヴィラのCKからマンUのカウンターなんですが、ルーニーのスピードにも負けない主審スタイルズさんの運動量。一平さんも驚いてました。

ギグスの3回リフレクトゴルもよかったよ。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-10-24 16:00 | マッチレポート

タイトル グイサ、ヤジられる

Güiza critica a la afición del Recreativo
マジョルカのFWダニ・グイサはレクレアティーボファンの罵声とともに姿を現した。この罵声は、彼をナーバスにするものではなく、自分のモチベーションになるものだと語った。
「ムルシアに降り立ったとき、15,000人のファンが僕のことを“酔っ払い”と罵ってきたんだけど、それは逆にモチベーションになるんだ。もし彼らがそう呼びたいのなら、ずっとそう呼んでればいいさ。だって、口笛を吹かれたりヤジられるってのは分かっていることだからね。でも、それは本当に僕のモチベーションとなっているんだ」とアウェイで戦う気持ちを話した。
(livedoorマルカ・翻訳:堀内和薫)


面白くできてるのでそのままコピペ。
「ムルシアに・・・」の行は過去の思い出を語っていて、こんな事もあったボクなので大丈夫れす、ってことかしら。(キャラ設定メチャクチャ)

生まれはカディス。
99-00から02-03シーズンまでマジョルカのトップチームとBチームを行ったり来たり。そのあとレクレにちょこっといて、その後バルサBにも居た事があるらしい。03年から2シーズンずつムルシア、ヘタフェといて今のマジョルカに至ると。
レクレファンにそんなにヤジられるのは何でだろ。ムルシアでのそれとは種類が違うような気がしてなりません(笑

ま、いずれにしても
a0088359_18431551.jpg
でんでん気にしなあーい

[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-10-23 18:48 | Fútbol四方山話