「ほっ」と。キャンペーン

タイトル <   2007年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧




タイトル ユーロ予選5戦 スペイン対アイスランド

荷物を間違ってカナリア諸島に送られてしまったアイスランド、可哀想に。
さらに、滅多にお目にかかれないマジョルカ島のあれほどの豪雨。
それでかどうかは知りませんが、アイスランドは終始ドン引き。FIFAランキング80位ってそんなもんかねぇ。そこまで差があるのかしらねぇ。

お陰で、こちらも日頃なかなかお目にかかれないバレンシア3選手の常襲を堪能できました。ピッチが子供用プール化していたので、スルーパスから裏へ飛び出す攻めやサイドをえぐって速いクロスからのフィニッシュなどはやりにくそうで実を結びませんでしたが、大味なサッカーにならないところが今のメンバーの良さだなぁ、なんて実感できたりして。

デンマーク戦と比べると左右のバランスもよくなっていたように思えましたが、あれだけ引かれればワイドを大きく使うのは当たり前なんだろうから判断材料にするには少し乏しいか。
代表戦ってこの辺が入れ込めない理由なんですよね、続けてみられない歯痒さが。ハッキリ言ってよく解んないんだもん(棚上げで逆ギレ)

それはさておき、イニエスタは素晴らしかったです。
あんなピッチで縦横無尽に走り回り、ボールが止まる水たまりをしっかりケアしてました。
シュートシーンはドフリーだったんで当然と言えば当然ですが、78分間走り続け息詰った展開で決めるのは尋常な精神力じゃないです、天晴です。

この試合で右肩を脱臼したモリエンテス、チェルシー戦の出場が絶望。。。

***

Maradona, de las 'drogas duras' al alcohol (-_- )

stats,
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-03-30 16:12 | マッチレポート

タイトル 暇だ〜。

リーグ戦が休みで退屈です。
なので暇つぶし。

リーガもとうとう残り10節!
対戦カードをおさらいしときましょ。(合ってると思う)
2冠はいただきだっ!

Jornada 28 - 4月1週
Barcelona × Deportivo

Jornada 29 - 4月2週
Zaragoza × Barcelona

Jornada 30 - 4月3週
Barcelona × Mallorca

copa del ray - Semifinal(Ida) - 18/04/2007
Barcelona × Getafe(Camp Nou)

Jornada 31 - 4月4週
Villarreal × Barcelona

Jornada 32 - 4月5週
Barcelona × Levante

Jornada 33 - 5月1週
R. Sociedad × Barcelona

copa del ray - Semifinal(Vuelta) - 09/05/2007
Getafe × Barcelona(Coliseum Alfonso Pérez)

Jornada 34 - 5月2週
Barcelona × Betis

Jornada 35 - 5月3週
At. Madrid × Barcelona

Jornada 36 - 5月4週
Barcelona × Getafe

Jornada 37 - 6月2週
Barcelona × Espanyol

Jornada 38 - 6月3週
Gimnàstic × Barcelona

copa del ray - final - 23/06/2007
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-03-28 18:35 | Fútbol四方山話

タイトル ユーロ予選4戦 スペイン対デンマーク

デンマークも知ってる人だらけなんで結構楽しめました。
結果はなんとか2-1で勝利。でも危なかったかな。

左側のバレンシアパイプラインのみの攻撃でバランスはかなり悪かったんですが、それでも前半はなかなか良かったんです。イニのブラボーなスルーパスからモリエンテスのスーペルな切り返しからのゴール!見事でした。2点目はビジャのゴール、この男はホントに簡単にやってのけます。

でもトーレス入れてビジャも外したら収まらなくなりました。さらにあの時間帯で190cmFW投入にすっかり押し込まれちゃった。方や、下がってディフェンスしてファールになっちゃうトーレス・・・。

兎にも角にも、首の皮は繋がったので良しとしましょ(←これ、リーグ戦では絶対使わない表現!)。

プジョルは先日、お父さん亡くしたばかりなのに、おじいさんまでも・・・。
おじいさん、ショックだったんでしょうね、息子を亡くしたんですから。
安らかにグランパ、頑張れカピタン!!




stats,
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-03-25 23:07 | マッチレポート

タイトル 第27節レクレアティーボ対バルセロナ(カンパケ)

a0088359_19463468.gif

長老(El Decano)←合ってるかしら^^;
ヌエノ・コロンビーノ盛り上がってます。
「コロンビーノ」の由来は、もちろんコロンブスから。毎年8月には、市内で祝われるコロンブスの出航記念祭の一環として、国内外からビッグクラブを呼んでの親善試合が行われる。今シーズン開幕前にはボルトン、セビリア、スポルティング・リスボンが招待された。(wowow HPより)

サンティ・カソルラが盲腸炎、ハビ・ゲレーロが左太もも負傷。
残念やら、ホッとしたやら。




一方のバルサは4バックに戻しました。さらに中盤アンカーはイニで、DIXトリデンテ!

主審はトゥリエンソ・アルバレス(Turienzo Alvarez、公務員だって)

【結果】
0-4
試合直後の感想とあんまり変わらないかな(→こちら)。
エトーの少しラッキー要素の高いゴールがなかったらどうだったかなとも思ったりしますが、アウェイだし、それほど不満が漏れるような感じにはならなかったんじゃないかと思います。それか、喉もと過ぎればなんとやらか。。。

レビューはこちら!!
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-03-23 19:54 | マッチレポート

タイトル 第27節バレンシア対ラシンサンタンデール

a0088359_17162311.jpg
最終的には「下位チームが上位チームを食った」という意外、私的には内容にそれほどそそる所はありませんでした。
半眼贔屓の私は下克上は楽しくて仕方ないのですが、同時にインフラが整ってるであろうチームがそれをいかんなく発揮してるのも見たいもので、今シーズンはどれだけこんなのを見させられたら気が済むのかしらと溜め息も出ます。

でもそこで光を放つのが、ついつい目で追いかけてしまうムニティス。
一点目のゴールは素晴らしかった。リスタートから大きく展開し、ジギッチが落としてムニティスのボレーシュート。ムニティスは落としてくれると確信してるし、ジギッチもそれを感じてくれてると確信してる。そんなゴールのように見えました。じ〜んと来ちゃうね。クラシコでのメッシの2点目、こぼれ球に反応したメッシを確認したチャビはすかさずシュートコースを開けるの。こういうの堪んないっす(←変態)。
しかしムニティスはよく走る。「MIGHTY MOUSE 2号」の称号を授けましょう。
1号はもちろんジュリ。


a0088359_17185584.jpg

ちょっと、あたしのオリオルに何してくれてんのよ!?
(ビジャです;

デルオルノは相変わらず可愛くて安心しました。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-03-21 17:23 | マッチレポート

タイトル 第27節レクレアティーボ対バルセロナ(+おまけ)

頭の中は迷走中、身体は奔走中につき(前者はいつものことだけど)、とりあえずザっとした感想で。
4バック!フォーバックス!!
よかったぁ、4-3-3に戻して結果でて。これで今ひとつだったらそれこそドツボかもしれなかった。
多くの局面で3-4-3よりもスムーズで良いプレーが見られた。
そんで今節はイニを中盤のアンカーにしてのDIXトリデンテだったのですが、ほんとに素晴らしかった。
イニをアンカーにしてるとはいえ、場合によってチャビが下がり目になって4-2-3-1のように見える時もあった。レクレはカウンターを主とするチームだけに引き気味ではあるのだが、その分速い2トップは決してハーフェイラインから下がる事はない。これをケアしながらバランスよく攻撃に絡むのがイニとチャビ。
そして前線の3人が流動的、もはや可動式なのはいうまでもないのですが、そのつなぎ目のデコのスペシャリティも際立っていた。

エトーの完調も間近。メッシも相変わらずヤバイ。あとはロナウジーニョだ。
この調子で内容を伴った結果をたたき出し続けてくれれば、ライカーが迷走する事なんてないのになぁ。
デコ、骨折(T T)

おまけはこちら♪
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-03-20 00:17 | マッチレポート

タイトル 第27節レクレアティーボ対バルセロナ(+おまけ)

頭の中は迷走中、身体は奔走中につき(前者はいつものことだけど)、とりあえずザっとした感想で。
4バック!フォーバックス!!
よかったぁ、4-3-3に戻して結果でて。これで今ひとつだったらそれこそドツボかもしれなかった。
多くの局面で3-4-3よりもスムーズで良いプレーが見られた。
そんで今節はイニを中盤のアンカーにしてのDIXトリデンテだったのですが、ほんとに素晴らしかった。
イニをアンカーにしてるとはいえ、場合によってチャビが下がり目になって4-2-3-1のように見える時もあった。レクレはカウンターを主とするチームだけに引き気味ではあるのだが、その分速い2トップは決してハーフェイラインから下がる事はない。これをケアしながらバランスよく攻撃に絡むのがイニとチャビ。
そして前線の3人が流動的、もはや可動式なのはいうまでもないのですが、そのつなぎ目のデコのスペシャリティも際立っていた。

エトーの完調も間近。メッシも相変わらずヤバイ。あとはロナウジーニョだ。
この調子で内容を伴った結果をたたき出し続けてくれれば、ライカーが迷走する事なんてないのになぁ。
デコ、骨折(T T)

おまけはこちら♪
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-03-20 00:16 | マッチレポート

タイトル 第26節アトレティコ対デポルティーボ

デボルは重症だなぁ。毎試合見れる訳ではないんで、こうすればいいのにみたいな事を具体的には言えないが、全くパスがつながらない。出るパスもみんな足下。ホアキン・カパロス監督好きなんで、ちょっと切ない。でも切ない試合の方が彼の表情の渋みが出るので、一層切ない(なんだこりゃ?)。
でも、途中からクリスティアンに変わってトップ下にベルドゥが入ってからは少し観られるようになった。バルサのカンテラ上がりなんだってね、この子。でもクリスティアンも惜しいからワントップにすりゃいい(←テキトー)。

アトレティコもなぁ。
ペレアまで怪我しちゃって、CBが底をついたぞ。のっぽ童顔、ゼ・カストロ今節はあんまり目立ちませんでした。(いい意味で)
トーレス。
ダービーの得点で付き物が落ちたか!なんて淡い期待をしてたんだけど、やっぱり淡かった。てんで冴えないの。アギーレ監督に「彼はボールコントロールとドリブルの技術を上げなければ…」みたいな事言われてるんだって。へ?それって今頃言われることなのかしらって感じ。でも的を得てるだけに・・・。

両翼(ペトロフとマキシ)が枕を並べてる間に、フラードが成長してくれました。こういう副産物は嬉しい限り。でも未だに何かが足りないアトレティコ。
今デポルにいるアリスメンディがアトレティコに戻るような話があるそうだけど、いいのかなぁ、アリスメンディで、違うと思うけどなぁ。

デポルはクラブ創立100周年記念で、クラブのラジオを立ち上げたそうです。
今節のラジオ中継は楽しめたのかしら?ラ・コルーニャの方々。
奥寺は「見えない分、よかったんじゃないかな」みたいな事言ってました。えへへ、そうかもね。

stats,
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-03-13 03:23 | マッチレポート

タイトル 第26節クラシコ -カンプノウ-

a0088359_17327100.jpg
3-3
何だか馬鹿みたいな変わったクラシコだったなぁ。
少なくとも私が見てきたクラシコでは、こんな馬鹿みたいなクラシコは初めてです。早い話が点の取り合い、攻撃すりゃ点が入る、攻撃させりゃ点を取られる。
私の中でのクラシコってのは、いわゆるジリジリした感じ。良い所の消し合いで引き締まった時間。
今回はそれとはまったく違う展開でした。
互いのダメな所のお披露目会みたいな感じでした。

解説の野口さんも言ってましたが、4-2-3-1のマドリーに対して、3-4-3はやはりミスマッチのように見えました。ある程度の支配率と主導権を握れていれば魅力的なサッカーを実現できるシステムなんでしょうが、今のバルサには少し荷が重いかもしれません。
あと、何故エトーをセンターにしないのかがよく解りません。リバポー戦もエトーを中にしてる時間帯の方が、スムーズなように感じたのですが。

しかしまぁ、メッシはすごかった。ホルモンが出まくってました。
モッタへのメッセージも胸を熱くしました、カンプノウにもたくさん激励メッセージが掲げられていました。
個人的にも多少の罪悪感を感じていたので、何だかこみ上げるものがありました。
乗り越えてくれ!モッタ、笑顔が見たいです。
【追記】実は金曜にお父さんを亡くした叔父さんとお父さんに向けてのメッセージだったそうです
じょじょさんとこで教えてもらいました)。叔父さんとお父さんのお父さんって事はメッシのお爺ちゃんってことか!?TIOってチアゴの愛称かとすっかり勘違いしてしましました。


ガゴもすごかったなぁ。
マドリーの若い子たち、だいぶ掴めてきました。

なんていうか、支離滅裂なレビューになってます。
チョイチョイ去年のバルサみたいなもの凄さが垣間見れたのは嬉しかったのですが、同時にそれを奮起したのがマドリーってのがね、なんとなくね。
でもお陰で、おごりを認めざるを得なくなったのは良かったのかも。
後ろ向きな感想に聞こえますが、そうではなく、付き物が落ちたような爽快感すらあります。

私はこんな感想です。他の人はどう感じたのか、楽しみ!

stats,
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-03-11 17:06 | マッチレポート

タイトル CL リバプール対バルセロナ 2Leg(+α

やられたわぁ。
覚悟はできてたんで、それほど凹んでません。内容的にもパッとしなかったしね。

気になるのは、ここへきてバルデスの不安定っぷり。
そうですよ、もともとうっかりさんではありますよ。でもここ最近は結構いい感じだったのにね。Jスポの倉敷さんも言ってましたが、後方に後ろ髪引かれる状態ではスーペルな攻撃なんて難しいですよね。攻撃的攻撃的って言われるけど、そんなチームほど意外と守備ありきなんだってのが私の口癖で。バイエルン×マドリーを観ていた時にも同じ事を言われていたので、苦笑いしてしまいました。そりゃ、リバポーやらバレンシアが勝つはずだよな〜ってね。

ライカーの「とんちんかんベンチワーク」面白かったなぁ、最終的な収まりはそこそこ良かったのも含めてね。エトーはもう無理だったのかなぁ、なんでセンターにいる時間帯、あんなに短かったんだろ。

マカーイの10秒ゴールはすごかったなぁ!しかもマドリーボールでのスタートだったのに。思わず、「マッカーイ、スッゴーイ!」って言っちゃった。
ロベカル今季で退団かぁ。。。

stats,
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-03-10 03:12 | マッチレポート