「ほっ」と。キャンペーン

タイトル <   2006年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧




タイトル 第8節ナスティック対レアル・マドリー

終わってみれば1-3
ダイジェストでは解らない、それどころか真逆の演出がこれほどまでに容易に出来る試合もないかもしれない。いや、それをさせてくれるのが最近のマドリーだ。

私はとにもかくにもボール支配率を重視する。
何故なら、サッカーだけでなくスポーツでの成功は体力面も勿論だが精神面の充実がとても大切な要因だと思っている。さらにプロスポーツとなるとシーズン中の試合数は多く、それ以外にも体力を消耗する事柄が多く付きまとう。
となると本分である試合を効率よく気持ちよく勝ち続ける事が、シーズンを無事に良い結果で終える最大の近道になる。

More・・・
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2006-10-31 18:55 | マッチレポート

タイトル 第8節バルセロナ対レクレアティーボ

a0088359_21184060.jpg





ホルケラ チュラム オレゲール モッタ
イニエスタ エスケーロ サビオラ



アルビトロはカリアゲ(=González Vázquez)3試合で24枚もカード出してるバカたれ。

More・・・
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2006-10-30 21:36 | マッチレポート

タイトル 期待大っ!!

嵐が過ぎてバルサへの雑音も収まる・・・、そんなことわざがあるかどうかは知りませんが(^ ^;)、クラシコ敗戦の暴風域から一転してバルセロナは期待感溢れるムードになっています(勝手にそう思ってますがきっとそうです)。

ライカールトが地元カタルーニャ・ラジオの番組インタビューでローテーショーン制は思った効果が出なかったと男らしく認めてくれました。a0088359_17485355.jpg
監督経験が浅いライカールト、自身が有能な選手だっただけにすべてを選手目線にしてしまっていたのでしょう。ですがこれからはチームの機能性を一番に考え、必要ならば適切なローテーションを用いてくれるでしょう。エトーもピチーチ、バロン・デ・オロ共に諦めてないと力強いコメントをしてくれています。

シーズンを追うごとに熟成していくライカーバルサ。ある意味、青い果実の状態での2冠達成。これが今後熟成していくのですから歴史を作るのもそう遠くはないはずです。


ロンドン、マドリーと遠征していたバルサがカンプノウに帰ってきます。
ロニーも休ませるそうですし、大好きなジョーダンと会って元気になったはず!
レクレア、チェルシーと連勝でいきましょう!!
a0088359_17483989.jpg

詳しいライカールト、エトーのインタビューは我らの母艦BlauGranaでどうぞ。


それと。
それでも失意の底から這い出られないバルサクレの方は、クラシコ録画してたらもう一度冷静に観てみて。それほど悪くないのよ、クライフが言うほどにはね。
グジョンセンのシュートが入ってたらわかんなかったって。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2006-10-24 17:57 | Fútbol四方山話

タイトル 第7節Clásico -ベルナベウ-



ロビーニョすげかった、まさに自転車を漕ぐ魔術師。
サビオラとジュリは頭から使った方が良いと思う。後半からじゃスペースがなくジュリのランニング力が活きません。
アイスマンが黒豹なら…と何度も思ってしまいました。アイスマンは悪くはないのですが、何かこう、もっと強烈にボールを呼び込む感じが欲しいです。
ニステルなんぞに取られたのがホントに悔しい。3点4点取られてもおかしくなかったのがなお寂しい。
ライカーは少し頑固にターンオーバーさせ過ぎではないでしょうか。確かにきついスケジュールの中の連戦大一番。移動も考えれば入れ替えた方が良いと思うのですが観ている側としては迷わず調子の良い選手を出して欲しいところです。
そういう意味ではエルゲラとロビーニョにかけたアゴ軍曹の経験が一枚上手だったのですかね。

東京は雨です・・・
不貞寝日和だ。
a0088359_18122515.jpg

CAMBIOS
56' Deco por Giuly      79' Van Nistelrooy por Reyes
65' Gudjohnsen por Saviola  82' Guti H. por Beckham

GOLES
2' Gol Raúl
51' Gol Van Nistelrooy

TARJETAS
55' Zambrotta Tarj. A 20' Emerson Tarj. A
83' Ronaldinho Tarj. A 70' Guti H. Tarj. A
            85' Beckham Tarj. A
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2006-10-23 15:46 | マッチレポート

タイトル クラシコを直前に

大一番を迎えて各方面から真摯なコメントに始まり、信憑性に欠ける記事やガセ紛い、もしくは完ガセな記事も飛び交っております。
地元誌同士の情報戦というなら解りますが、伊方面は黙ってなさいっという感じで。

ラウル「ベルナベウは僕らの本拠地」
カピタンらしい発言です。

ロベルトきんにくん「1−0で勝つ」
酸いも甘いも知り尽くしたベテラン、最後のクラシコか?

我らのミスター
常にクール&クレバー。たまには熱くなって欲しくもある…。

ミヤトビッチの発言とデコの反論はこちら


ないって。
ハイハイ…。




[PR]



by fenomenoblaugrana | 2006-10-22 15:36 | Fútbol四方山話

タイトル ニュースって程でもないが…

アラゴネス監督が2008年まで続投
協会ともめにもめていたからさすがに潮時かと思っていた矢先だったのでビックリしました〜。じっちゃん、頑張れ!!

         ***     ***     ***     ***    ***

ベッカムにナイトの称号授与か!?
"サー"って意外と◯◯なんですかね…。




[PR]



by fenomenoblaugrana | 2006-10-21 20:10 | Fútbol四方山話

タイトル CL予選チェルシー対バルセロナ 1Leg

ヒジョーにチェルシー(=キビシー@財津一郎)!!a0088359_15245480.jpg

2年前でしたっけ?チェルシーに4点取られたのって。
立ち上がりからあの試合を思い出させられるような元気のなさでした。慎重になりすぎたのですかね。取られた1点は事故でもなんでもなく、プレスの甘さの結果です。

アウェイなんですからボールを支配するのが難しいのは承知の上。ならばプレスをしっかりしていかなければいけないのは当然なはず。なのに・・・。攻撃面でも強引さがたりませんでした。

でも相手もちっとも良くはありませんでした。唯一、誤算というか意外だったのはエッシェンの出来の良さですかね。                 
                                 財津一郎
                                 なかったザンス
さて、沈んでる場合ではありません!
プジョルの負傷も大した事はなかったようですし、大魔神エトーのためにも週末は大勝利をあげましょう!!

「起きろー!ロナウジーニョ!!」
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2006-10-20 15:30 | マッチレポート

タイトル 第6節セルタ対バレンシア

a0088359_21382952.jpga0088359_21385341.jpg


主審はカウント伯爵
(=Iturralde Gonzálezイトゥラルデ ゴンサレス)
似てる・・・
カードをいっぱい数えるしね。

More・・・
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2006-10-19 21:48 | マッチレポート

タイトル 第6節ベティス対デポルティーボ

元デポルティーボ監督のイルレタとセビリスタのカパロス、W社が喜びそうな対決です。
しかしまぁ、今年のデポルティーボの2ndユニすごい色だね。
一言で言うと、

   気色悪ぅ・・・

気を取り直して、
ベティスのラファエル・ソビス、そしてデポルティーボのフェリペ・ルイスの両ブラジル新鋭に期待しながら観てました。

More
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2006-10-18 20:16 | マッチレポート

タイトル 第6節ヘタフェ対レアル・マドリー

開幕から50日がチームを熟成させる目安になるだろうと話していたアゴ軍曹(カペッロ)。
今日がちょうど50日目、アゴにとって一つの節目となる試合はヘタフェとのアウェイ戦です。
S.ラモスが出場停止、カンナバロが代表戦での軽い負傷で大事を取ってベンチ。
そんな訳でdefensa centralは初出場のエルゲラとラウル・ブラボ
主審はGONZÁLEZ VÁZQUEZ(カリアゲ)です、皆さん気を付けましょう。

More・・・
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2006-10-17 19:15 | マッチレポート