タイトル カテゴリ:マッチレポート( 616 )




タイトル 第7節クラシコ -カンプノウ

a0088359_18153645.gif
a0088359_18154938.gif
FC Barcelona 2
Real Madrid 2

FICHA TECNICA
FC Barcelona Víctor Valdés; Dani Alves (Montoya, min. 27), Adriano, Mascherano, Alba; Sergio Busquets, Xavi, Cesc (Alexis, min. 61); Pedro, Messi e Iniesta.

Real Madrid Casillas; Arbeloa, Sergio Ramos, Pepe, Marcelo; Xabi Alonso, Khedira; Di María (Essien, min. 87), Ozil (Kaká, min. 80), Cristiano Ronaldo y Benzema (Higuaín, min. 61).

Árbitro
Delgado Ferreiro (vasco). Mostró tarjetas amarillas a los barcelonistas Pedro y Sergio Busquets y a los madridistas Xabi Alonso, Ozil, Pepe y Arbeloa.

Goles
0-1, min. 23, Cristiano Ronaldo; 1-1, min. 31, Messi. 2-1, min. 61, Messi. 2-2, min. 66, Cristiano Ronaldo.

Incidencias
96.589 espectadores en el Camp Nou.

sport.es


観戦会で見たときはまあまあかと思っていたけど、もう一回見てみたらそーでもなかった。助かった感覚は同じでも、さらにもう少しイマイチな感じ。マドリーが思ったよりも良かった。
試合はハイテンションな始まり方をしました。その大部分はマドリーが持ち込んだもので、バルサの監督がホジソンでない限りまさか相手もアドリアーノをセントラルで使ってくるとは思いもしなかったろうけど、彼だろうとソングだろうとすべき事は一緒。先制し、さらに追加点をあげることという感じ。バルサとしても引かずに出てきてくれるのは有り難いんだけど、いきなりは困る。なんにしてもアップテンポすぎるゲームはハラハラします。

マドリーの守備は堅かった。それは前からプレスを掛ける時間帯でも引いた形でも。パスコースを限定し予測を高める。もたもたしてるうちに奪う。一見バイタルエリアにチャレンジできそうなスペースがあっても、うっかり入ると前後から挟まれる。釣られて中央を開けないようにしてるのかサイドはある程度利用できるけど、そこまで来るとカシージャスとディフェンスラインの間に隙間はなく、クロスは高くても低くても通らない。
相手のカウンターは両サイドが起点。どの位置で奪っても比較的それ一点張りなのでこっちもある程度は読める、でも中央が引っ張り出されるのは死を意味するのでサイドの踏ん張りが肝心でした。毎度がっぷり四つな感じ。

雰囲気は五分五分、開始直後にくらべるとプレッシャーが緩くなってきた分、少し気が楽になってきたと思った頃に先制されました。何度失敗しても、そればっかと言われても、1本でも成功すれば相手を黙らせることができる、そんなゴールならばともかく、結構じっくり作り直されて崩されました。直後アウベスに代わってモントーヤ。負傷交代じゃなかったらあれこれ思うとこだけど仕方ない。

バルサはアドリアーノのフォローのためブスケとチャビのポジションが低め。自ずとメッシも下がってくる。攻撃の体は成してるものの、なかなか数的有利な攻撃を仕掛けられずにいました。どっちが勝つかわからない、それはバルサの負けを意味するんじゃねーのか?ポテンシャルでよ?とふと思ってしまいました。そんなあたしのホッペを引っぱたいたのがメッシくん、ではなくペペ。目を覚ましてくれただけでなく、先制してから一気呵成に攻め込んできてたマドリーにも冷や水となったのでした。素敵でした。
結果論だけどこの試合、ゴールが展開を大きく変えるという感じではなかった(ファールはその一つになってたけど)と思うんだけど、それをさせなかったのがかすり傷一つで終えられた要因かもしれないですね。ベンゼマのあれが決まってたらまったく違ってたでしょうけど。

後半。前半よりも動きが乏しいバルサ、3人目のアクションが感じられない。
試合が動いたのは60分あたり、メッシのゴラッソそして選手交代。互いによりライン裏を狙えるような選手交代だったのはとても印象的でした。この辺から若干スタミナの切れ始めたマドリーの中央が開き始めました。お陰で何度かまた良い位置でファールを取れたのであわよくばと。そのくらい鮮やかなゴールでしたから。

なんつってたら前半のお返しとばかりに直後にロナウドのゴール。頑張ってたアドリアーノがラインを上げきれずオフサイドを取り損なってたようです。アシストをしたエジルの体がちょっと開いていたので、もっと外に向かってパスがでると思ったのかしら。モントーヤとマスチェラーノの背後から飛び出すロナウドへ彼らの目の前をスルーパスが抜けていきました。

あとは伝家の宝刀3バックにしろ!とかビジャ入れれ!この時間にカカーとかエッシェンとかなんなのよ!とか思いながら、モントーヤとかペドロの頑張りにワーワー言ってるうちに終わってしまいました。総じてだいぶ大人しかったかなという感じ。鬼のようなプレッシャーやビルドアップも見られず。交替カードを残して終わった理由があったんだろうけど、最後の最後ペドロのがビジャだったらなー!って思ってしまいました。

アウベス3週間K.O.って(TдT )



[PR]



by fenomenoblaugrana | 2012-10-09 18:17 | マッチレポート

タイトル CL ベンフィカ対バルサ

a0088359_1034157.gif
a0088359_1035447.gif
Benfica 0
Barça 2

FICHA TECNICA
Benfica Artur; Maxi Pereira, Jardel, Garay, Melgarejo; Matic, Enzo Pérez (Pablo Aimar, min.59), Nico Gaitán (Nolito, min.74), Salvio, Bruno César (Carlos Martins, min.45); Lima.

Barça Víctor Valdés; Dani Alves, Puyol (Alex Song, min.77), Mascherano y Jordi Alba; Sergio Busquets, Xavi Herández y Cesc Fábregas (Iniesta, min.71); Pedro (David Villa, min.81), Alexis Sánchez y Messi.

Árbitro
Cüneyt Cakir (TUR) expulsó con roja directa a Busquets (min.87) y amonestó a Fábregas (min.18), Pedro (min.28) por el Barcelona; Bruno César (min.37) y Carlos Martins (min.84), Matic (min.85) y Jardel (min.88) por el Benfica.

Goles
0-1, Alexis Sánchez (6). 0-2, Cesc Fábregas (55)

Incidencias
Segunda jornada del grupo G de la Liga de Campeones disputada en el estadio lisboeta de La Luz frente a unos 62.000 espectadores (casi lleno)

sport.es


あまりのショック映像に頭ん中まっ白になっちゃった。
あんなんなって骨折だったらだいぶ大変だったんじゃないかと思うから、脱臼で良かったのかな。
以前ペップが怪我の多いサンチェスに怪我を回避する術を学ぶように言っていたけど、プジョルにも少しだけそう言いたい。ほんの少しそうしたからってプジョルらしさは損なわれない。一日でもながく現役でいてほしいのよ。

試合のことを少しだけ。
スタジアムのお客さんはずっとバルサに向かってプレッシャーを掛け続けていたけど、ベンフィカ選手たちはちっとも掛けてこない。日頃のベンフィカを知らないでこんなこと大変失礼だけど、守備はほんとに酷かった。リーグで強いチームらしいから、守備したことないのかも?ってくらい。
お陰でパスコースは常に複数ある状態で、それはバイタルでもボックス内でもさほど変わりなく、バルサは無理せず確実性のある攻撃を粛々と進めてる雰囲気でした。両ラテラルも大人しく、派手さはなかったけど省エネで勝てたのは何より。よって今回は終盤のトランスフォームもなし。
いつだったか、相手マドリーだったかのベンフィカ戦を見たときも、同じような感想だった気がします。それなら最初からアイマールをって。



[PR]



by fenomenoblaugrana | 2012-10-04 10:06 | マッチレポート

タイトル 第6節セビージャ対バルサ

a0088359_15191995.gif
a0088359_15193759.gif
Sevilla 2
Barça 3

FICHA TECNICA
Sevilla Palop; Cicinho, Botía, Spahic, Fernando Navarro; Maduro; Jesús Navas, Medel, Rakitic (Kondogbia, m.76), Trochowski (Manu del Moral, m.38); y Negredo (Luna, m.80).

Barça Valdés; Alves (Villa, m.79), Mascherano, Song, Jordi Alba; Xavi, Busquets (Thiago, m.76), Cesc Fábregas; Alexis (Tello, m.70), Messi y Pedro.

Árbitro
Antonio Miguel Mateu Lahoz (C. Valenciano). Expulsó con roja directa al sevillista Medel (m.72), por agredir a un contrario, y al técnico Míchel (m.89), por protestar tras el empate a dos del Barcelona. Amonestó a los locales Rakitic (m.28) y Botía (m.95), y a los visitantes Busquets (m.70) y Mascherano (m.75).

Goles
1-0, M.26: Trochowski. 2-0, M.48: Negredo. 2-1, M.53: Cesc Fábregas. 2-2, M.89: Cesc Fábregas. 2-3, M.93: Villa.

Incidencias
Partido de la sexta jornada de la Liga BBVA disputado en el estadio Ramón Sánchez Pizjuán, que rozó el lleno con casi 45.000 espectadores. Césped en perfecto estado.

sport.es


またしても大逆転で大盛り上がり。何試合目でしょうかね途中3-4-3にして何とかしちゃったのは。これも悪くないんだけど横綱サッカーが恋しい今日このごろです。

試合は頭とお尻がバルサ、中程はセビージャがそれぞれ良さをみせてました。セビージャの守備は堅そうに見えて、スピードがないってんじゃないんだろうけど読み予測が驚異的という感じはなく、体を張る守備をさせないような攻撃を仕掛けるとわりと崩せる。そのかわり少しでもパスの出し手を探すように持ってしまうと阻まれてしまいます。
奪ったあとのセビージャはナバス、ネグレドへダイナミックに展開。そんなこたぁ百も承知なんだけど、それでも防げない。ナバスに関してはアルバがほぼ100点の守備で止めていたけど、新人(ソング)含む急造ディフェンスは何度か混乱する場面がありました。素人目にもはっきり分かるようなお粗末っぷりもね。

気のせいかこの試合ブスケの位置が高かったような気がしました。お陰で中盤が厚く、セスクもいいポジション取りに集中できたようで良かったんですけど、反面ブスケ後ろのスペースにソングが釣り出されるシーンも多く、ナバス、ネグレドにラインを下げられてるのもあったんでしょうけど、だいぶヒヤヒヤしました。マスチェラーノもソングもたぶんカバーリングタイプのディフェンダーなんですかね。バルサ本来(?)の姿って気もしますが、セビージャ相手(もしくはマドリー相手)に強気というか見てる方はただただ恐ろしい。

審判のジャッジは全体通して基準が曖昧でしたよね。アップテンポなゲームだったので手入れは最小限という感じは良かったと思うんですけど。っていうか早く誰か不慮の事故装ってタックル見舞って、かわいこちゃん(4審)と替わったらよかったのさ。



[PR]



by fenomenoblaugrana | 2012-10-02 15:21 | マッチレポート

タイトル 第5節グラナダ対バルサ

a0088359_17594871.gif
a0088359_180068.gif
FC Barcelona 2
Granada CF 0

FICHA TECNICA
FC Barcelona Valdés; Alves, Song, Mascherano, Adriano (Tello, m.73); Busquets, Thiago (Xavi, m.53), Cesc; Alexis, Messi y Villa (Pedro, m.53)

Granada CF Toño; Nyom, Íñigo López, Borja Gómez, Siqueira; Iriney, Mikel Rico, Orellana, Torje (Juanma Ortiz, m.66); Brahimi (Jaime, m.75) y Floro Flores (Al Arabi, m.58).

Goles:
1-0, m.87: Xavi. 2-0, m.90+2: Borja Gómez, propia puerta.

Árbitro:
del Cerro Grande (Col. Madrileño). Mostró cartulina amarilla a Floro Flores (m.24), Toño (m.45) y a Borja Gómez (m.72).

Incidencias:
Asistieron al encuentro 65.834 espectadores en partido de la quinta jornada de Primera División disputado en el Camp Nou.

sport.es


大相撲秋場所終了につき燃え尽き状態ですが頑張っていきます。
非常に悶々とする試合でしたね。もし、シーズン序盤で監督なりたてでまだちょっと色々固まってないんだよというんじゃなければ、ティトはライカーバルサみたいなのを考えてる感じなのかしら。悶々感もそっくりだし。
昨季までの中央固執から、よりワイドを意識する組み立てのようにみえます。メッシがつまんなそうになっちゃうのがその証拠といいますか。
横または後方からのクロスもかなり多かったです。が、今回はことごとくブロックされてました。よほどのキラーパスじゃないかぎり落下点に入るのはディフェンダーの方が巧いし、それでも背があれば張り合いにもなるんでしょうけど、なにしろ小さい巨人揃い。いや、ハイボール処理にミスのなかったグラナダラインを褒めることにしよう。

それでも前半の前半は一応そういう規則性も感じられたんだけど、ハーフタイムが近づくにつれ段々とバラバラになってしまってました。
後半頭から修正して欲しいくらいだったけど、そのままのメンバーで戻ってきたバルサはプレーもそのまんま。ほどなくビジャ、チアゴに替えてペドロ、チャビを入れて多少立て直した感じはあったけど、何とかなりそうな予感がし始めたのはテージョが入るあたりから。なんだろねぇこのテージョって子は、スピードがあるのに限定された範囲でのプレーの方が良さを感じさせるんですよね。
彼も含め揺さぶりを続けた先にはチャビのゴラッソが待ってました。決まった瞬間ベッドから起き上がろうと思ったけど、あまりに決めた本人が喜び爆発してるので出そびれるほど、すてきなゴールでした。

メッシくん、ビジャと言い合ってましたね−。
不仲説とかあった(よね?)けど置いといて、メッシがあれだけ遠慮なく要求できるということは、ビジャがそれだけのコンディションになってきたということでいいんじゃないかしら。



Electro Voice Sings Sly Stone - Syunsuke Ono
¥1,500

2回目くらいには割りと違和感なく聞けます。
チェケラ!

[PR]



by fenomenoblaugrana | 2012-09-24 18:07 | マッチレポート

タイトル CL バルサ対スパルタク

a0088359_2040128.gif
a0088359_20401222.gif
FC Barcelona 3
Spartak Moscú 2

FICHA TECNICA
FC Barcelona Víctor Valdés (Alexis, min.63); Alves, Piqué (Song, min.12), Mascherano, Adriano; Xavi, Busquets, Fàbregas; Pedro, Messi y Tello (Villa, min.74).

Spartak Moscú Dykan; Kirill Kombarov (Makkev, min.46), Insaurralde, Suchy, Dmitri Kombarov; Kallstrom (Jurado, min.77), Rafael Carioca; McGeady, Romulo, Ari (Dzyuba, min.83); y Emenike.

Árbitro
Milorad Mazic, de Serbia. Mostró cartulina amarilla a McGeady (min.31), Song (min.34), Kallstrom (min.42), Emenike (min.44), Romulo (min.75) y Suchy (min.77).

Goles
1-0, min.13: Tello. 1-1, min.29: Alves (p.p.). 1-2, min.59: Romulo. 2-2, min.72: Messi. 3-2, min.80: Messi.

Incidencias
Primera jornada correspondiente al grupo G de la fase de grupos de la Liga de Campeones, disputado en el Camp Nou ante 73.580 aficionados.

sport.es


マドリーをマッチポンプ呼ばわりしてたらこっちもこんなことになっちゃった。
序盤はよかったんですよね。中央を固めてきてるとはいえ、だいぶ緩いスパルタクのサイドを効果的に攻めて先制しましたし。オウンゴール(2試合連続!?)で追いつかれたけど、ボールは充分すぎるほど持ててたし時間もたっぷり残ってました。
気合いの乗ってる相手FWのエメニケのケアを間違わずに進めれば問題ないと思ってたんですが、さすがのエメリは後半からしっかりサイドを修正し、カウンターの人数を増やしてプレッシャーを強めてきました。

後半。冷静にすすめることは大事だけど、凌がれるムードのままではどうにもならないなぁと思っていたら、アウベスに替えてサンチェスが登場。ただでさえピケの離脱でソング初センターバック、展開によっちゃ3バック、あとはブスケに下がって貰うディフェンスラインだというのに、攻めるのねティトも。それだけソングの能力を買ってるということかしら。

でもその交替はピタリときました。どこかで無理しないと打開できない展開、サンチェスの有難味を再確認しましたよ。裏に抜ける、相手を引きつける動きでだいぶメッシとセスクが動ける隙ができていました。さらにビジャで押す。最終的には停滞感はまったくなくなっていました。このスクランブルがいつも功を奏すとは言えないし、もっと楽に勝って欲しいけど、ティトが言うようにこういう試合は今後役に立ってくると思う。というかディフェンスラインは今後どころじゃないんですけど・゚(゜´Д`゜)゚・



[PR]



by fenomenoblaugrana | 2012-09-21 20:47 | マッチレポート

タイトル 第4節ヘタフェ対バルサ

a0088359_8214813.gif
a0088359_82202.gif
Getafe 1
FC Barcelona 4

FICHA TECNICA
Getafe Moyá, Valera, Lopo, Alexis, Miguel Torres, Xavi Torres, Michel (Lacen, m.68), Abdel Barrada, Diego Castro, Pedro León (Sarabia, m.78) y Adrián Colunga (Álvaro Vázquez, m.60).

FC Barcelona Víctor Valdés; Montoya, Piqué, Puyol (Mascherano, m.57), Adriano, Busquets, Xavi, Thiago (Messi, m.59), Tello (Villa, m.76), Pedro y Cesc Fábregas.

Árbitro
Teixeira Vitienes, del Comité Cántabro. Mostró tarjeta amarilla a Busquets (m.23), Piqué (m.37), Michel (m.61), Valera (m.62)

Goles
0-1, m.33: Adriano; 0-2, m.74: Messi, de penalti. 0-3, m.78: Messi; 1-3, m.80: Mascherano, en propia puerta. 1-4, m.90: Villa.

Incidencias
Encuentro de la cuarta jornada de Primera División disputado en el Coliseum Alfonso Pérez de Getafe (Madrid) ante unos 10.000 espectadores.

sport.es


代表戦とCLに挟まれた試合、特筆すべきはメッシのベンチスタート。
ああまたセスクがディスられる(あたしもだけど)のかと思いましたが、待ちに待ったチアゴの復帰がそうはさせてくれませんでした。まだ本調子ではないでしょうに、それでもだいぶ張り切っていて、メッシと交替するまでキーマンとして攻撃を引っ張っていました。

試合立ち上がりはヘタフェが割りとアグレッシブにプレスをしかけ、徐々にバルサがボールを持つ展開。けれどバイタルエリアの外で回す時間帯が目立ち、多く崩しきることはできませんでした。アウベスもアルバも欠いていたけど、代わりを務めたアドリアーノとモントーヤの出来はよかったと思うし、中盤とセスクの関係も機能してたように思うんですけどね。そのセスクはやっぱりこういう形、シャドー的な感じが今のところ一番しっくりくるのかしら。パートナーが必要な感じ。その上で自分でも結果を出せれば(あたしの)文句も減るかしら。

試合はいつも通りって言っちゃなんだけどメッシが入り、ペドロとテージョのポジションをテレコしたあたりから変態的になりました。
最後はビジャ。解説もビジャらしいと言ってましたがホントそんな感じ。抜け出して受けるボールはいとも簡単にゴールネットに突き刺しちゃうのがビジャですもん。
a0088359_823191.jpg


なんか緑のユニ着たとこが転けましたね。試合もだいぶ残念な感じでした。セビージャがノリノリでしたけども。あとアーセナルがおもしろいよ。カソルラとても良い感じ。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2012-09-19 08:23 | マッチレポート

タイトル 第3節バルサ対バレンシア

a0088359_1431121.gif
a0088359_14312364.gif

FC Barcelona 1
Valencia CF 0

FICHA TECNICA
FC Barcelona Valdés; Alves (Jordi Alba, min.45), Piqué, Mascherano, Adriano; Song, Xavi, Cesc (Iniesta, min.64); Pedro, Alexis (Busquets, min.87) y Messi.

Valencia CF Diego Alves; Pereira, Víctor Ruiz, Ramí, Cissokho; Albelda (Gago, min.76), Tino, Feghouli (Valdez, min.80), Guardado (Jonathan Viera, min. 76); Jonas y Soldado.

Goles
1-0: Adriano, min. 22

Árbitro
Miguel Ángel Pérez Lasa (Comité Vasco). Amonestó a Gerard Piqué (min. 12), Guardado (min.28), Albelda (min.63) y Ramí (min.88)

Incidencias
Encuentro correspondiente a la tercera jornada de la Liga BBVA, disputado en el Camp Nou ante 76.352 espectadores.

sport.es


バレンシアがゴリゴリプレッシャーってんじゃなかったのに、いまいちコンパクトに進められなかったです。
じゃあなにか目に見えて良くなかったかと言えばそうでもないの。攻撃にあんまり厚みを感じなかったせいか、決定機が少なかったせいか、その絶好の機会も逃したからなのか。
前半はそこそこ良かったと思います。終盤はバレンシアの焦りに助けられた感じがありますが、1-0のままかなりトーンダウンしたのはマドリー戦の疲れもあってのことだろうし、バレンシア相手に完封できたんだからなによりだよね。

スタメンのソング、チャビ、セスクの組み合わせに興味津々で、おもにそこばかり見てました。
いってもソングですからね、アンカーポジションに違和感はありません。まだまだコンプリートに努めてる感は強いですけど、守備面は文句無し。あとはどれだけ起点になれるか。ベンゲル仕込みの速いやつ早く見たいです。
セスクはどうでしたか。私はまだ見えませんよ。
単純なもんでゴール決めてくれてたらまた少しは違ったんでしょうけど、なんかこうメッシのマークを剥がすのに一役買えてないというか。いや買って出てはいるんですけどね。メッシもいまいちだったので、少し難しかったのかもしれないですけど。
替わってイニエスタが入っても全体的なブラッシュアップはなりませんでしたね。彼自身もなんとなくいつもの彼じゃない感じがします。コンディションは悪くなさそうなんですけど、反応がやや鈍いというか、周りに気付いてないときがちらほらあるんです。らしくなさすぎ。

でもほんとに3連勝だなんてね。その調子で徐々に変態ぷりを発揮してくれるのを大人しくまってます。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2012-09-04 14:36 | マッチレポート

タイトル スーペルコパクラシコ -ベルナベウ

a0088359_1349417.gif
a0088359_13495839.gif
Real Madrid 2
FC Barcelona 1

FICHA TECNICA
Real Madrid Casillas; Arbeloa, Pepe, Sergio Ramos, Marcelo; Khedira, Xabi Alonso; Di María (Callejón, m.79), Özil (Modric, m.83), Cristiano Ronaldo; e Higuaín (Benzema, m.81).

FC Barcelona Víctor Valdés; Dani Alves, Piqué, Mascherano, Adriano; Busquets (Song, m.75), Xavi; Iniesta, Pedro (Tello, m.81), Alexis (Montoya, m.32); y Messi.

Goles
1-0, m.11: Higuaín. 2-0, m.19: Cristiano Ronaldo. 2-1, m.44: Messi.

Árbitro
Mateu Lahoz (comité valenciano). Amonestó a Pepe (20), Arbeloa (37), Khedira (63) y Xabi Alonso (74) por el Real Madrid; y a Mascherano (14) y Piqué (50) por el Barcelona. Expulsó a Adriano por roja directa en el minuto 28 por derribar a Cristiano cuando se marchaba solo.

Incidencias:
partido de vuelta de la Supercopa de España disputado en el estadio Santiago Bernabéu ante la presencia de 83.000 espectadores. Lleno.

sport.es


相手がこうくるのは分かっていただけに悔しい。
展開的にここ何試合かのクラシコと似てるし、少なくとも対バルサ大綱は完成してるんだというマドリーの自信を感じさせられてしまいました。なぜかアナウンサーは初見のように言ってたけど、この日のエジルのように中盤でメッシやイニエスタをみるのは、たしかに初期からではないけどこの試合に始まったことではないし、カランカが言うように2年間やってきたことをものに出来てるんだと思います。それぞれの時間軸といっていいのか、チーム状態の違いをちょっと感じた気がします。バルサファンとしてはエラーで落としたと思いたいけど、それが全てではないです。

アウベスのアクシデントがあったとはいえ、前半は衝撃的なものでした。でも10人になった時点で最後まで貫き通したフラグが立ってしまったので、モヤモヤすることはありませんでした。成長著しいマドリーだけど、先制すると弛緩するのは相変わらずのようだし、後半は違った展開になるだろうからチャンスはあるとも思いましたけどね。でもなんでかモヤモヤしなかったなぁ。結果まともな試合になってよかったーって気持ちが強いのかも。データみて2度ビックリ。シュート数も決定機も負け、ポゼッションもほぼ五分。前半シュート2本て。

にしてもアドリアーノサイドへの猛攻はえげつなかったですね。そういう指示だったのかしら、それともほんとにレギュラー争いの相乗効果なのか。
バルサも前線の争いは熾烈で、メッシ、イニエスタ、チャビがいる以上、俺らだってもっと出来るんだって思い続けられると思うんだけど、未だ七分咲きにも至らないんですよね。
あとはディフェンス。2点ともメッシが失ったとこから始まったと思うんだけど(違ってたらすまん)、メッシがまずかったのはさておき、そして攻守の切り替えもさることながら、オサスナ戦同様にハイプレッシャーでくる相手からどうリズムを取り返すか。
それに加えてあの2点を防ぐには1対1の守備。今シーズンからは完全にピケとマスチェラーノこの2人を軸にするのか、それでも充分だと思ってるんですけど、そう簡単にはいかないんすかねぇ。
とにかくリアクションを期待しましょ。それが出来なかったら話にならないですしね。


宣伝!!!

(仮)がアルバムをiTunesで配信するらしいです。
生意気にプロモビデオを先行アップしてやがります。


[PR]



by fenomenoblaugrana | 2012-08-31 13:55 | マッチレポート

タイトル 第2節オサスナ対バルサ

a0088359_15281662.gif
a0088359_15282915.gif
CA Osasuna 1
FC Barcelona 2

FICHA TECNICA
CA Osasuna Andrés Fernández; Marc Bertrán, Arribas, Miguel Flaño, Damià; Puñal, Raoul Loé; Cejudo (Lolo, m.79), Sisi (Timor, m.78), Lamah; y Llorente (Nino, m.68).

FC Barcelona Valdés; Alves, Puyol, Piqué, Jordi Alba; Iniesta (Xavi, m.70), Busquets, Cesc Fábregas (Pedro, m.62); Alexis, Messi y Tello (Villa, m.75).

Goles
1-0, m.17: Llorente. 1-1, m.75: Messi. 1-2, m.80: Messi.

Árbitro
Muñiz Fernández (Comité Asturiano). Expulsó al entrenador del Barcelona, Tito Vilanova (m.70) y al jugador osasunista Puñal con roja directa (m.75). Mostró tarjeta amarilla a los locales Sisi (m.27), Damià (m.34), Cejudo (m.48), Miguel Flaño (m.51), Lamah (m.79) y Lolo (m.86), y a los visitantes Busquets (m.35), Piqué (m.78) y Puyol (m.81).

Incidencias
Partido de la segunda jornada de Liga disputado en el estadio Reyno de Navarra ante 15.691 espectadores.

sport.es


一転して低調試合。この時期、中堅以下チームの方がコンディションが良いのは常だし、それを武器にオサスナがハードワークに成功していたんだけど、とはいえ結局90分間ペースを握れないとはね。
立ち上がりからオサスナのプレスに苦しんで、終始行ったり来たりする展開が続きました。前監督が嫌いなんだからティトも嫌であろうこの展開。私も大嫌いです。選手がへたくそに見えるんだもん。
オサスナのハイプレッシャーはただしつこく強いだけじゃなくて後ろからも奪いに来るのが厄介。取った後のラマー、シシを軸に速くてダイナミックな攻撃も消耗させられます。

押されるがまま先制されたとはいえ、バルサもチャンスは作っていました。すべてがカウンターの形でしたけど。先制されてしばらくの間、オサスナの動きが少し大人しくなったその間だけバルサはボールを持てました。このままリズムを取り戻したいところだったけど、またすぐ速いテンポの試合が続く。
後半の仕切り直しに期待したけど、前半のそれより更に酷くて、早々にチャンスを作られたのにはベッドから転げ落ちそうになりました。

厳しい日程をこなすのにローテーションは必然だけど、やっぱりチャビがいないとどうもフワッとした感じになるような。イニエスタも昨季までとは違って中寄りのプレーを求められて運動量も多くなってるし、時々下がり目でプレーしていて、飛び出しを期待されてたらしいセスクの効果もいまひとつ。なんともハマらない試合になってしまいました。
それでも勝つのは素晴らしい。復調っぷりがムンムンしてるペドロと、チャビ、そしてせっかくのアップテンポな試合を生かせなかったテージョからビジャへ。ガラリと展開を変えられた訳ではなかったけど同点、そして2点目は美しかった!献身的に動くビジャとサンチェス、あそこで待ち構えられるメッシ。ブラボー。
マドリーはごっそりセカンドチョイスで望んで転けちゃったんだね。コエントランとかプッ。
ところでチアゴってあとどのくらいで復帰できるのかしら。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2012-08-28 15:33 | マッチレポート

タイトル スーペルコパクラシコ -カンプノウ

a0088359_18283026.gif
a0088359_18284562.gif
FC Barcelona 3
Real Madrid 2

FICHA TECNICA
FC Barcelona: Valdés; Alves, Piqué, Mascherano, Adriano, Busquets, Xavi (Cesc, min.83), Iniesta, Pedro (Jordi Alba, min.87), Alexis (Tello, min.72) y Messi.

Real Madrid: Casillas, Arbeloa, Ramos, Albiol, Coentrao, Xabi Alonso, Khedira, Callejón (Di María, min.65), Özil (Marcelo, min.82), Cristiano y Benzema (Higuaín, min.61).

Goles:
0-1: Cristiano Ronaldo, min.55. 1-1: Pedro, min.56. 2-1: Messi (p), min.65. 3-1: Xavi, min.77. 3-2: Di María, min.85.

Árbitro:
Clos Gómez (Colegio Aragonés). Mostró tarjeta amarilla a Xabi Alonso (min.11), Arbeloa (mi.44), Mascherano (min.45) y Albiol (min.50).

Incidencias:
Partido de ida de la Supercopa de España disputado en el Camp Nou ante 91.728 espectadores. Antes del encuentro, el FC Barcelona homenajeó a algunos de los medallistas catalanes en los Juegos Olímpicos de Londres.

sport.es


チャビのゴールのとこまではスーペルだったのになぁー。
コンディションからか動きが良かったのはバルサ、マドリーは今まで以上に無理してなかったのかなぁという印象。その相手に2点やられたのはガックリ。
一応タイトルマッチでクラシコとはいえ、シーズン始まったばかりで集中力とかもうまく切り替えられなかったりするんですかね。セットプレーなんか攻守ともに酷かったですし。でも全体的にはまずまずでしたかね。これが開幕直後じゃなければ前半でリードする展開にできたでしょうしね。
双方寝起きとはいえマドリー相手にこれだけできるんだから、今後も楽しみだし、劇的ではないけど新しいチームの片鱗も見えつつあったりして、私も徐々に目が覚めてきましたよ。
にしてもこのタイミングでみんな散髪&髭剃りってどゆこと??

どーでもいいけど今回マドリーユニすげぇひどい。色がないから工夫しにくいんだろうけどあれはないなー。テンションだだ下がり。バルサのはマネキンで見たときはズッコケたけど、動いてると意外と違和感なし。良くはないけどね。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2012-08-25 18:32 | マッチレポート

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶