「ほっ」と。キャンペーン

タイトル CWCアトランテ戦

a0088359_2253080.jpg
1. Atlante: Vilar; Miguel Martínez, Fernando Navarro, Guillermo Rojas, Luis Velásquez (Pereyra, min.63); Daniel Arreola, José González, José Guerrero, Christian Bermúdez; Santiago Solari (Carevic, min.56) y Rafael Márquez.

3. Barcelona: Valdés; Alves, Puyol, Rafa Márquez (Gerard Piqué, min.54), Abidal; Xavi, Touré (Messi, min.53), Sergio Busquets; Pedro, Ibrahimovic e Iniesta (Bojan, min,76).

Goles: 0-1, min.5: Guillermo Rojas. 1-1, min.35: Busquets. 1-2, min.55: Messi. 1-3, min.67: Pedro.

Árbitros: Carlos Simon, de Brasil. Mostró cartulina amarilla a: Solari (min.8), José Guerrero (min.40), Luis Velasquez (min.61) y Ibrahimovic (min.65).

Incidencias: segunda semifinal del Mundial de Clubes, que se ha jugado en el estadio Zayed Sports City de Abu Dabi (EAU), ante unos 45.000 aficionados, que abarrotaron el recinto.

ながら見した準々決勝のアトランテは選手間もコンパクトでなかなかいいなぁーなんて思ってたんですが、一転して引いてきました。3バックでなく5バック。
それでも奪ってからの攻撃にはスピードがなく、不慣れな戦術のようにみえたので安心してビールの缶をあけてしまいました。
点っていうのは何でしょうね、そうやって気を抜くと取られたりするってのはどういうカラクリなんでしょう。こんな部分で選手とシンクロしたくはない。
もうすっかりドS采配に参ってしまってるので、スタメンにマルケスヤヤブスケのラインが出来ていてもまったく驚きませんが、さすがに纏まって試合に出れていないマルケスには少し気の毒な気がしました。
プジョルの判断力がクラシコをピークに落ちてきてるのも気になります。

ディナモキエフ戦を思い出して気持ちもプレーもすぐに持ち直しましたが、ブスケの位置が低く、ケイタのような飛び出しもないし、少しピースが足りないような感じがしました。ピッチは堅く、水も撒かれてないそうで、パススピードを上げるのにもちょっとずつ負担が掛かりそうなので、出来るだけ早くいい展開に持ち込んで欲しかったです。

で、それを引き寄せたのがこの人ってんだからなんでしょう。
a0088359_1384595.jpg
はにゃ?おめでた?
しかしまブサイクすぎる!この写真


後半は頭からメッシがウォームアップを始めていて、アブダビに行ってる訳でもないのにその10分あまりはほとんどピッチを見ているようで見ていませんでした。
もちろんメッシなら最高だけど、やっぱり少しアンバランスな布陣を変更して欲しかったのです。
結果的に変更するどころか逆転してしまった訳ですけども。すごいよメッシは。スターだよ。
ズラタンの中央でのボールキープからのスルーパスも良かったー。少し得点ペースが落ちていて焦れてるようにも見えますが、頼りになるポストです。

気持ち的にようやく振り出しというか、本来こういうスタートを切りたかったというような雰囲気でキックオフと同じように最終ラインでゆっくりとパスを廻せるようになりました。
やれやれです。同時に相手が韓国のチームじゃなくてホッとしました。

駄目押しはこの子(左端)。
a0088359_1525176.jpg
バルサ6冠の軌跡はペドロの奇跡。
最後のアシストをしたイニエスタは決勝無理だそう。

ボヤン…。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2009-12-17 22:53 | マッチレポート