タイトル 第8節バルサ対サラゴサ

a0088359_16444441.jpg
6. FC Barcelona: Valdés: Puyol, Chygrynskiy, Piqué (Márquez, min.72), Maxwel; Xavi (Jeffren, min.83), Sergio, Keita; Messi, Ibrahimovic (Bojan, min.72) e Iniesta.

1. Zaragoza: Carrizo; Pulido, Pablo Amo, Pavón, Paredes; Gabi, Abel Aguilar; Jorge López, Ander Herrera (Songo'o, min.77), Pennant (Lafita, min.61); y Arizmendi (Ewerthon, min.68).

Goles: 1-0, min.24: Keita. 2-0, min.29: Ibrahimovic. 3-0, min.41: Keita. 4-0, min.56: Ibrahimovic. 4-1, min.77: Jorge López. 5-1, min.80: Messi. 6-1, min.40: Keita.

Árbitro: Paradas Romero, del comité andaluz. Mostró cartulina amarilla a Gabi (min.28) y Abel Aguilar (min.38).

Incidencias: partido correspondiente a la octavo jornada de la Liga, disputado en el Camp Nou, ante 75.653 espectadores, según datos facilitados por el Barça.

a0088359_16451615.jpg

クライシスだの旋風おしまいだの新聞に躍ってるので明確なリアクションが求められる今節、相手はサラゴサ。ちらほら覚えのある選手がいるけど、ペナントなんぞも加入してる。
そのサラゴサの卒ない引き陣型と可もなく不可もないプレッシャーに立ち上がりはノソノソしたけど、下がりめ内側めのイニエスタが空けたスペースにケイタが抜けだしメッシのゴールチャンスを作った。

「泣きおっぱい顔」ことアリスメンディのワントップなどは怖くもなんともないので、いいリハビリになるのを期待したけどサンドバックにしてしまって些か申し訳ない気持ち。チャビもさることながらかなりオフェンシブに出てるケイタを捕まえれなかったのがサラゴサには響いた。
ケイタは横に張り出したり二列目に入りズラタンよりも前でターゲットになったりと多才。利便性、運動量ともに優れた彼だけど、ここまではっきりとしたエストレーモのような動きは初めてだと思う。

けれど王子にゴールがなかなか戻ってこない。チャンスは多くあるのに決まらない。
私は今のチームにメッシ依存は少ないと思ってるんだけど、それでもあのニヤリ顔があるとないとでは輝きというか他所様に与える印象が違う。アメリカにおけるテロの驚異みたいなもんだ。
最後には決まってくれて一安心。
「チームの皆は、僕を常に信頼してくれて、どうしたら僕がいいかたちでプレーできるかを、模索してくれるんだ。」だそうです。

メッシの重荷を減らしてくれるスターの一発。その重量感はブスケの逃げっぷりが証明。

でもこの試合、アタシが一番嬉しかったのは前半35分すぎのオフサイドになったズラタンのゴールシーン。メッシの短いドリブルからスルーパスを出すのとズラタンの飛び出しがビシッといった瞬間。待ちに待ったコンビネーション。
副審がかなり辛くて残念でした。

ハットトリックの呼び水になったケイタの2点目は、バルサ陣地でのケイタのディフェンスから始まってたってんだからブラボー。リベロみたいなイメージですかねぇ。
奪ってちびっこ軍団に預けて自分はするするとエリア内へ。ズラタンが抜けきったのを見て前へ出た。
ズラタン2点目のアシストも素晴らしかった。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2009-10-27 17:07 | マッチレポート

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶