タイトル CL バルサ対ルビンカザン

負け試合を追ってレビューするのは心苦しいのですが…。
a0088359_3134385.jpg
Ficha técnica

1 - Barcelona: Valdés; Alves (Sergio Busquets, min.90+2), Piqué, Márquez (Keita, min.80), Abidal,ouré Touré Yaya, Xavi, Iniesta, Messi, Pedro (Bojan, min.66) e Ibrahimovic.

2 - Rubin Kazan: Ryzhikov; Salukvadze, César Navas, Sharonov, Cristian Ansaldi; Kasaev, Cristian Noboa, Semak (Murawski, min.43), Ryazantsev (Kasaev, min.83); Karadeniz; Domínguez.

Goles: 0-1: Ryazantsev, min.2. 1-1: Ibrahimovic, min.48. 1-2: Karadeniz, min.73.

Árbitro: Laurent Duhamel (FRA). Mostró tarjeta amarilla a Iniesta (min.45), Murawski (min.78) y Ansaldi (min.90).

Incidencias: Partido de la tercera jornada del Grupo F de la Liga de Campeones disputado en el Camp Nou ante 55.930 espectadores.
a0088359_3545729.jpg
ズラタンにボールがよく収まりイニエスタの飛び出し。悪くない雰囲気だったのに冷や水、マルケスのコントロールミスをダイレクトで狙われ失点。
ルビンカザンは陣型を崩さずゾーンマークのようにインターセプトを狙ってくる。バルサはボールを廻して出し入れして相手を動かしたいのに釣られないから苦労する。パスコースを絞られミスを誘われ、リズムに乗れないうちに自発的なミスも多くなる。
お客も少ないし相手に先制点以上の驚異は感じないけど、だからといって出来の悪さが全部気の緩みからきてるとは思えない。試合毎にプレッシャーを仕掛けてくるチームや全員引いてくるチームと色々あって、結局どうであってもそれなりに苦戦してるんだからやっぱりパフォーマンスが落ちてるんだと思わされる。

a0088359_430412.jpg
30分すぎにテリーマンを発見。
グティ以外でこのマヌケ個性的なタトゥーを見られるとは思ってもみませんで、気付いてからは盛り上がる気配のない試合そっちのけでまた映らないかとそればかり期待してました。プレーも見たいしね。

次第にフォアチェックまで陰を潜め出してきたバルサ、ハーフタイム、ロッカールームに雷が落ちるのは必至。

後半。
シンプルに繋いで欲しいエリアで抜きに行き奪われるイニエスタに舌打ちしてると、チャビの浮き球をズラタンが胸で落として力強くゴール。この試合、チャビの勤勉さがなければ酷い試合になってたと思う。

メッシの切れは相変わらず3〜4割、それでも60分くらいからチームとしてもメリハリが出たように見えた。そこを見逃してくれなかったルビンカザン。インテルをへこましただけある。ってここ数試合ずっとんなこと言ってる気がするけど。これが疲れと言うなら頭も痺れてる感じですかね。アイデアに乏しいし、いつもやってるフォアチェック、攻守の切り替えが出来てない。
ここんとこあちこちのチームにも疲れみたいなのが見えるし、この試合で何かをジャッジするつもりはない。とにかく年内順調にこなせたらいい、やきもきするのはそれからにしようと思う。


アディショナルタイムは4分、パーティータイムはなし。
それどころかダニエウが右太腿の内転筋を損傷、全治3週間。最大6試合の欠場だそうで。
プジョルが生き返る。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2009-10-24 04:38 | マッチレポート

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶