タイトル 第5節マラガ対バルサ

a0088359_18593957.jpg
0 - Málaga CF: Munúa; Gámez, Weligton, Cuadrado, Manu Torres; Duda (Luque, m. 76), Xavi Torres, Juanito, Fernando (Valdo, m. 46); Baha (Forestieri, m. 56) y Obinna.

2 - FC Barcelona: Valdés; Alves, Puyol, Chygrynskiy (Piqué, m. 55), Abidal; Messi, Keita, Xavi, Touré (Sergio Busquets, m. 78); Henry (Ibrahimovic, m. 28) y Pedro.

Goles: 0-1, M. 38: Ibrahimovic. 0-2, M. 58: Piqué.

Árbitro: Delgado Ferreiro (Comité Vasco). Mostró tarjeta amarilla a los jugadores del Málaga Baha (m. 16), Duda (m. 67) y a Weligton (m. 69), y a los jugadores del Barcelona Touré (m. 31), Ibrahimovic (m. 69) y Piqué (m. 69). Expulsó con roja directa al delantero del Málaga Alberto Luque, por una entrada a Dani Alves, en el minuto 85.

Incidencias: Partido correspondiente a la quinta jornada de Liga de Primera División disputado en el estadio de La Rosaleda de Málaga ante unos 30.000 espectadores.

最悪なピッチと悪質行為に気弱な主審が足され、かなりムカつく試合でした。
ファール検証はメディアがやってるので割愛。
でも一つだけ思ったのは、あれはプレーじゃなくて悪質行為だってこと。

粗暴とか虚言癖があるとかじゃなく普通の選手があれだけ怒るのは、それだけの行為があったということだろうと思う。まったく客観性のない意見だけど疑いなくそう思う。
メッシも蹴り返したのはダメだけど、普段有利な笛貰ってるしとかバルサファンからも聞こえてきたのには開いた口が塞がらない。
有利不利と悪質行為じゃ全然話が違う。

話は飛躍するけど、ゴール横でシミュレーションを見張る第五審判なんてのは胸くそ悪すぎる。
大体、審判を欺く行為ってなんなのさ。試合を有利に持ち込みたいだけで審判をバカにしたい訳じゃない。不利になる相手が怒るのは当然だけど、ただの歩くルールが何故それを気にするのかさっぱりわからん。
勝敗を決めるのは審判じゃないんだから、部外者としてルールを正当に示すだけでいい。審判がダイブに騙されなければそれでいい。その行為に訳の分からん自尊心など必要ない。
極端にいうと有利不利のジャッジは議論を起こす必要がない、悪質な行為のみ徹底的に精査すべき。極端に言うとね。

煽られるままにカードを振りまく低能ぶりを見せた主審。悪路で怪我2人、ティト退場、数々のファール、これらをルケのロハでは清算できません。っていうかなにそのセンスのなさ。
プジョルチグリンのコンビとか、アンリとか話したいこと他にもあったのに、気をそがれましたよ。日記更新も遅くなりましたよ。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2009-09-30 00:32 | マッチレポート

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶