「ほっ」と。キャンペーン

タイトル CLインテル対バルサ

a0088359_1142169.jpg
0 - Inter de Milán: Julio César; Maicon, Samuel, Lucio, Chivu, Zanetti, Motta, Muntari (Stankovic, min.62), Sneijder (Santon, min.80), Diego Milito (Bolatelli, min.85) y Eto'o.

0 - Barcelona: Valdés; Alves, Piqué, Puyol, Abidal, Touré Yaya, Xavi, Keita, Messi, Henry (Iniesta, min.77) e Ibrahimovic.

Árbitro: Wolfgang Stark (GER). Mostró tarjeta amarilla a Henry (min.54) y Touré Yaya (min.83) y Chivu (min.90).

Incidencias: Partido correspondiente a la primera jornada de la primera fase de la Liga de Campeones (Grupo F), disputado en el estadio Giuseppe Meazza de Milán ante unos 80.000 espectadores.


ゴール前に出っ張ったズラタンにロングパスが入るから「ああ、こういう試合ではこうなのか、くそつまらんぞ」とハイネケンをグビグビ飲んだんですが、要所に加わるくらいでした。でもあんまりゴール臭わなかったな、ルシオとサムエルの気迫は尋常じゃなかったし。際の際で足が伸びてくるんだあの2人って。サンドイッチにされたアンリさんの怪訝そうな顔ったらなかったです。
それにしてもバルサのアンリサイドがさっぱりでした。なんとなくケイタが誇る運動量が少なかったような気がしました。サネッティはそれほど高い位置じゃなかったように見えたんですがね。

前半はインテルも前線・中盤のプレッシングが見られたけど、後半に入った50分すぎくらいですか、徐々に引くようになりました。寄せない飛び込まないディフェンスにすっかり切り替わったので指示なのか、それとも思った以上にバルサの攻めがインテル選手に効いていたのか。私にはバルサが全開のようには見えなかったけど、とはいえインテルも混乱してるようには見えなかったから、あそこまでの展開になるのはちょっと意外でした。相変わらずプジョルがガチャガチャしてたしさ。
a0088359_23462768.jpg

それでも、ラストパスが繋がらないという感じで決定機もあまり多くありませんでした。いや、そのパスさえ通れば1点ものというシーンは多かったので数字よりはゴールに近かったとは思いますが。なんとなくエトーだったら獲れてたかも、いやそれはインテルにも言えることかもとか不毛なことを思ってみてました。
擦り合わせたエンパテとは言いませんが、どちらのチームもすべてを明かさないような感じに見えました。
次回はいつですか、モウリーニョはもう少しチームが組み立てられるはずだと言ってましたね。それはこちらも同じであります。フルスロットルのゲームを期待したいです。

a0088359_1175269.jpg

[PR]



by fenomenoblaugrana | 2009-09-20 01:14 | マッチレポート

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶