「ほっ」と。キャンペーン

タイトル チャンピオンズリーグ優勝!!

a0088359_1862392.jpg
起きてみてもホントにホントでした。
となりで「あ˝〜」と呻く人をなだめながらの観戦会、とりあえずの感想です。

試合直前両チームのスタメンを見て、バルサはシウビーニョこそちょっぴり意外でしたが他にやりようがないのでこれで行くしかない。マンUのを見た時は2ボランチだと思ったんですが実際は1ボランチの中盤3人。準決のチェルシーを焼き直しても、チェルシーがやり通せなかったことを自分たちが出来るとは思えなかったのか、それともファイナルに相応しい戦いをしたかったのかは分かりませんが、とにかく両者ラインの高いガチ勝負になりました。

開始直後はマンUの勢いに押されます。
否応にも堅くなるバルサを初っぱなから挫いてしまう作戦です。ここで耐えられたのがエトーのゴラッソを呼びました。軸にヤヤブスケと並んでるのでイニエスタのスタートラインは終始後ろ目です。
a0088359_1814236.jpg
それとこれとが上手く作用した先制点でした。

その後しばらくはあまり覚えていません。際どいシーンもあった気がします。

後半頭から話題(移籍話でなくて仮想試合ウイイレでフルボッコにされた)のテベスがアンデルソンに代わって登場。後になって思うとこれちょっと早かったかもなと思いました。
ここらからいつものバルサ、オリンピコがカンプノウのようになっていました。チャビのポスト直撃FKを経て、パクに代わってベルバトフ参上。
そして2点目、メッシのぱっかーんカベサッソ!
a0088359_1805834.jpg

バルサのいつも通りのパスワークから、前半最初のような展開を引き戻したいからボールを落ち着かせられるベルバトフを入れたのに、2失点目は想定外か、はたまた必然か。とにかくここで私は勝利を確信しました。
a0088359_17495994.jpg

勝利を確信したのは私だけでなく、↑この坊ちゃんもそうだったようで、途中鬼のような縦パスを何度も何度も差し込んできていました。取られたらヤバイ、でも取られない、そんなパスは見ていてクソ面白かったです!

勝った!
にわかセントラルと今シーズン加入セントラルと。
ベテラン過ぎる左ラテラルとしばらくぶりの右ラテラルと。
今シーズントップ昇格のピボッテと。
無理くり間に合わせたインテリオールとエストレーモと、鳴かず飛ばずになりつつあったアタッカンテと。
あと並々ならぬクラックたちと。
今シーズンホントにずっと攻めた。攻めて勝った。3つも勝った。
サイコーだよ。
a0088359_18185688.jpg
a0088359_18191216.jpg
a0088359_18192650.jpg

サイコーだよ。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2009-05-28 18:21 | マッチレポート