タイトル 第31節NUFC×チェルシー

0 - NUFC: Steve Harper, Ryan Taylor, Jose Enrique, Habib Beye, Fabricio Coloccini, Nicky Butt, Kevin Nolan(69, Jonas Gutierrez, Peter Lovenkrands(44), Michael Owen (c), Oba Martins(81)
Subs: Fraser Forster, Danny Guthrie(69), Damien Duff(44), Alan Smith, Geremi, David Edgar, Andy Carroll(81)

2 - CFC: Petr Cech, Branislav Ivanovic, Ashley Cole, Michael Essien(57), Frank Lampard, John Mikel Obi, Florent Malouda, Salomon Kalou, John Terry (c), Alex, Nicolas Anelka(67)
Subs: Henrique Hilario, Ricardo Carvalho, Franco Di Santo(67), Michael Ballack(57), Deco, Juliano Belletti, Michael Mancienne

Scorers : Lampard 56 Malouda 65
Attendance: 52, 112
Referee: Rob Style


まずはご本尊の件。
本人のコメントはあちこちで見るので割愛。とにかく残留のために何でもするとのこと。
そのシアラーはUEFAのプロライセンスを持ってません。BBCでぷらぷら(ウソ)してましたから。
「今まで何度も噂になったが、正式なオファーがあったのは今回が初めてだ」と言うように、ライセンスなしでも指揮をとれる(12週は免除されるらしい)残り8週というところで就任です。
気になるお金は、
今季限りの契約で、1試合につき10万ポンド(1500万円)+残留ボーナス100万ポンド(1億5000万円)だそです。すごいですね。
厚顔監督が入院した後、不幸にも野次られたコーチ・クリスも残ってずらりとブレーンを並べました。お陰で(?)この試合スミスの座るベンチが無くなってました(笑
残り8試合では出来ることは限られています。とにかく100万馬力のモチベーターとなることを期待します。
悪人ディレクターを追い出してくれただけでも十二分な功績ですがね。
DailyMailのアンケートでは残留の可能性「yes=45/no=55」だったそですが、ビッグサムにできることはシアラーにだってできるはず!

久しぶりに満員になったSJPにはマジで勝てると思い込んでる人たちで盛り上がってましたが、とはいえ簡単にご祝儀をくれるチェルシーではありませんでした。そらそうだ。
でも前半なんてずっと押してたしボールポゼッションは上回ってました。でも2失点ともミスしてんじゃ勝てるわけ無い。
コロッチーニの評価が心配です。。


なにが言いたいか。
プレーイングマネージャーとかって方法があるじゃないか!!!!(本気)
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2009-04-09 17:00 | マッチレポート

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶