タイトル 侃々諤々なんだそうだ

ラポルタ「組織としての平静さを取り戻すことが肝要」

こんなレポートほどダイレクトに読まなければ意味がないものはないだろうと思う。
文面こそそれなりに整えることに成功しているようですが、相変わらずピンとこない内容です。うら丸さんの言葉を借りると、原文もピンと来ない内容なのでしょう。
首尾一貫、首尾一貫っと。

『侃々諤々』
かんかんがくがく

何の遠慮もせず盛んに議論すること。
正しい議論がおこなわれること。

そうですか、それなら致し方ありませんね。我々は辞任という道をとるしかありません。残念ですが止むを得ませんね。またいつかお会いしましょう。どうかお元気で益々のご発展を。

・・・。

そんなんで8人も辞めるか?
『喧々囂々』だろ正直におっしゃい!
だからこその「組織としての平静さを取り戻すことが肝要」ってことじゃないかい。
なんでまたこんな突っ込まれやすい言葉選んだんだか。

辞めるのは以下、8人の幹部
マルク・イングラ副会長、フェラン・ソリアーノ副会長、チャビエル・カンブラ事務長、アントニ・ロヴィラ理事、クラウディア・ヴィヴェス・フィエロ理事、エバリスト・ムルトラ理事、ジョセップ・ルイス・ヴィラセカ理事、そしてアルベルト・ビセンス副会長
こっち組の方が目立つ人たちでしたよねぇ。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2008-07-11 19:13 | Fútbol四方山話

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶