「ほっ」と。キャンペーン

タイトル EURO1/8 クロアチア×トルコ

119分クラスニッチ 122分セミフ

グループリーグの時からは思いもしなかった熱帯夜の中でキックオフ。
両監督のシャツのびしょびしょ具合から結構蒸し暑いんだろうなと想像できました。
それでなくても、ドイツに負けたデコが戦前言っていたように準々決勝は疲れが一番出やすい穴場なのかもしれないのに大変だこれ。

試合開始から20〜30分はこの二国ならではって感じに激しく楽しかったのですが、その後はぱったりと足が動かなくなりトルコはミスが目立ちクロアチアはなにか躍起になってる。なんとなくイヤな終わり方、誰かのミスとかPKとかで決まるような予感がしなくもなかった90分でしたが延長戦へ。

ビリッチ監督は、トルコが見せた劇的な逆転劇は「一生私の脳裏から離れないだろう」と語りました。

非常に残念ですが仕方ない。

あの瞬間、クラスニッチの美談が続くと思いましたが、トルコの面々は空気読むとかしそうもないか(笑
うそうそ、あそこで心折れないなんて並みの精神力じゃないですよね。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2008-06-23 22:53 | マッチレポート