「ほっ」と。キャンペーン

タイトル グループB オーストリア×ポーランド

うーん、わたしはファールでなくても良かったと思うなー。

まあハワード・ウェブだし(^^;
運の尽きと思ってもらうしかないす。

でも、それよりも特に前半オーストリアペースだったんだし点取れたよなぁという感じ。さんざっぱら攻められたポーランド、千載一遇の遅攻から生まれた話題のゲレイロのゴール。
この対戦カードであーゆータイプはやっぱり少し異質に見えました。日本×バーレーンに三都主いる感じ?うそ、わからんテキトー。

ベーンハッカー監督:「主審は、“自分がいかに重要な存在か”をアピールしたかったのだろう。」と判定をあからさまに非難。

普通に負けるのも当然悔しいのに、こーゆーのってホント受け入れるの難しいでしょうね。そんな方々がYouTubeなどで「Howard Webb 祭」を開催しています。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2008-06-14 21:15 | マッチレポート