「ほっ」と。キャンペーン

タイトル 椅子取り合戦

そんな呑気な話じゃなくて死闘でしたね。
なんといってもサラゴサなだけに(嫌な思い出山程^^;)とくに応援するのも変なのですが、良い選手がたくさんいるだけについ力が入ってしまいました。

同時キックオフのはずが、当のオノエスタディが土砂降りで延期も危ぶまれたようですが1時間遅れでスタート。公平を期すために他の2会場もそれに合わせてスタートしました。
始まってからも強い雨が降っていたのですが特に水たまりになることもなく、とはいえ凄くボールが速くなったりすることもあって、残留&UEFA圏争いっていう設定をさらにスリリングにしてました。
つくづく他人事でよかったなと思いました。

最初に動いたのはマジョルカ髭男爵グイサ(14’)
お次ぎはバジャドリー調子付いてるジョレンテ(40’)

折り返して踏ん張ったのがサラゴサ目が死んでるオリベイラ(55’)
レクレ敗退、サラゴサドローなら残留なので喜んだよ!
ノグチさんが「ここら辺からは他会場を気にしながら進めることも必要かも」と言うそばからギンギンに責め上がるサラゴサ。

喜んだのも束の間、マジョルカ相手のミスを逃さないウェボ(65’)
首降ってた、サラゴサのみんな小さく首降ってた。

こっからすごいよ。
まずラシンに先制打が生まれてマジョルキンが落胆して(84’)、と思ったらサラゴサ失意の3失点目(89’)、同じくしてレクレの青い目ゲレーロにもゴールが生まれてジ・エンド。オリベイラの2点目もあったけどあっただけ。
a0088359_3303027.jpg
サラゴサ75周年なのに。
万博あるのに。
リュクサンとかファンフランとかお払い行くべし。
スペインのカンテラ、オサスナが無事で良かった。

さてプリメーラが終わると気になり出すのがセグンダ。
同じく38節終了してポイント75でヌマンシアが頭一つリード。続く65ptにエンリケ兄のヒホン、64ptに思い出のDD砲マラガ。
ソシエダは63ptで4位です!
42節まであるのでまだまだわかりません。
がんばれアランブル!
待ってるぞリエスゴ!

セルタは…。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2008-05-20 03:56 | マッチレポート