タイトル 第36節クラシコ -ベルナベウ-

a0088359_17495049.jpg
私にはマドリーだけを敵視する気持ちはないし、優勝決まってる状態で後ろ足に噛み付いた所でどちら側も大して盛り上がらないんじゃないか、それならマドリーが勝つ方が華やかなんじゃないかと思ってた。
そんな想像以上に厳しいものになりました。

過熱狂なファンやメディアが期待する、両チームの歴史における代理戦争などはとっくに存在していないことが改めてハッキリした内容。
同時にそのことを踏まえて明らかになった現実は、このチームは本当に死んでしまってると言うこと。リーガをリードする純粋なライバルチームとしても闘志がかき立てられない状態。環境がそうさせるのだから仕方ないが少し眉をひそめたくなった。
こんな試合見るために月2セン円払ってんじゃない、こんなチーム応援するために年2マン円払ってんじゃない。

戦っていたのはボージャンとジオバニだけだった。誇りを保とうとしてるのはバルデスだけだった。フットボールを展開しようとしたのはメッシだけだった。身勝手に観戦してるだけの私なんかが言うのは許されることじゃないのかもしれないが、プレーに現れていたのは彼らだけのように見えた。

マドリーは優勝と今回のクラシコ勝利に相応しいと思う。
バルサと同じ数だけマドリーの試合を見てきた私の率直な気持ちだ。
この2年間かなり激動だったと思うのだが、最終的にそこには常に勝負根性が存在してた。
あっぱれ。

***

感想すら書く気が起きなかったんですが、動き出してるので仕方がない。
さっさとケリをつけて先きへ先きへ進もうぞ。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2008-05-09 18:04 | マッチレポート

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶