「ほっ」と。キャンペーン

タイトル ボルトン×アーセナル

『なにを恐れる、君たちも彼らと同じ星に生まれたフットボール戦士ではないか!
堂々と迎え撃てー!!』


ここ5試合で勝ち点11ptも取りこぼしてるアーセナルに2点リード、30分にはデアビーがスタインションにアシュリー・コール並みの足裏見せ見せタックルで一発退場、人数的にもリード。

永井さんの言葉を借りると "負のスパイラル" に絡まってるアーセナルでしたが、ベンゲルが動きアデバイヨルとウォルコットを出陣。
途端にポゼッションが上がりパスが繋がるようになるんだからボルトンもたまりません。あっという間に同点に追いつかれて終わり間際にはセスクのゴルで逆転勝ち。

アナウンサーが「奇跡!ミラクル!」を連発してました。
そりゃそうでしょう。前半で2点+10人のビハインドからうっちゃりかましたんですもんね、たとえボトム3のボルトン相手とはいえ。
ん?前半で2点?後半でひっくり返・・・??
12位のチームが2位のチームにこれやっちゃった場合はミラクル越えてドコ行くのよ。。

"Arsenal have got some fantastic players but we were the masters of our own downfall today."
降り続いていた豪雨とかけてんのかもしれないけど、言語野を日の丸国旗で重箱弁当のように美しく包まれてる私にはピンとこなーい。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2008-04-04 19:26 | マッチレポート

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶