「ほっ」と。キャンペーン

タイトル マンU×リバプール

マンUのスタメンみてリバプールはイヤな感じしたんじゃないかな。
それで横見りゃアウレリオがいたり(^^;

ジェラードチャントが歌われようともここはオールドトラフォードと言わんばかりにマンウーが盛んにリバプールディフェンスの裏を狙ってきてました。エバートンのモイーズが睨む中、そう易々とやられるわけにはいかないリバポーは前からのプレスを心掛けてました。マスチェもその一人。

マスチェラーノの44分間を振り返る。
私はマスチェラーノが好きです!念の為。

10分過ぎ、最初のカードも積極的な守備から頂いたもの。スコールズへのパスが少し弱くなったところを逃さずいったが、若干間に合わず。取れてればチャンスだったよね。
その後も気質を活かしたプレー満載。
高い位置でチャレンジしてかわされ→無理目に取りに行く。でもさっきも言ったけど積極的な守備が持ち味だし、チームを助けてる。でもでも審判の心証は目減りしてるんだろう、挟めなかったけどカニばさみっぽいタックル多いし。そんな審判には29分のバックパスへの献身的なチェイシングとかはお構いなしなんだろな。








その直後くらいだったか、ようやく主砲トーレスの枠に行かないファーストシュート。
そしてレイナのフィードミスと 'あわやチョンボ' も手伝ってかどうも空気が重く疲れるのか、
こんな↓
a0088359_18494838.jpg

このリバポーCKの後カウンターでブラウンのヘッドが決まる。
カウンターがもたつきリバポーが奪いかけてるとこジェラードがカバーに入ってきたのを放さずにくっ付いてきたブラウン。インターセプトし逆サイドへつなげて自らのゴールへ結ぶと。
一度ラインを立て直したリバポーDFだったが、よろよろと上がってきたブラウンのスピードアップに気付けず競る事もできてなかった。もしかしたらクロスをあげたルーニーがブラウンとは違う所へ視線をやったのかもしれないと誉めてみるがどうでしょう。

この先、分刻みに忙しい。
36分37分とマンウーのファールになるもシャツを引っ張ったり手を叩いてみたりとアピール、マスチェラーノと審判が急接近。38分には目の前でロナウドを倒してマスチェの白い歯がこぼれます。
39分レイナにスローインのミスを自分のせいにされ(たぶん)、40分にはスコールズをつつく。41分トーレスが強い所を見せ、問題の44分へ。
トーレスがスコールズとリオにつつかれてファールを貰う。こちらもこちらで苛立ち気味なので主審に一言でイエロー。異議を続けるもピシャリと跳ね返されて閉口するトーレスの前をお手て繋ぎながら横切る陰が。。
a0088359_18533049.jpg
笑顔がこわい(笑

じょじょさんも書いてらっしゃいましたが止めてるのはアロンソとアウレリオ。主審に確認にいってるのすらバベル。赤紙が出て、とっくに良くない一言二言を発したであろうころにようやく主将登場。(これピッチ外ね)
a0088359_18543111.jpg

コーチに続いてベニテス登場。
a0088359_1855192.jpg
「マスチェくん、ワタクシがなんとかしてあげますよ!」


***

ホントにいけない事を言ったとして、それはなかった事にはできないので仕方ないですが、そもそもトーレスへのカードがどうなんでしょ。
抗議でカード、そのまた抗議でカードってさー。
色々書いてきたけど、マスチェ今季初退場なんだって。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2008-03-27 19:05 | マッチレポート