「ほっ」と。キャンペーン

タイトル 第28節アルメリア対バルサ

¡Ronaldinho, desenmascarado!

a0088359_046416.jpg









ロナウジーニョ、もといホナウジーニョ。
なんていうかどうしたって今更感は拭い切れません。
ファンの方、ごめんなさい。でも "それみなさい!" って感じでもないです。
善くも悪くも多かれ少なかれ今までもこんなことはあっただろうし、だからといって上手く回ってりゃそれでよしとしたのはクラブの方だと思ってました。むしろ仮病がどうこうというよりも、選手もクラブもこういう状況になることは誰も得しないのになぁってのが心配です。そうまで休みたいとか、コンディションを整え(なかった)られなかったから出たくないってのは当たり前に問題だし、精神的なものが体に影響を及ぼすことがあるのも言うまでもないですし。
右足内転筋に異常がなかったとすればじゃあなんなのよ?って。
一体YOUはどうしちゃったのよ?って。
こんな下らないスキャンダラスな自分でいいのかよ?って。

クラブが発表したってことはロナウジーニョに突きつけたってことになるんだろう。
エトーへのペナルティを公言したときのように。常套手段なんだね、彼らの。
だからエトーは偉ぶっちゃいけませんよ(笑







アルメリア。よく走る!
でもなんだか点を取られそうな匂いがしない中で2点もとられてました。
もしかするとずっと匂っていたのかもしれません。
こっちの鼻がつまってたのでしょう。

最大限、且つ必然的にせざるを得なかった選手交代には異論はありません。選択肢がないのはある意味イラつかせる原因を取り除いてくれるのですが、ここへきて再びアンカー・イニを拝まなくてはいけなくなるとはしんどい限りです。次節はそれすらも叶わないとはチベットを案じてる場合ではありません。
しかしリードする度トーンダウンするのはいつになったら終わるのでしょう。ハーフタイムにロッカーでライカーは監督としてどんなことを語っているのか、今更ながらとても興味があります。

イリネイがフリーだったとはしりませんでした。
お買い物(してないけど)上手ですねアルメリア。

El 1 x 1 del Barça(スポルト)
Edmilson: 1
Patético. Ahora ya sabemos que la oveja negra era él. Inseguro, lento, fallón, pasivo y sin ideas. Su juego en Almería fue impropio.
不出来、無力。今しがた私たちは彼が黒羊であることを知る。不安定、遅い、欠陥(ミス?)、受け身で考えなし。不適当だった。

『1』を見た記憶がなかったのでどんなもんかと訳してみたんですが、ちょっと泣けてきました。
まぁ異論はないけども、試合勘とか戻ってないだろしとかね。。

来年度の2ndカミセタ、また黄色だそうで。

***

エントリーモデルですが念願のデジタル一眼を買ってもらったので浮かれて過ごしていました。すっかり悲惨な現実から逃避してました。
これ書き終わったのでまた逃避します。
というかこっちがリアルか(笑
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2008-03-19 01:47 | マッチレポート