タイトル 第25節バルサ対レバンテ

自身シーズン最多ゴール、おめ〜。
a0088359_1554321.jpg
5本目の人差し指、ありがとう。





a0088359_16502927.jpgザンブロッタとシウビーニョが復帰。プジョルのラテラルを拝まなくて済むのは寂しいながらも喜ばしい(笑

財政悪化にバレンシア市が公金を適用し救済。すったもんだもありつつもカンプノウに現れたレバンテ、『フォルサ トンマージ』Tシャツで登場。(左ひざ十字じん帯を負傷、20日にローマで手術。今季は難しいそうです。。)


開始10分くらいでバルサの最終ラインはどの辺かって見たり見なかったりするのですが、今試合はハーフェイラインくらいまで押し上げてました。上下から挟み込むようなプレスも見られるし。サラゴサ戦あたりで兆しは見えましたが、底は打ったと思っていいのかしら。

先制はバルサ。
13分過ぎ、中に入ったメッシから左ハーフのイニ、エリア内のエトーに繋ぎこぼれた所をシャビが押し込んでゴル!6人びしーっと横に広がった攻撃は爽快でした。こういうので点が入るとほんと嬉しいわー。
そうなるとあとは追加点がいつどうやって取れるかになってくるんだから、直後のロナウジーニョのふかしには笑えませんでしたよ。イニ、もっと強めにケツ叩いておやりなさい!

26分過ぎレバンテCKの2次攻撃、ファンマ、エリアの手前から打つと見せかけてフェイント、そのまま切り込んでファーサイドへ流し込むシュート。ゴールポストが頑張ってくれました。その直後にもスローインからファンマのクロスにヘイホのヘッド(このセンテンスおもろい)。これはプジョルの自信満々ラインコントロールでオフサイド。ひやりとしました。

先制ゴルから15分以上経過して30分過ぎ。
けっきょく今日もそのあとの展開があんまりよろしくない。もちろんこれまでとは段違いにチャンスは作ってるけども。画面向こう側の線審はここまでは辛めなので、それがなかったら1点くらいは返されてたと思う。後半は人が変わったように "疑わしきは取らず" な人になってましたが。

39分、やりだまに上げたい訳ではないのだが、ロナウジーニョのミスからレバンテ速攻。ほんと今日のカメラはバカみたいにアップのタイミングが悪いのでシウビーニョとかのカバーがどうかわされたとか全くわからんかったがヘイホが右サイドを駆け上がりクロス、一度クリアしてサイドアウトするも、再び放り込まれたクロスをリガがトラップした所をザンブロッタがハンドで止めてしまいPK。
思わずてが出ちゃったんだとさ。そうでしょう、それ以外に理由などありません。
それにしてもそのザンブロッタにブーイングってどうなのかしらね。
これじゃイタリア方面から心配な声が届くのも無理はないわよ。ふかしたRへのコールと対比してしまう今日この頃です。

ロナウジーニョについては小野寺さんが総括してらしたので丸投げ。個人的にはプレーとプレーの間、ブリッジが今ひとつに見える。現実的にはそこで奪われることが多いからその先のプレーは想像でしかないんだけども。

43分、そのロナウジーニョの七転八倒から右サイド渦中のザンブロッタへ、折り返して中央メッシ、一度シャビに落としてなおワンツー、シャビのヒールキックを受けてそのまま躊躇することなくシュート、ゴル!!怪物

ゴールの後、ハグ団子を抜け出すからどうしたのかと思ったら、ザンブロッタを励ましたかったんですね。ぶーたれ癖もありますが、いい子なんですメッシは。

VTR明けのロスタイム、なにがあったかバルサ陣ゴールまで30mの位置からレバンテFK。アンヘルのバックヘッドはオフサイド。ビックリしたっていうか、ごらぁカメラ!(怒

後半は野となれ山となれ。
エトーの背中は大きいぞ!若いお二人、よーく見ておきなされ。
a0088359_1892217.jpg
いつかバズーカ構えられるその日まで。

*追記*
↑でエトー大明神がパチリ撮ったのがこれ
a0088359_21513830.jpg
ムンド紙のカメラさんから借りたようですね。
これくらいの内容を続けてくれるのなら、これから先1ptだって縮まらなくったっていいさ。
来年がんばろ
でも、なにか妙薬を施してくれた訳ではないのでやはり逝ってよしライカー。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2008-02-25 15:08 | マッチレポート

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶