タイトル ボージャン胃腸炎をうけて

じょじょさんとこでボージャン胃腸炎、裏工作の臭い!?(そんなタイトルではない)を読んで思いだした。

G14が進化していたのを忘れてました。
UEFA、G−14に別れを告げECA設立
ヨーロピアン・クラブ・アソシエーションだそうです。
記事にもあるように、「代表チームに送り出した所属選手への補償金として4年ごとに欧州選手権の収益からある一定額を受け取る」だそうですが、主催大会関係なくユーロの収益から差っ引くっていうことなんでしょうか。それに、欧州以外の国の選手に対してはどういう話で結着したのか。

結局はある程度、余剰の見込める国々の協会ってのは選手数が多いっていう問題もありますが、傍目からするとさほど痛くないんじゃないかと思ってました。問題は渡航費もままならない国々。これらへの回答はどうなったんだろう。

国際サッカーにおいてクラブが積極的に関わりたいっていう考えは悪くないと思うのですが、そこに相乗性がないと余計な問題を抱えるだけです。是非ともクラブという看板で表に立った以上、選手に近い存在として尊重すべき物事をわきまえて欲しいと思いました。

だから代表行きをゴネるなんて、もってのほか(この人の場合は他にも訳がありますが)。
そんなんだから外野としては、キナ臭い団体が増えたなとしか思えなかったりします(^^;
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2008-02-06 17:11 | Fútbol四方山話

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶