タイトル みんな走ってるぞっ!!

マドリはバルサに欠けてるもので勝ち続けてるような気がして今節のライバルカードは見ていて凹みましたわ。バルサの試合よりダメージ受けました。
2-2に追いつかれての決勝打。
トーレスがスローインに向うのを待たずに、フリーになってるガゴへ即座に投げ入れたのはラウールロビーニョ(だったそう)です。それに連動したゴール前は気迫たっぷりでした。
こういうのって見ていて心がふるえる。
ロベカルがいた頃も彼のロングスローからラウールのヘッド!とか何度となくありました。しっかり継承していかなければいけない技術だと思いました。
がんばれよ、マルセロ(笑

ニハトはもう戻ってこないかもなぁと悲しんでました、シーズン始め。
ところがすっかりほぼトップフォームといっていい走り。ちっとも可愛くないイタリア人アタッカーのロッシとのポジ争いで先輩風吹かせてたんじゃないかと面白がるも、こちらもすっかり譲り渡したのか意気のあったプレーが多くみられました。
アトレティコと同じく、どうも落ち着きのないスコアが多いそうですが、ディフェンダーの怪我人が多かったのでその影響もあるんでしょうね。
ハビ・ベンタ、がんばってたなぁ。チンチンにされてたけどさ。

そのアトレティコ戦はまだ見てません。明日見ます。
今週はプレミアがないのでのんびりしてまして。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2008-01-30 03:11 | マッチレポート

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶