タイトル 第17節クラシコ(カンプノウ)

a0088359_22262442.jpg

慰めがあるとしたら追加点を取られなかった事。
マドリファンの中にも喜ばしくない勝ち方という気持ちがあるんじゃないかという事。
でもあたしがマドリファンだったら大いに誇りに思うね。
相手に欠けていたものを見せつけて勝利を手にしたんだもの。
工夫のないバルサに当然の対応をしただけ、かな。。





主審はクラシコ初ジャッジのメフト・ゴンサレス。
天気は晴れ、気温12℃ 湿度67%(現地18:30)
ロニはヘアバンドをとって登場。

バルサボールでキックオフ。
マドリはディフェンシブにスタート、頭からプレスをかけてこない。対してバルサはエトーを中心にいつも通り高い位置からチェック。あまり後に続かないのが気になる。

7’マドリ後方から中央バチスタ、ディアラとつなぎ右サイド下がり目でラウルへわたり、ダイレクトで前線のニステルへ。これはオフサイド。
直後、バルサ左サイドでロニがラモスをかわして左に開いたエトーへパス、これもオフサイド。

10分、依然マドリは引いて守り重視。
だけどボールを奪うと、上下に動くニステルと斜めに動くロビーニョでバルサのマークに歪みをつくりスペースを生み出してる。

中央ディアラから下がり目で受けたのはロビーニョ、ここから斜め右へ開くようにドリブルする。これに付いてファールしたのがガビ、ヤヤはというとディアラに遅れて寄せて行っていた。引き出されたスペースを埋めるのはチャビ。

11’ゴールまで40m強スナイデルのFKはぺぺの頭にどんぴしゃ。GKバルデス好セーブ。すぐさまフィード。
高く上がったボールをディアラが競り勝つもカンナバロとラモスが重なるミスからボールはチャビへ。前方のエトーに渡るもトラップがこぼれてぺぺのクリア。

13’エトーのインターセプトからチャビ、ロニとつなぎアビダルがオーバーラップ。これを使わずロニは中へ。エリアライン上のエトーをポストに再び受けるも、ラモスに寄せられ、こぼれたところをエトー、なんとかシュートを放ちCK。
エトー、チャビはアビダルに合わせてスピードアップしていた。

14’バルサCK後、マドリのカウンターもパスミスでぽしゃる。
この先マドリにペースが傾く。

20’後方カンナバロからバチスタ丁寧に落として、斜めに動くロビーニョへ。なんとか付いて行くヤヤ、画面後ろから来たカバーはロニでもデコでもなくラモス。慌てた対応のアビダルのファールはなし。

22’バルサ左サイドのロニがマークを2人引き寄せ、上がるアビダルへ。ゴール前にはマークを外したイニにチャビ、エトーも入っていただけにクロスの精度が欲しかった。

24’バルサの右サイド、イニが絡んだ初めての形。
分かっていた事だが、イニは外に張り出すタイプではない。ロニも当然のように中に入ってくるしアビダルとのいい形も少ない。ものすごく先細い攻撃だ。エトーが下がっていたらすっかすか。

26’後方マルケスからの待望の縦パス、カットされるもチャビが奪い返し前線エトーの足下へ。後ろから寄せるディアラのコースを読んだとこまでは良かったが、右足アウトで抜きにかかるところをカンナバロに止められた。ボールとエトーの体の間にすっと入る美しい守備。
変わってマドリカウンター。
中央バチスタから左サイドのロビーニョ、今回は縦にドリブル。スピードに乗ったロビーニョにプジョルでは厳しい。スパイクの裏を見せてしまいイエローカード。

28’スナイデルのFKからの誰かのヘディングはそれたが、GKバルデスはモミクチャで怖かった。

29’バルサ左サイド、デコ必至のキープからイニが受けてドリブル、裏に抜けかかるエトーへ渡ったところGKカシージャスのアタック。こぼれ球をイニ、ここもカシージャスとクロスプレーでCK。
CKをクリアされ後方ガビまで戻して立て直し、すかさず左サイドでフリーのロニへ、上手いトラップから縦にドリブル、フェイント一発でラモスをかわしスペースへマイナスのパス。シュートを狙ったイニとエトーがかぶり気味で、エトーの反転してのシュートのコースは無くなっていた。体勢のよかったイニの方がよかったか。

30分すぎて、見るとスタート時と比べてマドリの布陣は少し砕けてきている。

33’後方マルケスから右サイドのイニへ、引き出したカンナバロをドリブルでかわしゴール前のエトーへ、これを見事に空振り!そのままラモスも届かずロニの足下へ。シュート!はGKカシージャスの好セーブ、こぼれ球をデコのシュート、その前にホイッスル。ロニが後ろからラモスの足に入れちゃってましたがお咎めなし。
(ノーカットで)
35’GKカシージャスのフィード、ヤヤが落とすもディアラに拾われ前方ニステルへ、ここもマルケス競り勝つもラウルに拾われ替わって前に出たバチスタへ、右に開いたニステルをポストに裏へ抜け出しバウンドしたところを叩いてシュート。0-1
バルサペースに傾いていた中、この一連の攻撃はすべてダイレクトパスで作られていた。

ロスタイム合わせて7~8分。
気力を絞るバルサだが、目についたのは失って欲しくない位置での軽いプレーのアビダルとヤヤ。それとロニのダイブ連発。

おわり際、デコを倒したかなんかでラモスにイエローカード。
前半最後のFK、離れないラウルにぶち当たってそのまま終了。

後半、マドリのキックオフ。一度ラテラルに下げて前線に当ててきた。
後半もキープする様子は見られません。

1’ガビから左サイドのロニへ、ワンタッチで上がってきたアビダルにはたいてスローイン。サイドライン際でロニとアビダルでDF2人を抜き、アビダルからゴール前のエトーが空けたスペースへクロス、イニは入って来れなかった。

4’GKカシージャスのフィードをガビがトラップミス、ニステルに捧げかけたがヤヤがなんとか後ろからクリア。GKバルデスにバックパスになりそのままサイドのアビダルへパス。アビダルはキープに自信があるような感じが時々見受けられる。
↑のバタつきにマドリは前からプレスをかけ始めたが、潮目を見て7分過ぎる頃には再び自陣に下がった。

7’後方マルケスから左のロニ倒されてリスタート。後ろで回してヤヤのドリブル、DF4人を引き寄せながら中央に下がったイニへ。ディアラに当たってこぼれたところをロニが拾い、替わって前へ出たイニへ。DF2人の間からのシュートはGKカシージャスの正面。

10分すぎて、イニエスタはすっかりいつものポジションになっていた。空いた右上のスペースをカピタンは有効に使えるムードではない。
バチスタ、ロビーニョ、ラモスの効果的な攻撃にラインを下げられ、転じてもカウンターにスピードはなく、ビルドアップも叶わないので間延びしているバルサ。攻撃に厚みがない上スペースだらけ。

11’バルサ左サイド、ロニとぺぺの競り合いの後、右サイドでイニがバチスタに倒されFK。
アップが完了したジオバーニと交替するのはFKのポイントに立っていたデコ。
デコout ジオバーニin
これでジオバーニが右、イニエスタが左サイドハーフ。

13’ロニのFK、ファーサイドに飛び込むガビ狙い。DFのクリアでCK→ヤヤの打点の高いヘッドは枠の上。

15分過ぎて。
バルサは単発な縦へのパスが目につく。その割にスペースではなくほぼ足下へのボールで尚且つ動きが少ない。簡単に読まれ続けてる。それは守備にも蔓延し、マドリのカウンターはことごとくフィニッシュまで達する。

15’後方ラモスのインターセプトから中央ロビーニョ→バチスタのドリブル。戻り切れないカピタンの後ろのニステルに渡り、ファーへ流し込むシュート性の嫌らしいシュート。

後半ここまで、エトーにまったくボールが入らない。

20’前線と後方の意思疎通がとれずパス出しが遅く苦しいパスが続く中、ラウルのプレスにジオバーニが奪われ、フィフティーなボールにアタックするプジョル。ラウルとの接触で負傷。再びピッチに戻ったが、のちに右ひざに強い打撲、全治一週間と診断された。

22’バチスタのドリブルを倒してガビにイエローカード。

のこり20分、マドリはなんのタイミングか前線からプレッシャーをかけてくる。エウセビオとライカーは困り顔。

27’ガビからアビダルへ、ロニにわたしてオーバーラップ、空いたスペースをロニはドリブル、バイタルエリアで何故かぽっかりフリーになってるエトーへ、ここをスルーし後ろのイニへ。エインセに寄せられ前を向けず。
マドリのカウンター、寄せたヤヤの後ろには広大なスペースが広がっていた。なんとかマルケスが間に合ったがラインの低いバルサは見ていられない。

31’プジョルout ザンブロッタin 遅すぎる。
全く戻り切れずポジショニングも冴えない最終ライン、再三ピンチを招いていたのをみるとプジョルの怪我の状態が良くないのは明らかだった。

34’スナイデルout ガゴin

36’チャビout ボージャンin もはや理解不能。
ロニは右サイドハーフか4トップか。

37’マルケスから左サイドのアビダル→ボージャンとつなぎ中へドリブル、(いつやったのか分かりませんでしたが)足を痛めてるラモスは当然付いてこれず、コースが空いたとこをミドルシュート!GKカシージャス弾くも詰められずCK。

38’よく分からんがロニにイエローカード
そのロニからのCK、エリア中央ガビががすった後ろ、ヤヤのダイレクトボレーは枠の外。

39’ロビーニョout ロッベンin

のこり5分、マドリは高い位置でボールをキープ。
ボールを持っている選手以外はピタリと動きのないバルサ。ゴールまでのリアルな距離から得点への厳しさを感じてしまう。
活路があるとすれば、イニエスタとボージャン。

42’バルサ左サイド、再びボージャンの仕掛けにラモス、ファール。
ようやくラモスout M,トーレスin

43’ロニのFK、エリア中央カンナバロのクリアをディアラがクリアミス、ジオバーニ振り切ってミドルシュート!ぺぺの足に当たってCK。
こぼれ球をイニに託し左サイドをドリブル、倒されるもファールなし。

ロスタイムは4分。

1’マドリのFK、高い位置でキープに行くが失敗。
ボージャン低い位置からドリブル、イニへあずけてオーバーラップ。イニ、DF2人をターンでかわしボージャンへ、斜めにドリブル→逆サイドのジオバーニへ、中央に残ったボージャンに戻し、ようやく上がってきたガブリエル・ミリートへ。左サイドでフリーになったイニエスタにつなぎドリブルでエリア内へ、ゴール前へのクロスはぺぺに阻まれた。

2’中央でヤヤがラウルに倒されFK
ゴールまで50mくらいか。ロニのFK、ニステルのクリアボールをイニエスタがボレーシュート!ワンバウンドしたボールはエトーの足下へ渡ったが、そのままGKカシージャスがキャッチ。
マドリはしっかりとラインを上げていた。

4分と表示されたロスタイムは3分12秒で終了。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-12-26 22:28 | マッチレポート

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶