タイトル 第16節バレンシア対バルサ

正直、ワウが持ち上げるほどの試合になるとは最初から思ってませんでした。
アリスメンディの呪いに苦しむバレンシアなどさすがに相手ではないのです。

レビューを書くには今更なので絞って記録。

a0088359_18554162.jpg







えらいことこざっぱりとしたイトゥラルデの笛、バルサボールでキックオフ。
ここんとこ放送なかったしCLは見れないので久しぶりにみたバレンシアは4-3-3になってました。一方バルサはというと完全な4-3-3ではなくてグジョンセンがサイドハーフというよりトップ下と言えるほど中に入った布陣。イニがやや下がり目までカバーするので4-1-3-2とか4-2-3-1とかのように見える。
でもエトーはセントラルだし、メッシは右に張り付いてる。

グジョンセンは中央で前後に動き、バレンシアの中盤と最終ラインに歪みを作っていました。でも守備意識はそれほど言われてないのか高くなく、相変わらず切り替えの遅いヤヤのフォローはチャビとイニ。イニの空いたスペースはアビダルがカバー。
新フォーメーションを自分のものにしきれてないバレンシアはバルサの流動的なフォメに付いてゆけず、(中盤)ユルユルの(ライン)ズルズルでした。

開始3分弱で3回チャンス。マルケスからのフィード、カニサレスのフィードミス、カウンターの2次攻撃で簡単に裏をフリーでとれた。
といってもこれはバルサの手柄とは言いづらいのであんまり参考にはならないですかね。

モリエンテス負傷退場でビセンテin
これでアリスメンディの1トップ、申し訳ないけど勝負あり。
なんて余裕こいてたらメッシも負傷でout、CL最終節でゴルを決めたジオバーニin。そのまま右へ。

後半途中でヤヤout、デコin
エトーout、ボージャンin
たぶん右からジオバーニ、ボージャン、グジョンセン、中盤右からチャビ、デコでアンカーにイニ。
ほぼ流しモードだったので次節の参考になったのかどうか。。

クラシコを万全な状態で迎えられないことにファンとしては恨み節の一つも言いたくなるのは仕方ないよね。まして接触でない怪我ってのはどうもね。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-12-19 03:45 | マッチレポート

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶