「ほっ」と。キャンペーン

タイトル アーセナル×サンダーランド

お見事です。
a0088359_18312879.gif
左足でトラップして左足でシュート。すばらしいキレっぷりです。
あたしだったら空振りして左斜め後ろにすっ転ぶでしょうな。

試合になるんかこのカード?と思った通りキックオフと同時にゴール前でアデがフリー。
その勢いそのままに簡単に2点先制。
ところがどうだ。急にアーセナルのDFの動きが悪くなってきたと思ったらクリシーが抜かって2-1。もしかしてもしかしてと思ってたら2-2追いついちゃった。

試合前のベンゲルのコメント通り「普通のプレーをしたんじゃ負けるかも知れない」が色濃くなってきました。
たしかに今年のアーセナルは強いと思う。去年よりも得点率が上がってるのは言うまでもないし、シュートへの意欲が強い。遠目からも積極的に狙って、さらに決めている。
でもねー、調子良い時ってやりゃ入るんですよね。遠くからでも人に当たってでも入っちゃう。問題は "なんとなく点が入らなくなった時" 。調子が良かった時のように何ら変わらないつもりでやってるのに入らない、とか、ある選手がいないと上手く回らない、でもベンチが薄い、とかなると。。シーズン長いからね。

いまのアーセナルの闘将っていうかムードメーカーみたいなの誰なんだろう。
CLだったか勝利した後、アデがみんなを呼び集めて勝利の円陣(?)みたいのしてたの見たけど。

でも結局は格の違いを見せつけて勝利。
精神力でまさったわね。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-10-10 18:55 | マッチレポート