タイトル CLグループリーグ第2戦

昨日ようやくフジTVでセルティック×ミランを観ました。
前半は強烈な眠気に襲われながら観てたのであんまり覚えていません。挙げ句、観る予定の試合結果は知りたくないので公式レビューも見れないのでかなり大雑把にいきます(笑
ミランが攻めていながらもあんまり元気がなく、セルティックが防戦にまいどフィジカリティに来ていたような気がします。ミランはそれプラス土砂降りで萎えたと思います。





後半はセルティックが息を吹き返してました。でもこれといった攻撃センスも感じられないのでいつものように試合巧者のミランが勝つだろうと思いました。だって、セルティックがこのまま攻撃に傾く以上はかならずミランにチャンスが来ると思うから、そしてそれは確実に決めるんだろうから。セリエでは最悪なスタートを切ってるそうですがそんなの関係ないし、逆にカップ戦で良かったりする事が多いもん。

でもつまんないCKでセルティックが先制。その数分後PKでミランが追いついた。
このまま終わっても双方満足だったと思う。
そこをそうしないのがセルティックでありストラガンであり、セルティック・パークである。
後半40分くらいだったか、怪我で3試合(?)欠場してた俊輔投入。一度でもFKを得られれば勝機が見える。が、正直なところ偉い雨だし、しっかり蹴る事もままならないとかいう話もあるし、さすがにねえと思ったよ。

あれは終わりかけ何分だったか、俊輔が右サイドでキープし切り返して中に落として誰かがシュート。GKジダが弾いたところをとても小さい人が詰めてゴル!
酔うだろねえコリャ。
セルティック・パーク+CL+俊輔は怖い。

俊輔がどれほどの選手か。ほぼ↑の下線ver.でしか知らないので私は何とも言えない。
でもそろそろカラッとした土地でサッカーしてみたくないかい?
ひとまず歓迎するよ。

感極まったセルティック・サポが乱入しGKジダにへなちょこラリアット喰らわせて捕まった。ジダは氷嚢しながら負傷退場。大事には至らないだろうし、ジダの脳裏にはかすかに「これでなんとか」という考えが過っていたかもしれない。だけど悪いのは乱入したサポで、静止できなかったセルティック・パーク。
トニーよ、言って良い事と悪い事があるんだとそろそろ覚えなさい。無用な火種は起こしなさんな。日本だからって気を付けた方がいい。

フジTVのアナは「ミラン痛い黒星」て言ってたけどそんなこたない。
ここは確実に一番楽なグループだ。残り全部勝ちゃいい。ミランはそんなことできるチーム。一方でリバポーは頂けない。後の勝ち点がそれほど保証されてないと思う。結果抜けるにしろCLグループリーグ、混戦は避けるのが得策。

さて、今日深夜ようやくバルサ戦観戦です(^^)
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-10-05 11:48 | マッチレポート

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶