「ほっ」と。キャンペーン

タイトル 第4節バルサ対セビージャ

a0088359_1849572.jpg
期待しないでいると好転したりするのが世の常であり私の人生。
どんな解決をしたのかはどーでもいいけど、いずれにしても浅ましい。
とにかくセビージャ戦の放送がありました。

セビージャは失敗だったと思う。
アーセナル戦の完敗が堪えたのか、理想主義ばっかじゃアカンと思ったのかしりませんが偉く守備的にきました。カヌーテの1トップにヘナトを付け、中盤にもポウルセンを配備。ダニエウも上がって来ないし、ドラゴはメッシにストーキング。
立ち上がりこそググっと来たので「こういうチームはイヤなのよねぃ」なんて思ったのですが、直ぐさま4人+4人の包囲網をひいてきました。当然監督の指示なんでしょうが、これほどまでに選手もいう事を聞くって事は、それが最善だと摺り合わせできたという事なんですかね。





で、まあ充分に苦しめられたバルサな訳ですけど、メッシだけは止めるにも限界があるんですよね。ジオバーニ入れちゃうと匂いが格段に増しますし。
今回のジオバーニは目立った事はできませんでしたが、存在の怖さはすでにアンリに勝るとも劣りません。

そのアンリ。
終始時間稼ぎに精を出すGKパロップにプレッシャーをかけてほしかった。
エトーなら確実に執拗に食い付くはず。
アンリにエトーになれと言うつもりはないけど、それはエトーが見せないアンリの特異なプレーを見せてくれてからの話。かといって現地メディアのようにせっかちに結果を求めている訳ではないですが、そろそろもう少しキレを見せてもらいたいところ。
ヤヤやアビダルなんかは100点満点とは言えなくても期待の2文字は点灯してる。


メッシはそのサラサラヘアをお切りなさい。
ジオバーニはジャニーさんに気を付けなさい。
イニエスタ、ボージャンの本音は高感度アップです。
おかげでロナウジーニョ・シンドロームは完全に脱却できたようです私。
もちろん元気に活躍してチームを高みに導いて欲しい。仮病なんじゃないかとは思ってますが、何だか一杯一杯で気の毒だわ。

とにかくセビージャに勝てた事は純粋にうれし!

FICHA TÉCNICA
BARCELONA
Valdés; Zambrotta, Márquez, Milito, Abidal; Touré (Oleguer, m. 88), Xavi (Giovani, m. 71), Deco; Messi (Bojan, 89'), Henry e Iniesta.
SEVILLA
Palop; Alves (Martí, m. 82), Boulahrouz, Escudé, Dragutinovic; Jesús Navas (Kerzakhov, m. 78), Keita, Poulsen, Adriano (Duda, m. 46); Renato y Kanouté.
Campeonato de Liga de Primera División. Jornada 4
Estadio: Camp Nou. 77.399 espectadores.
Árbitro: Undiano Mallenco (Colegio Navarro). Tarjetas amarillas: Zambrotta (20'), Navas (36'), Dragutinovic (53'), Poulsen (55'), Touré (80'), Kanouté (84') y Deco (86')
Goles: 1-0, m. 74: Messi. 2-0, m. 80: Messi. 2-1, m. 90+1: Kanouté.

相変わらずマジェン子さんはテキトーにカードを出しやがる。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-09-23 18:59 | マッチレポート

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶