「ほっ」と。キャンペーン

タイトル 第2節バルサ対ビルバオ

サッカーで受けた痛みはサッカーで癒す。
プエルタの死に伴い心不全に倒れるまでの経過や原因を追及するあまり、ご家族やチーム関係者の心情を度外視するような考えをしてきたかもと少し自己嫌悪に陥ってたのですが、ようやく始まってくれたバルサ戦中継でちょっぴり気持ちが軽くなりました。
多情な私ですが、やっぱりバルサファンなんだなぁ〜ってシミジミ思いました。

さて。

a0088359_16443360.gifガンペール杯でカーサ・カンプノウでのお披露目は済んでいましたが、やっぱり本番となると緊張するしその分楽しめましたね。
前回エンジン不全開だったロニーやデコも良かったと思う。
当然注目の的になるアビダルとヤヤも攻撃面は堪能させてくれました。守備面はそれこそコンビネーションが大切なのでまだまだ判断できません。でもプレステージに比べると格段にマッチしてきているように見えるので期待できそうです。

目立ったのはアンリの頑張りとメッシの波のなさ。
最近のバルサにはなかったストライドの大きな走りのアンリ。惚れ惚れします。セントラルでの目立ったプレーはありませんでしたが、サイドに開くと生き生きする。敵陣のゴールライン際での粘りはさすがプレミア仕込み!(プレミアは時計回しは常套手段ですから)長い手足を使って起用に翻弄してました。
そしてメッシって奴は本当にフェノメノ。
a0088359_16445384.gifよくドリブルなどを「強い」とか「倒れない」とか表現しますが、この子の場合は適切ではない。
「すり抜ける」とか「貫通する」とか「ヌメってる」とかが正解。
何ていうか、水銀みたいに一度バラけてもまたくっ付いて一つになるような。もしくは表面の摩擦係数がゼロでどんな接触も去なしてしまう。そんな何ともSF的なドリブルです。
トップチームデビューしてから怪我での離脱はあったものの、大きな好不調の波もなく、依然キラキラ度が増しているメッシ。恐ろしいです。

ガビもデビューしたし、(マルケスがロハったので)次節はスタメンかな。
リリアンがまた拗ねるかな。


スライドはツボッたシーン。
あたしゃ、も少し背が欲しい。チャビがチャンバラトリオ(それともレツゴー3匹だったか?)よろしく両側から突っ込まれてたところと、ヤヤとイニの立花兄弟よろしく・・・何シュートだったかなぁ。
とまぁ、観戦初戦ですのでやんわりと(^^)

↓ではもう少し突っ込んでます。 





a0088359_2150120.jpg



控え
ジョリケラ、ガビ、シウビーニョ、リリアン、イニエスタ、ジオバーニ、サンティ

エトーが右太腿前直筋の部分的断裂で離脱。ガブリエルと無事国籍取得できたジオバーニがベンチ入り。

主審はメヒア・ダビラ






【前半】
早速ポジションチェンジをするロニとアンリ。ロニはなにやら張り切っているので期待しましょう。
(あとでわかったのですが、お子のジョアン(JOAO)が来てたんですね)

6’ビルバオの速い攻めを防ぎチャビ→デコ→ロニとつなぎドリブル、エリア手前で倒されFK
8’ロニのFKでGOOOOOOOOLLLLL!GOLGOLGOLGOL!GOOOOOOOLLLLL!!!
ジョアンを指差してご満悦(^^)

ガンペール杯でもそうでしたが、少ないタッチでボールがよく回ってます。なんで開幕戦エンパテったんだろう。それにしてもカンプノウのピッチは緩そう。

12’ビルバオのFKをGKバルデスがキャッチ、ゴール前で壁を作っていたマルケスが素早くサイドに脱し、ボールを受けて前線のアンリへ。ガビにもここら辺を期待したい。

16’私の気に入ったシーンはここ。
中央デコからアンリ、縦のワンツーでアンリからアビダルへ→さらにデコへ、ここでフリーになったアンリがデコに視線を送り要求。抜け出したポイントにデコから絶妙なパスが出た。
チャンスには繋がりませんでしたが、バルサに来て間もないのに、周りに合わせるだけでなく、しっかりと要求できている辺りはさすがの一言。グジョンセンにもこれを期待してたんだけどなぁ。

早くもワンサイドゲームのよう。両ラテラルの位置が尋常な高さではありません。

21’中央からチャビ→ロニ→メッシ→ゾロとワンタッチで繋ぎ、ゴール前のアンリへ!と思ったらゾロが転けました。ピッチのせいでしょう(笑
23’中央でゾロの競り合いからチャビ→右に開いたロニ→上がったゾロ、今度こそクロス!はニアに入ったアンリの前でDFにカットされました。

信藤氏も言ってましたがスタンド観戦していたグジョンセン、真っ黒に日焼けしてた。隣にいたそっくりさんは娘さんかしら男の子だそうです、次男くん。

25’デコ、スサエタを倒してイエローカード。今季早くも2枚目。
スサエタは右に開いたりかなり起点になってる。エチェベや恥骨炎手術をしたジェステの分まで頑張ってビルバオを盛り上げてほしい。

30’アンリ中央低い位置からドリブル、ロニに預けてワンツー、抜け出したところにスルーパス。GKイライソスと交錯しながらのシュートはDFがクリア。
アンリの後ろ足がGKイライソスのアゴに直撃してドキッとしましたが、その後もプレーを続けたのでホッとしました。
34’今のがPKになりロニPKでゴル。立ち上がったGKイライソスを労りに行ったロニ、さすがです(^^)
それにしても何で今のがPKなんでしょう。アンリのPKを貰いにいくかの様に残しにいった足がアゴにヒットするわPKだわでは惨すぎる。

ヤヤは体格のせいか要となり、なかなかの存在感を見せていますが、少し運動量が少なくバランスや起点の面でもチャビ・デコがかなりフォローしてるように見える。もちろんこれからなので、よーく頭を使って彼らのプレーを参考にして欲しい。

41’中央でチャビ→メッシ→ロニとつなぎ、エリア前でスルーパスを受けてメッシ、シュート!
¡¡Uuuuuuiiiiii!!惜しくも左にそれました。

ロスタイム3分
1’中央チャビからアンリとの縦のワンツー、後ろを上がったアビダルに渡り逆サイドに飛び込んだロニへクロス!¡¡Uuuuuuiiiiii!!ダイレクトボレーはGKイライソスがクリアー。
アビダルは足もパスもクロスも速くて、おまけにテクニックもある。良い選手だわぁ。

2’スサエタ、メッシを引っ掛けてイエローカード。

前半ラストはアンリのゴールライン際での粘りからデコのフィニッシュで終了。


【後半】
ガビロンドout ベレス(FW)in

バルサは少し慎重な立ち上がり。最初にチャンスを作ったのはビリバオ。
7’後方から縦パス一本、前線のベレスへ。トラップが少し大きくなった所をオレゲールがクリアー。
9’一方バルサもマルケスから前線のアンリへ。オフサイド判定でしたがオンサイドのようでした。
10’メッシが足を踏まれてダウン、またピキっとしちゃったかと心配しましたが大丈夫のようです。焦りました(°д°;)

後半は結構のんびりしてます。

14’中央デコから左サイドのアンリ→上がってきたアビダルにつなぎ、フリーでエリアに入ったアンリに戻しシュート!またポスト!¡¡Uuuuuuiiiiii!!
クリアボールを奪い立て直してデコがドリブル突破からシュート!¡¡Uuuuuuiiiiii!!GKイライソスがクリア。こぼれ球をメッシがシュート。
この一連の攻めの間、初っぱなにポストに阻まれたアンリが硬直してるのがおもろかった(ってる場合ではないが)。

15’そのアンリout バンビ・ジオバーニin
16’直後、デコへのパスが乱れたところをスサエタにカットされドリブル、倒したマルケスにイエローカード。
18’エリア少し手前からビルバオのFK。笛が聞こえなかったのかGKバルデスはポジショニングしていなかった。スサエタのFKはわずかに枠の外。

21’デコout イニin
あんまり形が作れていないのが気持ち悪い。得点はFKとまがい物のPK。流れからのクリーンな1点が欲しい。

24’中央イニから左サイドにいたメッシへ、イラオラを難なく振り切りエリア中央のロニーへ、おれをスルーして逆サイドのジオバーニどフリーでシュート!ん〜力入ったか・・・。

26’転じてビルバオのFK、ゴールまで40mほど。放り込んだクロスをGKバルデスがこぼし、スサエタダイレクトでシュート、ゴル2-1
その直後、ジオバーニとロニの縦のパス交換からロニがポストになり、落とし球をヤヤ&イニのシュート!バーに当たったのが真下に落ち、これがゴールという判定で3-1。
シュートが放たれた時、線審はかなり手前にいた。

31’アモレビエタのワンツーからの抜け出しを妨害してマルケス様にドブレ。
32’ロニout ガビin
34’ジオバーニのドリブルにアフタータックル、コイキルに一発ロハ。
35’スサエタout クエージャルin
ビルバオには冗談じゃない展開ですもんね。。。

ロニが抜けてそのまま4-3-2の形。
ヤヤが攻撃参加したくて仕方ない感じでしたが、ここからはメッシ&ジオバーニのショーケースとなってました。
ロスタイム3分、そのまま終了。
a0088359_2148973.jpg
とーちゃーん
(露出が多いと心配。だって、ロニのお子だもの)

[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-09-03 16:50 | マッチレポート