タイトル H

a0088359_4493742.jpg
とうとうアンリが来る。

・・・正直なところ、言葉に詰まってしまいました。
早いものでもう29才になった彼ですが、ポテンシャルは疑うところにはありません。
でも、個人的には去年のCLの後の一件がまだ鮮明に頭にこびりついてます。あの時の態度や発言はグッドボーイには程遠く、死ぬほど悔しかったとはいえ正直ビックリしました。
今のが言葉に詰まる一つ目の理由(器ちっせ)。

二つ目はラポルタの意向がバカ通りした事。
何カ年計画?
会長なんだから当たり前なんだけど、契約ってのは現状に必要だからするもんでしょ?好きだから獲るってウイイレじゃないんだから。ウイイレやったことねーけど。
なんとな〜く時期を間違えてる空気が流れてるんですよね、どうです?







そして。
私は今のバルサをいじる必要はないと思っています、プジョルとエジミウソンの怪我で、DFはお借りする必要があるかもしれませんが。
彼らが存分にフットボールに集中して楽しめればまた美しいサッカーが戻ると思ってます。
でもそれをさせるのが難しい訳で、人間誰しも慢心は避けられないし飽きもする。それを上手く良い意味で刺激しつつまとめて士気を上げていくのが監督だったりコーチだったりするんでしょう。それが出来ないがために今季のような醜態をさらしたり、アンリのようなボリュームある選手を獲得するのでしょう。
結局のところ「改革」とやらは別の箇所に施すべきなんじゃないかと思ってしまうのよね。

さて。
アンリはどんな人か。
間違いなく王様でしょうかね。
ゴール前で良いポジ取りをしたのにパスが来なかった時のあのダダのこねっぷり、ものすごく愛らしい(笑)「あぁ、ストライカーだなぁ」なんてつぶやいちゃいます。もうすぐ三十路になる彼ですが、ゴレアドールに年齢なんて関係ないのでしょう。
前述したようにカンフル剤として成り立ってもらわなければ40億の意味はないでダダこねるくらい見せてほしいのですが、ピッチの外では実年齢通りの役割を期待したいところです。
エトーとは仲が良いそうですが、いざ同じ、いや多少ビハインドした状態に並ばされた時に頑固者2人はどうなるのでしょうか。
「規律を厳しくする」とラポルタに言わしめた(と個人的は思い込んでます^^;)ロナウジーニョとは色んな意味でどうマッチしていくのか、などなど。
三つ目は絞りきれません。
まして、誰が抜けるとかシステムとかなんてもう考え及びもしませんです。。。


アンリがバルサに来た理由は憧れだったからだそうで。
現実的にはアーセナルの副会長が軋轢で退任、その影響もあって恩師ベンゲルが契約延長をしなかったから。

しかし4年契約ってホント?
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-06-24 04:59 | Fútbol四方山話

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶