タイトル 見る猿、聞く猿、言う猿

a0088359_1727782.jpg


Luis García:
“Me gustaría que ganase la Liga el Barça”(SPORT.es)


この子の無償の愛はステキです(T T)
経過は順調そうですね。




大方のバルセロニスタが「ロナウジーニョ擁護」の姿勢をとる中、個人的な心情としての形勢は芳しくはありません(毎度の事ですが)。
当のロナウジーニョ本人は、FIFpro年間最優秀選手ノミネートの会見で初めて公にしたコメントで「我々は貴重な3ポイントを勝ち取った」というような事しか言ってなかったそうですが(じょじょさんThanks!)、しばらく見守りたいと思います。

私はバルサというチームが好きで、何もかも受け入れる覚悟は出来てます。
でもそれはすべてを肯定する事とは違うと思っています。盲目にはなれないし、なりたくないのです。
知った事を知らなかったようには出来ないし、より真実に近づきたいと思うのは自然な事です。私自身も以前と比べるとかなり「斜め見」するようになってきています。
自分のクラブを盲目的に愛す事は熱く素晴らしい事ですが、それは排他的という事にもなります。もちろんサッカーにおいてはそれでも構わないと思います。
でも私にとってサッカー観戦は生活の一部ですし、結構な部分を占めてます。そうなると実社会での自分と、サッカー観戦する自分を切り離して振舞う事は不可能なんです。
「No! racismo」と言う傍らで「Madrid cabrón」と言う気にはなれません(あの状況では面白がりはしましたけども)。
でも少しジェラシーを感じる部分もありますけどね。。。

選手は精一杯やってると思います。
だからこそ、一言言いたくなるのです。
思ったように振るわず、矢面に立たされながら一年間がんばってきたのに、なぜ今!
クラブやチームメイトの事を抜きにしても、そう考えれば考えるほど、一番心残りになってしまうのは本人です。自分のためにも、耐えて欲しかった。

お世話になってるマドリディスタのjumpimさんが記事に取り上げて下さいました。感謝!


まぁ〜とにかくリーガ2モア!
がんばってくれ〜〜い。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-05-31 17:34 | Fútbol四方山話

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶