「ほっ」と。キャンペーン

タイトル 第30節バルセロナ対マジョルカ

a0088359_4273617.gif


ロニーは扁桃腺炎で非招集、ベレッチが帰ってきました。

一方のマジョルカはビクトルも、マキシもヤンコビッチも控えスタートで、正真正銘0トップ。どんなゲーム展開になるかは火を見るよりも明らかってやつです。

キックオフ前、エトーはイレブンと抱き合って士気を高め合っていました。アタシもしてほしいわん♪


主審はラミレス・ドミンゲス(Ramírez Domínguez)



【結果】
1-0
渇望したさ!もの凄くゴールを渇望したよ。
こんなに神にもすがりたくなるような気分は久しぶりでした。そしてたった1つのゴールにこんなに喜びを感じたのも久しぶりでした。それがたとえナバーロゴールでもね。
そんで思ったの。
負けるよりは何億倍もマシってね。勝負事なんだから勝つ事に意義ってあるんだなって。
何でもいいから優勝して欲しいって。
こんなに苦しんだシーズンだからこそ、優勝して欲しいって。
90分走り回った選手、90分応援したファン、これの38倍。
最後は優勝で締めくくらなきゃ!

いけいけ、バルサ! 







【前半】
さて、思った通りドン引きマジョルカ。高めの位置でボールを奪えてもだ〜れも飛び出してきません。バルサとしては早めにこじ開けたいもんです、1点とればこっちのもんでしょうからね。

3’他スタジアムの速報を告げるジングルと同時に歓声が上がりました。バレンシア×セビージャだろね。

10分過ぎ、ここまではトップのエトーに当ててビルドアップという定石通りの崩し。両サイドも高めにポジして横軸にも厚みがある。

13’そのサイド、右のゾロがまとわりつくホナースの前に上手く身体を入れてFK獲得
このマッチアップは楽しめそうですよ♪

エリア右横からデコのFK、ニアに飛び込んだマルケスのヘディングシュートはポスト!
¡¡Uuuuuuiiiiii!!

お得意の形でした。

解説の進◯氏は「マジョルカの守備は無抵抗」と表現したが、私にはリバポー戦を思い出させるイヤな展開にならなきゃいいが…と。
もちろん、その両者には大きな相違があるし、あれほど美しく揃ってはいないけどね。だけど、消極的というより、半ゾーンディフェンスというようにも見えて、ユルユルとスペースを消していく様はあんまり気持ちのいい感じではない。これを100%続けられたら、バルサは苦しいと思う。

16’マジョルカ陣エリア手前でナバーロ、デコを倒すもファールなし
デコ冷笑、ファンは激怒。
スローで観ると、まぁ確かにボールにはいってるようです。

17’今度もホナースとの勝負はゾロの勝ち。抜き去り、右サイドからファーに入ったエトーへクロス

20’中央こぼれ球をつなぎ左サイドのホナースへ、初めて攻めの姿勢をみせたが、今度もゾロが立ちはだかる!

拍手がおきてましたね。

右サイド、ジュリへのロングパス、ナバーロのカミソリタックルが!
とにかくこっちサイドが盛り上がってますね。

24’GKバルデスから一気に前線のエトーへ、ヘッドで落としヌネスの頭を越えるようにループでかわすも、バジェステロスにクリア

25’マジョルカ陣エリア手前でパス回し後、右サイドのジュリからゴール前のエトーへ、チレーナは枠の上

どんどこ攻めるバルサ。

29’中央イバガサから左サイド飛び出したホナースへ、ゾロのチャージを振り払いエリアに侵入、GKバルデスと交錯してPK獲得、値千金!
ところがどっこい、そのホナースのシュートをGKバルデスがっちりキャッチ!

そうなんです!うちの子、結構止めるんです。
スローで見ると、バルデスの懐に足を残してダイブしてるのがよ〜くわかります。
バルデスは割と早めに身体を投げ出してしまっていたから、かわした方が良かったかもね。だってPKのシュート完全に気後れしちゃってるもん(笑
あ、ホナース。誰かに似てるなぁ、なんて思ったらホセマリか。な〜んだ。

31’マジョルカ陣エリア右横でナバーロ、ジュリのシャツを引っ張ってイエローカード
メッシのFKは壁の下を狙ったのかな。

a0088359_4344490.jpg




『引っ張ったけど外でだよ!』っていうナバーロの告知。頭トンガってるし、アホ丸だし(笑






いくら無理矢理リバポー戦を彷彿とさせるっていったって、この人達はリバポーではなくマジョルキンです。だからいずれ点は入るだろうと思っていたのに、早くも35分経過。うーん。
でも、「あと10分」と思った瞬間がチャンスってね!

39’後方デコのドリブルから中央のエトーに当てて右サイドのジュリへ、ナバーロをかわしてシュート

43’バルサ陣エリア右横でジオ、ドリブルするエクトルのかかとを突いてファール

アランゴのFKはGKバルデス正面でした。

アランゴ、変なパーマかけたなぁ。リーゼントみたいになってるし!?

***Ex.1min***
そのアランゴのキープしたところを3人で囲み、奪ってメッシドリブル、堪らずバジェステロス引っ掛けてイエローカード
ファールで止められた後のメッシの顔!それそれ!その太々しいような切ないようなその表情がいい!

前半ラストプレー。エリア手前からデコFK・・・
デコのすっぱい表情の中、前半終了。


【後半】
後半からメッシとジュリのポジを入れ替えてきました。
ジュリ左って初めてかなぁ、前にあったかなぁ。
一方のマジョルカは前半同様スコアレス狙い。これって "つまらん" って言えばそれまでだけど、ある意味もの凄い肝の据わり様。

9’マジョルカ陣右サイド、エトーのスローイングからメッシへ、エリア横でナバーロに倒されてFK。
デコFK、早いボールにニアに飛び込んだプジョルのおしゃれシュート!

惜しい!残念ながら真後ろにヌネスが居ました。

10分過ぎてゲーム展開は変わらず。そんな訳でライカーが動きます。
13’ジュリout コネホin
テュラムout チャビin

マルケスが最終ラインです。

15分過ぎて、エトーがサイドに開いたり下がってきたり、ジオとゾロが中に入ったりとかなり広範囲で流動的にポジ交換を見せながら何とかマークのズレやスペースを作り出そうとしているバルサ。うかうかしていられない状況ではあるのだけど、見応えがあるし、単純に面白い。

22’中央イニからチャビ→エトー→チャビとつなぎ、裏に飛び出したサビオラへスルーパス、シュートはGKモヤ、セーブ
ボールに歩幅を合わせるようにシュートする、なんともサビオラらしいシュートでした。
エトーが下がってくる事でDFラインにクランクができ、それを逃さずスルーパスを差し込むチャビとそれを信じて飛び出すコネホ(泣

27’中央で、主審に当たったり(怒)プジョルが滑ったりしながら繋ぎ、チャビからデコ→左サイドのジオへ、ダイレクトでゴール前にクロス!飛び込んだエトーは押し込めず!Uuuii〜
くーーーーーぅ!これは決めて欲しかったぁ!!

28’アランゴout ビクトルin
プラン通りとはいえ、辛いねアランゴ。

29’中央でこぼれ球を拾い、イバガサそのままシュート
おう!ビックリした。

30分を過ぎてさすがに焦りが見えてきた。球際に力みが見られる事がある。

35’ゾロout ベレッチin
頼む!神さん。

このレビューを書くのに、一度見た試合をもう一度見てる訳なんだけども、それでもジリジリしてきちゃいます、この展開。

37中央でイニ、チャビを中心にパス回し、チャビ前が少し空いたのを逃さず右サイドエリア手前からゴール前へクロス、飛び込んだエトーの手前でGKモヤがセーブ
38’右サイドのベレッチ、削られながらもドリブル→右に開いたサビオラに渡りエリア中央のメッシへ、シュートは枠の上

2タッチ目でシュートにいくつもりではあったのだろうが、少しトラップが流れたので爪先シュートになったように見えた。

そしてベレッチ。ここでやってしまったようですね。この後もピッチに留まるもプレーはできませんでした。
結局、右足の二頭筋を損傷。全治には3、4週間と診断された(T T)

41’中央メッシから左サイドのジオへ、エリア中央でエトーが折り返し、エリアに入ったチャビのチレーナ…ファール取られちゃった

残り5分を切りました。
少し強引な手法に出てもいいかも知れません、Rのように。

42’イバガサout ヤンコビッチin
彼もアランゴ同様、守備に徹してました。おつかれさん。

43’デコ、左サイド後方からベレッチを気遣うようにそのままドリブル、スルスルと上がってエリア右横でナバーロに倒されFK獲得、よし!
チャビFK、エリア中央マルケスがヘッドで落とし、コネッホシュート!なんとポスト直撃!跳ね返ったボールがナバーロに当たりそのままゴールイン!
0.99コネッホGOOOOOOOOLLLLL!GOLGOLGOLGOL!GOOOOOOOLLLLL!!!
0.01ナバーロ、グラシア〜ス!


***Ex.4min***
バジェステロス、上がってきて闘志を見せた。
って今気付いたけど、彼カピタンなんだね!

バルサ、キープし続け4分きっかりでフィニッシュ。
いや〜苦しかった。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-04-18 04:37 | マッチレポート