タイトル 第26節クラシコ -カンプノウ-

a0088359_17327100.jpg
3-3
何だか馬鹿みたいな変わったクラシコだったなぁ。
少なくとも私が見てきたクラシコでは、こんな馬鹿みたいなクラシコは初めてです。早い話が点の取り合い、攻撃すりゃ点が入る、攻撃させりゃ点を取られる。
私の中でのクラシコってのは、いわゆるジリジリした感じ。良い所の消し合いで引き締まった時間。
今回はそれとはまったく違う展開でした。
互いのダメな所のお披露目会みたいな感じでした。

解説の野口さんも言ってましたが、4-2-3-1のマドリーに対して、3-4-3はやはりミスマッチのように見えました。ある程度の支配率と主導権を握れていれば魅力的なサッカーを実現できるシステムなんでしょうが、今のバルサには少し荷が重いかもしれません。
あと、何故エトーをセンターにしないのかがよく解りません。リバポー戦もエトーを中にしてる時間帯の方が、スムーズなように感じたのですが。

しかしまぁ、メッシはすごかった。ホルモンが出まくってました。
モッタへのメッセージも胸を熱くしました、カンプノウにもたくさん激励メッセージが掲げられていました。
個人的にも多少の罪悪感を感じていたので、何だかこみ上げるものがありました。
乗り越えてくれ!モッタ、笑顔が見たいです。
【追記】実は金曜にお父さんを亡くした叔父さんとお父さんに向けてのメッセージだったそうです
じょじょさんとこで教えてもらいました)。叔父さんとお父さんのお父さんって事はメッシのお爺ちゃんってことか!?TIOってチアゴの愛称かとすっかり勘違いしてしましました。


ガゴもすごかったなぁ。
マドリーの若い子たち、だいぶ掴めてきました。

なんていうか、支離滅裂なレビューになってます。
チョイチョイ去年のバルサみたいなもの凄さが垣間見れたのは嬉しかったのですが、同時にそれを奮起したのがマドリーってのがね、なんとなくね。
でもお陰で、おごりを認めざるを得なくなったのは良かったのかも。
後ろ向きな感想に聞こえますが、そうではなく、付き物が落ちたような爽快感すらあります。

私はこんな感想です。他の人はどう感じたのか、楽しみ!





Barcelona 3-3 R. Madrid

Víctor Valdés,Márquez,Puyol,Thuram,Oleguer,
Xavi,Ronaldinho,Deco,Iniesta,Eto´o,Messi
(Jorquera,Belletti (71'),Sylvinho (46'),Saviola,Gudjohnsen (80'),Ezquerro)

Casillas,M. Salgado,Sergio Ramos,I. Helguera,M. Torres,
Diarra,Guti H.,Gago,Raúl,Van Nistelrooy,Higuaín
(Diego López,Mejía, Raúl Bravo,Marcelo, Emerson, De la Red (80'),Cassano,Robinho (60'))


CAMBIOS
46' Eto´o por Sylvinho
71' Deco por Belletti
80' Márquez por Gudjohnsen

70' Raúl por Robinho
81' Guti H. por De la Red

GOLES
10' Gol Messi
27' Gol Messi
87' Gol Messi

4' Gol Van Nistelrooy
12' Gol Van Nistelrooy
72' Gol Sergio Ramos

TARJETAS
12' Oleguer Tarj. A
28' Márquez Tarj. A
43' Oleguer Doble A
44' Xavi Tarj. A
51' Deco Tarj. A

20' Sergio Ramos Tarj. A
42' Van Nistelrooy Tarj. A
66' Diarra Tarj. A
70' M. Salgado Tarj. A
88' Gago Tarj. A

Arbitro: Undiano Mallenco
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-03-11 17:06 | マッチレポート

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶