タイトル 第20節ビジャレアル対R.マドリー

1-0
この結果通りの内容だったかなと思います。
なにかマドリーは元気がない。色々悩みはあるとは思うが、それはそれとしてもう少しできてもいいのではないかと思ってしまう。だってそんな気にさせてくれるメンバーですもの。
若手もなかなか良さそうですし(だいぶ特徴は掴めてきましたが、語れるほどには至らず申し訳ない^^;)、ニステルにレジェスにロビーニョですもん。もっとできるよ〜。

これは(よもやセルタ戦で小マシになるとは思いもしてなかったので)バルサにも言える事ですが、立ち上がりから元気がない。落ち着いて自分たちらしいフットボールを!と思い過ぎてるのか『我武者らさ』というか『勢い』がない。たしかにアウェイで、エル・マドリガルというスタジアムは難しい部類に入るとは思うが、だからこそ相手にやらせ過ぎてはいけない。
右サイドはマルコスにやられ過ぎでほぼ壊滅、左サイドはロビーニョが活かしてくれないし。中盤のプレスは甘く、前線にボールが入らない。
あ〜これもそれもバルサにも言えるなぁ、なんて思って観てました。
(しつこいようですが、翌日のバルサがセルタ戦で小マシになるとは思いもしてなかったのでこんな気持ちで観てました)

一方で、リケルメを過去のものと自他共に認めた新生ビジャレアルは若さ溢れるチームになっています。左サイドのマルコス、中央のマティアス、右サイドのカニ。少しテクニックに頼り過ぎるような、パス回しを第一に考え過ぎてそうな部分は若干観られましたが、素晴らしいです。もっと熟成し、ゴールへの意欲を個々が高められれば、とんでもないものになるかもしれません。(カニはもう少し頑張って欲しい、頑張れるはずだ、サラゴサの時のように)

そして何か楽しそうなフォルランと気合いを入れ直したマルコス・セナとレギュラーポジを手にし存分に果たすシガン。相次ぐ怪我人でもはやこれまでかと思われたビジャレアルでしたが、なかなか楽しませてくれそうです。ピレス、ニハト、怪我なおったらどうなるのかしら。。。





Villarreal 1-0 R. Madrid

Viera,José Enrique,Cygan,Fuentes,Josemi,Josico,
Cani,Senna,Mati Fernández,Marcos,Forlán

Casillas,Sergio Ramos,Cannavaro,I. Helguera,Diarra,
Gago,M. Torres,Robinho,Van Nistelrooy,Reyes,Higuaín

CAMBIOS
75'Mati Fernández por Guille Franco
84'Forlán por Tomasson
88'Cani por Tacchinardi

65'Reyes por De la Red
80'Gago por Nieto

GOLES
67'Gol Marcos

TARJETAS
82'José Enrique Tarj. A
83'Cani Tarj. A
89'Senna Tarj. A

34'Sergio Ramos Tarj. A
90'Higuaín Tarj. A
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2007-01-29 17:34 | マッチレポート

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶