タイトル 真実および真意は何処に

仏紙‘ル・モンド’、ドーピング医師とバルサ、R・マドリー、バレンシア、ベティスの関係を報道

自転車選手に対するドーピングで騒がれたフエンテス医師の魔の手は、サッカー界にも及んでいたと‘ル・モンド’は報じた
フランスの日刊紙‘ル・モンド’は、バルセロナとレアル・マドリー、バレンシア、ベティスが自転車競技界での輸血ドーピング騒動の中心人物であるエウフェミアーノ・フエンテス医師を頼っていたと報道した。同紙はフエンテス医師がバルサとR・マドリーの医師に対し医療処置の指示を出し、選手の相談を受けていたとしている。

また、前述した4クラブの2005-06シーズン準備計画のための機密文書をフエンテス医師が作成し、このことはスペイン治安警備隊(警察)も把握していなかったと述べている。

‘ル・モンド’はフエンテス医師にバルサおよびR・マドリーとの関係を質問したが、フエンテス医師は回答を拒否し、「私は死の脅迫を受けている。私が事実を話せば、私と家族は重大な問題を抱えることになる。私は3度も脅迫されており、4回目はいやだ」と語った。

‘ル・モンド’が入手した書類について、同紙は「スペイン警察が明らかにした、自転車選手に関することとほぼ同じことが書いてある。フエンテス医師が使用を推奨したドーピングに関する略語や暗号だ」と説明。さらに「主力級ではないにしろ、選手のために書かれた書類だ」と付け加えている。

この書類がバルサの2005-06シーズンのために書かれたのは明確で、またW杯のため代表選手との約束も記載されている。書かれている上下を指す矢印は大会中の動きの激しい期間か、身体検査の結果を指すものと見られている。

これらの約束やバルサが優勝した昨季のリーガの日程から、準備期間もしくは回復期間のために書かれた書類とされている。‘ル・モンド’はここに書かれた記号は、フエンテス医師が、自転車チームのリバティー・セグロスの準備のために書いた‘プエルト計画’と呼ばれる書類と同じ内容としている。

また同紙はスペインでの取材により、記号が複数のドーピングを指すと報道。円形の記号はアナボリック・ステロイド(筋肉増強剤)を指し、‘IG’という記号は成長ホルモンを指すと述べた。

これらサッカーチームのためのプランには、他にも似た記号があるが、例外もある。円に囲まれた‘e’の記号。円は血液の採取もしくは採取した血液を戻す行為を指し、‘e’はエリスロポエチン(EPO。血液中の赤血球を増やすホルモン)を指すと見られている。

また、けがや疲労などで個人的に処置を受けた選手もいるとされている。理由はスペイン治安警備隊が書類をマドリーにあるフエンテス医師のマンションで押収しているが、住民登録してあるカナリア諸島の自宅からは押収されていないためだ。

‘ル・モンド’のインタビューによれば、フエンテス医師は「守るべきものは少ない」という状況からは程遠いようだ。そして、「スポーツには消えまいとする者もいれば、そうでないものもいる。すでに強大な司法機関が動いている。政府のスポーツ部門も同様だ」とフエンテス医師は重圧もない様子で語った。

フエンテス医師によれば、顧客は自転車選手だけではなく、陸上選手、テニス選手、サッカー選手、バスケットボール選手、ボクサーもいるという。しかし、選手の実名は「秘密だ」としている。

フエンテス医師は公衆衛生に関する犯罪は否定。また、顧客に医学的問題を抱えた選手は「いなかった」とした。フエンテス医師によれば、危険なのはプロなど高いレベルのスポーツ選手の健康のみで、それは過密日程など、プロスポーツが利益を生む一方で生じた「負の産物」だと評している。 (MARCA.COMより)






バルセロナ:「我々はこの報道を完全に否定する。フエンテス医師と関わった事実もないし、過去にフエンテス医師に仕事を依頼したこともない」。

バレンシア:「唯一言えることは、バレンシアはこれまでに一度たりともフエンテス医師と関係をもったことはないということだ。それに我々はドーピング問題を抱えたこともない」。

ベティス(トマス・カレーロ医師):「私がベティスのメィカルスタッフ責任者となって以来、フエンテス医師とは一度も関係を持ったことはないし、あの報道はまったくのデタラメである」。

レアル・マドリーは、クラブのオフィシャルサイトを通じて、フエンテス医師との直接的、間接的な関わりを完全に否定。「104年のクラブの歴史の中で、メディカルサービス部門で汚点を残すようなことはなく、スポーツ面に置いて価値のある人物を登用し、フェアプレーの精神を守ることに務めてきた」とし、クラブやソシオ、ファンの利益を守るためにも、しかるべき法的手段を取ることも辞さない構えも見せている。

また、レアル・マドリーのロナウドも「フエンテス医師なんて知らないし、名前すら聞いたこともない。ここではスキャンダルとなるようなことはほとんど起きない。僕らは何もしていないんだから。僕らはあらゆる管理下に置かれている。協会やUEFAといった機関からもね。体調が悪い時や、ケガした時には薬を飲むけれど、フィジカルコンディションを向上させるような薬は何も使ってないよ」と断言している。 (MARCA.COMより)

             *************

こういうのって、どうも問題の大元がここ以外にあるんではないかと勘ぐってしまいます。ドーピングなんてものはスポーツ界では常に隣り合わせにあるもの、悪意がなくてもその規制の違いなどで不運にも迫害されたりする事もあります(凱旋門賞のディープのようにね)。
だから問題はドーピング自体ではなく、何かもっと薄汚いドス黒い雲がスペインかバルサかを覆ってきているのではないのかと深読みしてしまいます。
日本では考えられないような規模でスポーツ界は君臨してますし、政治との癒着は当然の事ですから。

頑張ってる選手たちをなんとか守ってあげて欲しいです。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2006-12-09 05:05 | Fútbol四方山話

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶