タイトル 期待大っ!!

嵐が過ぎてバルサへの雑音も収まる・・・、そんなことわざがあるかどうかは知りませんが(^ ^;)、クラシコ敗戦の暴風域から一転してバルセロナは期待感溢れるムードになっています(勝手にそう思ってますがきっとそうです)。

ライカールトが地元カタルーニャ・ラジオの番組インタビューでローテーショーン制は思った効果が出なかったと男らしく認めてくれました。a0088359_17485355.jpg
監督経験が浅いライカールト、自身が有能な選手だっただけにすべてを選手目線にしてしまっていたのでしょう。ですがこれからはチームの機能性を一番に考え、必要ならば適切なローテーションを用いてくれるでしょう。エトーもピチーチ、バロン・デ・オロ共に諦めてないと力強いコメントをしてくれています。

シーズンを追うごとに熟成していくライカーバルサ。ある意味、青い果実の状態での2冠達成。これが今後熟成していくのですから歴史を作るのもそう遠くはないはずです。


ロンドン、マドリーと遠征していたバルサがカンプノウに帰ってきます。
ロニーも休ませるそうですし、大好きなジョーダンと会って元気になったはず!
レクレア、チェルシーと連勝でいきましょう!!
a0088359_17483989.jpg

詳しいライカールト、エトーのインタビューは我らの母艦BlauGranaでどうぞ。


それと。
それでも失意の底から這い出られないバルサクレの方は、クラシコ録画してたらもう一度冷静に観てみて。それほど悪くないのよ、クライフが言うほどにはね。
グジョンセンのシュートが入ってたらわかんなかったって。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2006-10-24 17:57 | Fútbol四方山話

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶