タイトル 第4節ビジャレアル対サラゴザ

a0088359_1350307.jpg
リケルメファンのうちの相方には内緒にしていたが当然鮮度の良いサラゴザペースになるに違いないと思っていた。だがしかし、終わってみれば3-2、Fiestaのような盛り上がりだった。

前半はサラゴザペース。D・ミリートは休みだったが前線は良く機能しているようだった。アイマール、ダレッサンドロの2枚司令塔の形をなす中盤のポジションを変化させる動きが効いていた。アイマールは少なくとも今のところは移籍して正解だったように思える。というかバレンシア以外なら活躍はできるはずだ。期待のダレッサンドロの調子もだいぶ上がってきたように見えた。レフリングで少しナーバスになっていたアイマールが得点。なんだかみんなで集まってなだめているようにも見えた。相変わらず、ワガママな甘えん坊ちゃんだな、そこがいいんだけどね…。

後半早々カニの得点、今シーズン初めての得点に沸くビジャレアル。あんなに円滑に動いていたサラゴサの中盤が収まらなくなってきた。定評のある守備陣も前半のカードが影響してか慌ただしい。エル・マドリガルは今こそ!とエース、フォルランのゴールを要求する。ムードが一変した後半60’待望のフォルランゴール!叩き付けたボレーが高くバウンドしGKセサルの頭上を越えた。さらにエリア前でセナが倒されFK。リケルメの意表をついたFKにミリート、ハンド。少し可哀想なジャッジだった。PKをリケルメがしっかり決めてビジャレアル初勝利を手中に。90’リーガデビューのピケがゴールするも遅し。あえなくアイマールはリケルメに肩を組まれるはめになったのだ。
機嫌が悪いので途中で行っちゃったね。仕方ないよ、気持ちわかるよ。リケルメも少しは察してやらないと…。
色んな感じで楽しめたパブロ、ロマン対決でした。

☆渋顔のアイマールと鈍感リケルメの肩組画像捜してます…。

【今日のスペイン語】
Fiesta フィエスタ = Festival お祭り騒ぎね
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2006-09-27 17:27 | マッチレポート

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶