タイトル 第4節バルサ対バレンシア

a0088359_13521816.jpg
プジョル300試合出場、バルデス121試合出場GK記録単独3位
めでたいメモリアルゲームであるが、32歳という若さで癌のため亡くなられたソリアーノ副会長婦人の冥福を祈り黙祷がおこなわれ、その後試合開始。

【前半】
立ち上がり、両チームともかなり慎重。

試合前の両監督のコメント
キケ談・バルサはスペースを作るサッカー、ウチはスペースを埋めるサッカー。相反するサッカーだからどっちかのペースになると相手は苦戦するだろう。

ライカールト談・結果を出してるってとこ意外褒めようがないね、お前らのサッカーなんて大っ嫌いだっ!
仰る通りでゴザイマス。





8’なかなかシュートまでいけないバルサにロニーがハッパをかける

後ろをガッチリ閉じ、前線がプレスをかけ中盤がボールを奪い、足の速い前線へ。相変わらず見事なカウンターサッカーですなバレンシア。

10’右サイド中腹からエトーへスルーパス。右に開いたエトーからゴール前メッシへ渡るもシュート打てず。
しかしなんであの子はあんな位置で自由に動けんのかね、全く苦にしてないんだよね。

リーグ序盤とはいえ大事な試合、互いに戻りも速くて慎重。

ザンブロッタ、ユニ似合わないね。っていうか白人には着こなせない色なのよね。

16’左サイド中腹でメッシがビセンテにfalta
リスタートからバルサの寄せが甘い。右サイドに展開され、エドゥ、ホアキン、エドゥのワンツーで繋がれ上がって来たミゲウへ。これまたダイレクトでゴール前に速いクロス、飛び込んだビジャにやられて0-1バレンシア先制

17’デコミドル大きく外れる、ここからデコミドル劇場始まる

18’敵陣左サイドエリア前でアルビオル、エトーにfalta、デコミドル外れる
19’自陣エリア前でアルベルダ殺人タックル、マルケス吹っ飛ぶ。乱暴capitánにイエローカード

ますますバレンシアのアンチフットボール術にはまってゆくバルサ。
ホアキンに第一子ダニエラちゃん、モリエンテスに第三子ガブリエラちゃん誕生だそうだ、Dobleゆりかごパフォーマンスだけは避けなければ…。

23’ロニー中央突破から左にはたいてチャビのミドル
こんな感じでもっとポジションを変えてスペースを作っていきたいところ。

26’エリア前でボールをつなぎデコがアジャラのfaltaをさそう
中央ゴールまで30m、ロニーの速く曲がるシュートもカニサレス好セーブに阻まれる

少しずつリズムは出てきたがシュートまでいかない。

29’ビジャのどそっぽFK

ところで唐沢アナよ、なぜサビオラの出場を期待しては不謹慎なのだ??
そう考える事が不謹慎なのが何故わからんのかデータマンよ。

31’中央後方マルケスからエトーへロングパス、コントロールが上手くいけばというところもミス
マルケスの正確無比なロングパスの秘訣は姿勢の良さなんだよ。

32’デコミドル
32’そんな姿勢の良いマルケス、ビジャにfaltaでイエローカード、ビジャどそっぽFK
35’デコミドル

エトーよ、アジャラなんぞにめくじらを立てちゃあいかんよ。
相手にするだけイライラ損だぞ。

37’左サイドでつながれモレッティがクロス、ビジャ飛び込むもバルデスセーブ。
38’モレッティ、メッシへのfaltaでイエローカード、ますますメッシが有利になるぞ

39’ビジャめ!献身的なプレスはかうが足を上げ過ぎだ!マルケス、顔を踏ずけちゃいなさい。

40’ザンブロッタ、ゴール前へ。もっと見せておくれ。

42’中盤でエドゥ、デコからボールを奪いそのまま左サイドのビジャへ。
ゴールポストをたたく。あぶね〜〜。
かわってバルサ速攻、ロニー中央から左チャビ、さらに左エトー折り返えすもメッシに渡らず。

43’デコミドル、惜しかった

ロスタイム1分
ワンチャンス、C.K.ショートコーナーでいくも生かせず。

【後半】
エジミウソンout イニエスタin チャビが底

30”ジオ、イニの上がりからチャンスをつくりエトーシュート
いいぞいいぞ、ポジションチェンジが活発になってきていい感じだ。

2’メッシ中央からイニへスルーパス、コントロール出来ればというところだった

3’マルケス後方から左中腹のロニーへどんぴしゃロングパス、ロニー持ち直してゴール前エトーへ、cabecaで落としたとこへイニが飛び込みシュート!!
GOOOOOOOOOL!! GOL GOL GOL GOL GOOOOOOOOL!!
完璧だ完璧だ!さぁーいくぞー、いまからボール支配率あげよーってのは無理だと思うぞーバレンシア。

エトー、ミゲウにエリア内で倒される。
確かにボールもこぼれていたし取りにくいかとは思うが足掛かってたぞー。

7’中央イニからエトー、右にはたいてメッシ、切り込んでシュート

'07-'08シーズンでナイキとの契約が切れるらしく、プーマが名乗りを上げたらしい。
しかし優先権はナイキにあり、プーマの金額をみてから金額提示できるらしい。
むむー大人の世界は色々あるんだな…。

10’中央メッシからデコミドル

しかしイニエスタは順調にクラックへの階段を上っているな〜。

12’ショートコーナー、ロニーからエトーへ。にがてなcabezaは上へポヨ〜ン。

13’中央ロニードリブル、はたいてデコへ。ゴール右上隅狙いすましたシュートもカニサレスの好セーブに。

ビジャ、ビセンテがすっかり消えてる。
マークも少し甘くなってきたのかロニーがフリーになる事も増えてきた。

27’右サイド中腹エトーからロニーへ、トラップでアルビオルの股間を抜いたがアルビオルの懸命なクリアでシュートは打てず。
アルビオル、痙攣してたっぽいのにたいした奴だ。

30’そのアルビオルout ダビド・ナバーロin
バルサC.K. チャビどんぴしゃcabezaもカニサレス正面

ロニーの空けたスペースやセカンドボールをちゃんとメッシが生かしてるんだよね、熟練したプレーだよ若いのに。

33’ビジャout アングロin
ビジャはいつもこんな展開こんな時間に下げられてる気がする。それはビジャのせいではなくチームの試合運びが悪いからだと思う。始めから勝ちにいかないサッカー。強豪を倒さずそれでどうやってチャンピオンになるつもりなのだろうか。そんな気はないのか?そうなら一層鬱陶しい。あのくされマドリーだってそのプライドは持っているぞ。

35’イニへナバーロの肘が入り、さらにアジャラが追い打ちを!

カニサレスはなにをメッシにちょっかい出しとんねん!!

37’サビオラが!! 
39’メッシout サビオラin
カンプノウが湧いた、見せてくれサビオラ!!

40’チャビミドル(バルサシュート数18)
41’サビオラ中央ドリブル、左のデコにはたきさらに左エトーへ、ダイレクトでゴール前へ、飛び込んだサビオラシュート!惜しかった〜!(シュート数19)

もうすっかりバレンシアはempate狙いだ

44’アルベルダout ウーゴ・ヴィアナin
ロスタイム3分

ロスタイム20”右サイドボールを奪ったザンブラッタからゴール前エトーへ。ミゲウ完全にエトーを倒す!PKです、PKでしょ!? ないのかよーー!!
保身的な笛吹きやがってこのやろ〜〜。

ロスタイム1’エリア前でミゲウ、ロニーにfalta 文句をつけたホアキンにイエローカード

さあ、ラストチャンス!ロニーFK.壁に当たる
まだエリア内プレーだったのに終了の笛。弱気な審判だ。


【今日のスペイン語】
falta ファルタ = Foul 勿論ファールの事です

capitán カピタン = captain 無論キャプテンの事です

Doble ドブレ = Double ダブルです

empate エンパテ = tie 引き分け
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2006-09-26 17:31 | マッチレポート

バルサとニューカッスル
キャロル、カムバック(ノД`;)
by fenomenoblaugrana

カテゴリ

全体
マッチレポート
Fútbol四方山話

検索

バルサ瓶