「ほっ」と。キャンペーン

タイトル 第2節 ビジャレアル対バルサ

FICHA TÉCNICA
Villarreal 0
Barça 1

VILLARREAL
Asenjo; Mario, Musacchio, Víctor Ruiz, Jaume Costa (Gabriel, m.58); Pina, Bruno, Trigueros; Cani (Espinosa, m.69), Cheryshev (Vietto, m.63); y Giovani.

BARÇA
Bravo; Dani Alves, Piqué, Mathieu, Jordi Alba; Busquets, Rafinha (Xavi, m.75), Rakitic; Munir (Neymar, m.58), Messi y Pedro (Sandro, m.69).

ÁRBITRO
Velasco Carballo (colegio madrileño). Amarilla a los visitantes Pedro (m. 37) y Dani Alves (m. 42).

GOL
0-1, m.82: Sandro.

INCIDENCIAS
Partido correspondiente a la segunda jornada de Liga de Primera División disputado en el estadio El Madrigal ante la presencia de 20.000 espectadores.

sport.es


バルサらしいボール回し、激しいプレッシングを見せるもビジャレアルの対策は完璧で前半丸々難儀し、後半バランスを崩しながらも勝負に出るが返り討ちにあいそうになり、神が与えたバランサーチャビで抑えネイマールと共に活性化。振り返ると負けてても全くおかしくなかった試合だけど、若手の決勝点に悲壮感はなし。ちゃんと勝てるんだからすごい(笑

フォーメーションは両チームとも基本4-3-3。ビジャレアルはウチェの離脱でロシア人との2トップ、カニが少し下がり目。バルサは開幕同様、両ラテラルが高めの3バック、且つメッシが流動的な2トップ気味。運動量が期待そうな予感がたっぷりな試合でした。

前節とは違い新しいバルサの様子を計るにはうってつけなビジャレアルの堅い守りに難儀しながらも、近くの3人でトライアングルを作り、ポジションを変えながら相手陣に入っていく。無理なドリブルは少なく、パスも比較的シンプルで、崩せなければやり直す。派手さはないけど、これこそがバルサの基本というような内容。
でも逆にこれはできる、できるんです。このままでも90分どこかでゴールできるかもしれない。でもすべての試合で3ポイントを積み上げるためにどんなアクセントを付けられるかということ。最後にアウベスのクロスで終わっちゃうのはいつかもついた溜息。スアレスがいればありなんだろけど、来月までこのままって訳にはいかない。アウベスもアルバも中にだって入っていけるんだから、ペドロとムニールはワイドに張ることもあっていいんじゃないかと思ったりしてました。

その感じは後半もテコ入れはなし。ボリュームを上げて来たのはビジャレアル。アウベスが上がったあとのロシア人はピケには勝てる気しかしないという感じでした。

空気が変わったのはネイマールが入ってから。パスのテンポが上がり、ロシア人もカニも下がったことで息苦しさも減り、ここぞとルーチョは若手サンドロを投入。ネイマールもサンドロも非常に積極的で、サンドロなんて野心のむきだしって感じ。試合もオープンな感じになりました。突然の守備混乱であわやというシーンもあったり。まだ残り20分もあるのにロスタイムみたいなのは勘弁して欲しいなと思ったところにチャビ登場。なんていうんですかねこれ、バシャバシャと飛び散ってた水を一処に溜めを作ることでスムーズに流す、まるで調整枡のような男チャビ。みんなが自然にベストなポジショニングになり、それが自然に連携する。これ観れただけで満足に感じてしまいました。

新加入や若手の面々はなんだかそこそこ上手くいきそう。ラキティッチは攻守とも積極的だし、メッシともよくコミュニケーションをとってる。ただ特に前半、メッシが右サイドに出て、空いたとこにラキティッチが上がってくるときにアウベスのポジション次第では簡単にショートカットされてゴール前まで運ばれてました。
課題がはっきりしてるマテューは試合を重ねることで変わっていけるだろうけど、どんなに苦しい場面でも精度を問われるってことを認識してもらわないとバルサでは勤まらない。早めに体と頭に叩き込んで欲しいところ。
[PR]



by fenomenoblaugrana | 2014-09-01 18:40 | マッチレポート