「ほっ」と。キャンペーン

タイトル コパクラシコ -カンプノウ

a0088359_14294699.gif
a0088359_14295846.gif
Ficha técnica:
1 - Barcelona: Pinto, Dani Alves, Piqué, Puyol, Jordi Alba; Busquets, Xavi (Thiago, m.74), Fàbregas (Villa, m.59); Pedro (Tello, m.71), Iniesta y Messi.

3 - Real Madrid: Diego López, Arbeloa, Varane, Ramos, Coentrão, Khedira, Xabi Alonso (Essien, m.84); Özil (Pepe, m.78), Di María, Cristiano Ronaldo e Higuaín (Callejón, m.70).

Goles: 0-1, m.13: Cristiano Ronaldo, de penalti. 0-2, m.58: Cristiano Ronaldo. 0-3, m.68: Varane. 1-3, m.89: Alba

Árbitro: Undiano Mallenco (Colegio Navarro). Mostró cartulina amarilla a Piqué (m.13), Arbeloa (m.37) y a Puyol (m.40).

Incidencias: Partido de vuelta de semifinales de la Copa del Rey disputado en el Camp Nou ante 95.002 espectadores. Antes del inicio del encuentro se guardó un minuto de silencio en memoria de Antoni Puyol, presidente de la Federación Catalana de Fútbol entre 1989-2001, recientemente fallecido. A un cuarto de hora para el final, desde la zona en la que se encontraban los seguidores del Real Madrid se lanzó una bengala.

20minutos.es

反りの合う解説者だと私なんかが思ったことは全部言ってくれるんだけど、バルサファンの願いが届くよう写経気分で書いてきます。
やっぱりここんとこのヘタレ試合同様、ダイナミズムが足りなかったと思いました。顕著に感じたのはボールを奪い返したあと。それは低い位置でも高い位置でも、またタイミングに関係なく見られたことなんだけど、奪った後の展開が弱点になってた感じがした。攻守の切り替えとか、攻撃を阻まれたときこそチャンスとか、本来強みであるはずのポイントがほとんど読まれ潰されてた。それを越えられるダイナミズムやバリエーションが足りなかったんだと思う。
その点マドリーのそれは完全に統率がとれていて精度も高かった。それを導くプランつまりそれが書いたようなバルサの強みを弱点に変えることで、見事に機能していたようでした。

今回のマドリーは試合通してアウェイ向きなサッカー。ある程度引きつけてから刈り取るスタイルで、前後から挟むように数的有利をもって守る。なのでバルサとしては立ち上がりは落ち着いていたので期待したんだけど、さっくりカウンターから先制されると途端にばらつくようになりました。踏みとどまれたとしたらこの時点しかなく、後半からポジションを動かしてきたりはしたものの効果は薄かったので、あそこでビジャやテージョを入れてたらと思ったけど、中盤の主導権を脅かされてる状態では卵が先か鶏が先かと思ってみたり。

これはたぶんそう大袈裟なことではないと思うんだけど、バルサはこのままでいいのかしらと思う。シーズン前半飛ばしすぎたのか?とか、監督不在が響いてるのか?とか、どれも理由の一つなんだろうけど、バルサのサッカー分析され尽くした論も頭をよぎるよね。調子さえ戻ればまだまだ全然いけるとは思う。リーグはたぶん獲れるだろうしCLだって可能性はある。でもね。
トップチームの変革は一番下のカテゴリーまでにも影響するから簡単ではないのは承知してるけど、そのカンテラの本(*)にも”必要なときに必要な変化をする”というようなことが書いてあったしね。

週末のクラシコはもう誰の眼中にもなくなってしまった事態はもうなんていうか、今晩はカレーだと言われて帰ってみればおでんだったとき以上の落胆なんだけど、次のミラン戦はもっとうまくやれるというアルバのコメントを信じようと思った瞬間、おいっビハインドからのスタートなんじゃねーか!と再び真っ暗な気持ちになるのでした。

(*)FCバルセロナの人材獲得術と育成メソッドのすべて チャビのクローンを生み出すことは可能なのか
マルティ・ペラルナウ (著), 浜田満 (監修, 翻訳)




Electro Voice Sings Sly Stone - Syunsuke Ono
¥1,500

スライ好きな人の評価は両極。そうでもない人も楽しめると思います。

[PR]



by fenomenoblaugrana | 2013-02-27 14:44 | マッチレポート